悩み別

猫の涙やけは病気が原因?キャットフードやサプリで対策できるの?正しく対処して猫の美しい目を守ろう

グレーの猫の青い目

猫の美しさは目にあるといっても過言ではありません。

しかし、その猫の目の周りが黒ずんだり赤くなったり…。

赤い目ヤニが出ていることもあり、何かの病気では?と考えてしまうことも。

この症状は総称して涙やけといわれますが、動物病院の治療だけでなく、普段の食事や自宅でできるケアで解決することがあります。

これって病気?猫の涙やけの原因とは

草の間からのぞく目

猫の目は顔の中でもとても大きいパーツなので、目ヤニが出ていたりそれが涙やけになっていたりするととても気になりますよね。

病気であればすぐに対処してあげたいものです。

涙やけしている状態

まず、涙やけとはどんな状態なのでしょうか。

  • 目ヤニが大量に出ている
  • 目の周りが常に濡れている
  • 涙が流れた後が黒く汚れている

以上の状態であれば、「涙やけしている」といえるでしょう。

  • 出ている目ヤニが赤い

この状態だと気になってしまいますが、目ヤニに粘着性がない場合はそれほど心配することはありません。

常に濡れていて、赤い目ヤニが出てしまっているなら、それは血の場合があります。

目を怪我していることが考えられるので、すぐに対処しましょう。

涙やけの原因

涙やけの原因にはいろいろあります。

怪我や流涙症になっている場合は、動物病院で治療する必要があります。

また、病気の場合も涙やけが出てしまうことがあるので、これも病院での治療が必須です。

原因としては、

  • 病気
  • 花粉などのアレルギー
  • 食物アレルギー
  • 消化不良
  • 怪我
  • 涙管のつまり

以上が考えられます。

病気には、結膜炎や、まぶたが折れ曲がって涙管がつぶれてしまう眼瞼内反症もあれば、猫風邪もあります。

キャットフードで根本解決

上記の涙やけの原因の内、

猫風邪、食物アレルギー、消化不良についてはキャットフードで根本的な解決を目指しましょう。

要するに免疫力が弱まっているため体調不良になり、涙やけしやすい状態になっているのです。

免疫力をキャットフードで高めることで、体全体が健康になり涙やけが解消するでしょう。

アレルギーを解消できるキャットフードに関しては、以下の記事にも詳細が記載されています。↓

[getpost id=”1109″]

猫の涙やけに対する治療

カラーをつけた猫

病気なのにそれに気づかず、放置してしまうとよくありません。

涙やけは一種の症状で、その裏には怖い病気が隠れている場合もあるので気をつけましょう。

要注意な症状と動物病院の治療について紹介します。

こんな症状だと要注意

涙やけはいわゆる流涙症が原因の場合があります。
常に涙が流れてしまう、涙の排出機能が上手くいかなくなった状態が続くので、涙が流れた後も乾かず赤黒くなってしまうのです。

涙管が詰まりやすい品種が流涙症になるケースが多く、生まれつき涙管が詰まっているケースもあります。

もし流涙症であれば、涙が赤茶色なことが多いです。

 

すぐに不具合が生じるわけではありませんが、涙が常に流れている状態なのにそのままにしていると瞼が傷つきやすくなります。

そうなると新たな皮膚病を引き起こす場合もあるのです。

動物病院での治療

角膜炎や結膜炎が原因で流涙症になることがあるため、まずはその病気を治療しなければなりません。

治療では抗生物質が配合された目薬が使われます。

涙管が変形していて、涙やけを繰り返してしまう場合は手術を行なうことも検討されるでしょう。

逆まつげが原因で目を傷つけ、流涙症になっているなら逆まつげを切ってもらうだけで、外科治療を施さずに治療が完了することもあります。

涙やけしやすい猫は要注意!

