猫の健康

愛猫がタンパク質アレルギー?!症状・対策・治療についてまとめ!

実は、肉や穀物に含まれるタンパク質はアレルギー反応が高い成分なんです。

肉食である猫ちゃん、タンパク質にアレルギー反応を示してしまうと、食事も見直す必要がありますしケアやサポートが必要に。

そこで、アレルギー反応を示した場合の症状や対策を考えてみました。

※あくまでも一例のため、アレルギー対策は獣医師に判断してもらい対策してもらいましょう。

1 猫のタンパク質アレルギーの症状

cat-1136365_640

猫ちゃんが食物にアレルギーに反応した場合、次のような症状があらわれます。

  • 下痢や嘔吐
  • 皮膚のかゆみ
  • 発熱
  • 発疹
  • 外耳炎
  • 膿皮症

軽度な場合であっても、体調を崩しやすくなります。

アレルギーの影響で免疫も下がってしまい、食欲・体力共に低下してしまうのです。

タンパク質によるアレルギーが原因と言われる代表的な症状をみてみましょう。

アレルギー性皮膚炎

アレルゲン物質に反応したことで起こる皮膚炎のことを、アレルギー性皮膚炎と言います。

アレルゲン成分を異物と判断した免疫細胞が、体内で過剰に攻撃することで自らの細胞まで破壊してしまうため、その症状が皮膚や疾患となってしまうのです。

アレルギー性皮膚炎になってしまうと、皮膚や被毛が荒れてしまい炎症を起こします。

また、強いかゆみを感じてしまうので、引っかきすぎて血が滲むほどの傷を自分で作ってしまうことも。

アレルゲンの特定は非常に困難ではありますが、食物や添加物による反応が多いため、食事をとって異変をきたす場合はタンパク質をはじめ、食物によるアレルギー性皮膚炎をうたがってみましょう。

アレルギー性胃腸炎

食物性のアレルギーが原因で起こる胃腸炎をアレルギー性胃腸炎といいます。

主な症状としては、嘔吐や下痢、血便など消化器系のトラブルが目立ちます。

フードを替えてしばらくすると、嘔吐や下痢に見舞われたという場合は、キャットフードに含まれたアレルギー物質の影響だと考えられます。

アレルギーと一言で言っても、個体によってアレルギー症状を起こす物質は様々です。

また、アレルギー以外からの影響も考えられるので、原因を特定するためにも獣医師に相談を!

2 猫のタンパク質アレルギーの原因は【食物】

cat-650481_640
  • 牛肉
  • 羊肉
  • 豚肉
  • 穀物類

上記の以外の食物でもアレルギー反応を起こすことがあります。

肉食の猫ですが、肉類にアレルギー反応を起こすことが多いことが確認されています。

しかし、何度も言うようにアレルギーには個体差があり、『肉がだめでも魚はOK』『魚はだめでも羊肉はOK』など差があります。

確かに、タンパク質にアレルギー反応を示す猫も多いのですが、市販のキャットフードに含まれる添加物も無視できないものがあります。

3 猫の食物アレルギーの検査の方法

british-shorthair-2230854_640

猫のアレルギー症状がタンパク質からくるものなのか、判断するためには獣医師による処置が必要です。

アレルギー検査はいくつかの段階があるので、今回は代表的な3つをご紹介します。

除外食

除外食はもっともポピュラーで取り組みやすい方法といえるでしょう。

アレルギー反応を起こしやすい食事を取り除き、食事を与える方法が除外食です。

タンパク質がアレルギーだと疑った場合、肉をやめる、魚をやめる、穀物をやめる……、このように食物に対する反応を観察していきます。

アレルギー症状が軽減された食材がわかった場合、それがアレルギーの原因となります。

特定には時間がかかりますが、猫の負担を考慮しつつ長期的に取り組みましょう。

厳格食

一度の食事で1種類の食材を与える方法のアレルギー検査になります。

キャットフードを主な食事にしているペットには難しい方法ですが、アレルギー特定の判断がしやすい方法です。

除外食で判断がつくにくい場合は、この方法での特定がすすめられます。

血液検査

人間同様、猫も血液検査を行うことでアレルギー検査を行うことができます。

ただ、血液検査は実費となることが多く、保険適用でない場合は高額を要します。

ただ、アレルギー反応を示す食材の判断が効率良く行えるので、猫の負担を考えると真っ先に行ってもよい検査でしょう。

※高額と表現していますが、保険適用や地域差により1万円前後で行うこともできます。まずは、お住まいの動物病院に確認をとってみましょう!

4 猫のタンパク質アレルギーの対策

pet-943388_640
  1. 低アレルギーのキャットフードに切り替える
  2. グルテンフリー、無添加のキャットフードを選ぶ
  3. タンパク質の種類が少ないキャットフードを選ぶ
  4. ローテーションフードに切り替える
  5. 上記の食事+手作りフードを試す

上記は一例です。

食物(タンパク質)によるアレルギー反応が確定した場合、特定物質を含まないフードの切り替えが必要になります。

タンパク質アレルギーや、高タンパクが健康の弊害になる場合は、穀物由来や野菜で構成されたフードに切り替えましょう。

肉食である猫は本来、肉や魚の摂取が好ましいと考えられてはいますが、それらにアレルギーを示す場合は避けるべきです。

穀物、特にお米はアルファ化し肉食動物でも消化、吸収しやすい工夫が施されています。

獣医師に相談し、アレルギー反応に特化したキャットフードの選定を協力してもらうと同時に、飼い主もアレルギーに発展するような食物を与えないように配慮しましょう。

5 まとめ

tabby-114782_640

猫もアレルギーを起こします。

しかも、主食であるはずの肉や魚にアレルギー反応を示す猫もいます。

人間同様、アレルギー反応を起こすと目元や耳元の皮膚に強いかゆみをともない、消化器系に負担がかかり軟便、嘔吐を繰り返してしまいます。

成長期やシニア期はアレルギー反応が負担となり、健康を大きく害することも懸念されます。

猫のアレルギー症状を疑った場合は、悠長にかまえず動物病院で検査を行いましょう。