白いペルシャ猫

流涙症になりやすく、涙やけしやすい猫はどんな猫なのでしょうか。

それはペルシャやヒマラヤンなどの鼻が短い猫です。
スコティッシュフォールドなどもこの種類に入ります。

注意したいのが、よく涙を流すため、異常な涙やけであっても問題ないと判断してしまうケースが多いことです。

涙を拭いて赤茶色になっていたり、瞼に炎症が起きていたりしないか、この品種の猫たちは常に考えてあげましょう。

涙やけしやすいだけに、消化不良やアレルギーを引き起こさないフードも考えてあげたいですね。

そんな方のためにペルシャ猫に適切なキャットフードの記事も後日まとめたいと思います。

自宅でもできる猫の目のお手入れ方法

グルーミングする白い猫

鼻が短い種類の猫であれば、常に目の手当てをしてあげたいものです。

自宅でもできる簡単なお手入れ方法をまとめてみます。

目を定期的にチェックしよう

大事なのは、猫の目を定期的にチェックすることです。

以下の点を注意項目と決めて、確認しましょう。

  1. 異物…逆まつげになっていないか見る
  2. 目ヤニ…出過ぎていると猫風邪かもしれない
  3. 白目の状態…赤っぽくなっていると結膜炎の可能性がある
  4. 瞬膜の状態…出たままになっていると体調不良
  5. 瞬きの回数…しょぼしょぼしていれば傷ついている可能性がある
  6. 目の澄み具合…濁っていたら病気の可能性がある

目のお手入れ方法

涙やけの症状がひどくなければ、お手入れでケアできます。

ガーゼと綿棒で涙が流れた後をぬぐってあげましょう。

綿棒

目の中にゴミを見つけた場合の対処法は、ホウ酸水で目を洗い流すことです。
水道水だと目を傷つけてしまうので止めましょう。

ホウ酸水は自分で簡単に作ることができます。

薬局でホウ酸は売られているので、それを60℃のお湯で溶かし、冷ましてからスポイトなどを使って目を流すと良いです。

ホウ酸は150mlのお湯に対し3gの粉末を使います。

ホウ酸水で洗い流すのは、あくまで猫の目に異物が入っているときだけです。
毎日洗ってしまうと目に大切な物質まで洗い流し、ドライアイになってしまうことがあります。

猫の涙やけ対策におすすめのキャットフード

三つのキャットフード

体調不良や猫風邪を解決しなければ、根本的な涙やけの解消に繋がりません。

今までのキャットフードを見直し、猫の体調を整えるキャットフードを選んであげましょう。

猫の涙やけ対策に良いキャットフードの条件

以下のような条件をもつキャットフードであれば、涙やけの問題は解決できます。

  • たんぱく質が豊富
  • グレインフリー
  • 肉が多く配合されている

動物の体はたんぱく質が合成されて作り上げられます。
そのため健康な体もたんぱく質がなければなりません。
たんぱく質が多く含まれているキャットフードを与えることで、猫の免疫力があがり、猫風邪を始めとする病気の予防に繋がります。

グレインフリーが良いのはなぜかというと、小麦やとうもろこし、消化しにくい大麦は、猫がアレルギーを引き起こしやすい成分だからです。
アレルギーが起きると、全身の痒みや鼻水、消化不良を起こし、涙やけの原因となります。

肉を多く含むのが条件に入っている理由としては、ミールや合成たんぱく質のような、素性が分からない原材料が使われていないと安全だからです。
免疫を保つためには発がん性物質や、危険な肉である4Dミールが使われていないことが大切といえます。

涙やけ予防に良いキャットフードランキング

カナガンキャットフード

グレインフリー&豊富なチキンで免疫力UP!
たんぱく質量 37.0%
グレインフリー ◎(炭水化物はサツマイモ、ジャガイモ使用)
第一原料 乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%
涙やけの条件を3つとも満たす理想的なキャットフード。
鶏肉を使用しているのも良い点で、体を内側から守ってくれるセレンを鶏肉は豊富に含んでいるため、涙やけを防いでくれるでしょう。
イギリス生まれのグレインフリーのキャットフードで、アレルギーを抑えるグレインフリーのフードに注目している飼い主さんから熱い視線を浴びています。
第一原料は鶏が丸ごと使われていて、しかも平飼いの健康的な環境で生育された安全性の高い鶏となっています。
使われている食材は全て人間が食べられるものです。
 
 
 

モグニャン

たんぱく質たっぷり!健康な体を作り上げる
たんぱく質 30%
グレインフリー ◎(炭水化物はサツマイモ、エンドウ豆、ひよこ豆、レンズ豆使用)
第一原料 白身魚63%
こちらは魚中心に作られているキャットフードで、カナガンと同じくイギリス生まれです。
成長期の子猫にも与えられるタンパク質量を誇るので、体を強くするのに役立ってくれるでしょう。
グレインフリーであることはもちろん、ヒューマングレードの食材が使われている安全なキャットフードです。
第一原料の白身魚が免疫力を高めるという表記はありませんが、消化吸収が早いので猫の体調を整えられます。
 
 
 
 

アカナ

肉の配合量に注目!猫の本来の食事が実現できる
たんぱく質 37%
グレインフリー ◎(炭水化物はグリンピース、赤レンズ豆、ヒヨコ豆、緑レンズ豆、ピント豆、イエローピース使用)
第一原料 新鮮鶏肉(9%)、新鮮七面鳥肉(9%)、新鮮鶏臓器(レバー、ハツ、腎臓)(9%)、鶏肉ミール(8%)、七面鳥肉ミール(8%)、丸ごとニシンミール(8%)
たんぱく質はカナガンと同じく37%の高水準を誇り、鶏肉も含まれています。
炭水化物は豆が中心となっていて、グレインフリーです。
第一原料はもちろん肉で、しかも原材料の75%は肉が使われています。
ミールが使われているのが残念な点ですが、トレーサビリティの確保と、自社での製造で品質は保たれているといえます。
 
 
 
 

猫の涙やけに役立つサプリやグッズ

猫の涙やけを根本的に解決しようと考える時にはキャットフードで対策するのが良いですが、徐々に治るものなのですぐに解決することはできません。

拭くことで涙やけを起こすことを防ぐクリ―ナーや、キャットフードの効果を促進させるサプリで、涙やけの早い解決を目指しましょう。

予防にも役立つクリーナー

涙やけは涙が毛に触れ、毛が変色することによって起こります。
涙は塩分を始めとする不純物を含むため、毛が変色しやすくなってしまうのです。

それを防ぐには、不純物である涙をすぐに拭き取ってしまうことが大事です。

シートやローションを使えば顔回りのケアができます。
以下のような商品があるので参考にしてみてください。

らくらく涙やけケアシートプレミアム
らくらく涙やけケアシート
涙に含まれる雑菌の繁殖を抑えてくれるシートです。
アルコールやパラベンは使われていないので、刺激が少なく、安心してワンちゃんや猫ちゃんに使うことができます。
消臭・抗菌の成分としては、グレープフルーツ種子から抽出したエキスが含まれています。
ペパーミントエキスも含まれているので、猫ちゃんに使用する際は様子を見ながら使いましょう。
涙やけだけでなく、よだれのケアにも使えるので、顎ニキビが気になる猫ちゃんのケアにもおすすめです。
 
涙やけローション
涙やけローションパッケージ
涙にはたんぱく質が多く含まれています。
雑菌はたんぱく質につきやすいため、放置していると余計に毛色の変色が進んでしまいますが、皮膚のたんぱく質が除去されすぎると肌が荒れてしまうのです。
ペッツルートの涙やけローションは抗菌たんぱく質を配合。
そのため拭いても肌荒れを招くことがなく、拭いた後で涙が流れても抗菌たんぱく質が肌を守ってくれます。
さらに抗菌酵素も配合されているので、目の周りを清潔に保ち皮膚炎を予防します。
使い方はローションをコットンにつけて涙やけになじませるだけ。
 
目のケアをするとき気をつけたいのが、ティッシュを使わないことです。
ティッシュはコットンよりも繊維が荒いので、目を傷つけてしまう恐れがあります。

サプリとキャットフードで対策

体調不良が続くと人間でも鼻水が出たり、涙が分泌されやすくなったりします。

毎日のキャットフードで免疫力をあげることが大事ですが、「キャットフード全部を変えるのはちょっと…」という方にはサプリの活用をおすすめします。

アガリクスを含む猫用サプリメントも最近話題になっていますね。

キングアガリクスペット用

引用元:ペット用キングアガリクス100(犬、猫用) | ペット用キングアガリクス100は犬、猫の健康な皮膚をサポートします。

キングアガリクス100ペット用の購入はこちら

 

サプリなら毎日のご飯にふりかけるだけ、もしくはおやつのように与えるだけで良いので、気軽です。

腸を元気にすると免疫力も上がるといわれているので、整腸作用のあるサプリも活用しましょう。
ねこファインというサプリは整腸作用があると評判ですよ。

ねこファインの広告

ねこファインの公式サイトはこちら

猫の魅力は目!涙やけをキャットフードで根本から予防しよう

窓の外を見る白い猫

涙やけは特に白い毛色の猫ちゃんだと目立ってしまいます。

怖い症状が隠れている場合もあるので、涙やけをしていることに気づいた場合は正しく対処をしましょう。

体調不良や免疫力の向上をすることで、根本的な解決もできるので、キャットフードを活用することも忘れてはいけません。

正しく対処して、猫の美しい姿を作っていきましょう。