猫ちゃんは人間のように寿命が長いわけではありません。

だからこそ、限られた時間を大切に過ごしたいですね(*^^*)

そのためには、猫ちゃんの栄養源となるキャットフード選びがとても重要!

猫ちゃんに適したフードかどうかは、原材料の安全性を確かめる事が大切です(๑•̀ㅂ•́)و✧

そこで今回、国産キャットフードであるミャウミャウ キャットフード」について調査することにしました!

この記事を読み終えれば、ミャウミャウキャットフードが猫ちゃんにベストなフードか分かりますよ♪

少しでも飼い主さんのフード選びの参考になれば幸いです(*^^*)

 

評価内容

安全性
グレインフリー
無添加
コスパ(1日あたり約82円)
フンの臭い改善
対応ライフステージ 成猫
総合ランク C
総合点数 68点
ミャウミャウキャットフードについて
ミャウミャウ キャットフードは、本サイトでCランクのキャットフードです。
着色料や防腐剤といった危険な添加物は使用されていませんした(*^^*)
他の国産フードには見られない、猫ちゃんのストレスを緩和し嗜好性を良くするa-iペプチド配合をしています。スーパーでも手に入れられるのが、ミャウミャウ キャットフードならではの魅力でした♪
ただ、主原料に穀物類が使用されていたため、大きなマイナスポイントになってしまいました(+_+)
猫ちゃんに嬉しい成分を配合しているからこそ、グレインフリーではないことがもったいないキャットフードでした。

 

ミャウミャウの原材料・安全性を調べてみました

 

ミャウミャウカリカリ小粒タイプかつお味パッケージ

 

 

ミャウミャウキャットフードは、国産キャットフードです。

薬学や獣医学部で有名な北里大学が監修しているので、信頼性は高いキャットフードといえます(๑•̀ㅂ•́)و✧

毎日食べさせるならドライフードが良いので、ミャウミャウのドライフードを調査してみましょう!

 

ミャウミャウキャットフードにはa-iペプチドという物質が含まれているのが特徴です。

嗜好性がある成分で、食べ飽きないとされています。

さらに、北里大学食品機能安全学研究室によれば、このa-iペプチドがストレス指数を下げると報告されているのです(*^^*)

 

a-iペプチドの研究

引用元:北里大学 食品機能安全学研究室

 

毎日与えるドライフードですから、機能のある成分だけでなく、たんぱく質や肉の質などもチェックしましょう。

ミャウミャウキャットフードのドライフードは、味と年齢で分けて作られています。

今回は、「カリカリ小粒タイプ かつお味」をチェックしていきます٩( 'ω' )و

 

原材料一覧
穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉)肉類(ビーフミール、チキンレバーパウダー)魚介類(魚粉、フィッシュエキス、かつおペプチド)、動物性油脂、セルロースオリゴ糖、ミネラル類(Na、Cl、K、Ca、P、Zn、Fe、Mn、Cu、Co、I)、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン、C)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブ抽出物)

引用元:商品詳細ページ AIXIA アイシア株式会社

成分一覧
たんぱく質……30.0%以上
脂質……10.0%以上
粗繊維……4.0%以下
灰分……10.0%以下
水分……10.0%以下
代謝エネルギー……340kcal/100g

成分を見てみると。穀物は多く含まれているようですが、たんぱく質の量は30%と水準が高いです。

炭水化物の量は36%以下ですが、少し多めです。

原材料で猫に必要なミネラルやビタミンが配合されていましたが、保証成分表示では明らかになっておらず、総合栄養食との表記もないので不明な点が多いです。

ミャウミャウ キャットフードの原材料の品質について

 

肉類、魚介類

動物性たんぱく質は、肉食である猫ちゃんにとって欠かせない栄養素です。ミャウミャウキャットフードにはお肉とお魚がミックスされていました。お肉のタンパク質と、お魚に含まれるEPA・DHAが摂れるので、皮膚・被毛ケアに期待できます。ただ、お肉を丸ごと使用せず、ミールやパウダーの使用が見られる点が気になります。

オリゴ糖

オリゴ糖は善玉菌を増やし、腸内環境を良くする働きがあります。

とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉

穀物類は、肉食動物である猫ちゃんには消化しにくい原材料です。キャットフードには含まれていない事が好ましいです。

セルロース

セルロースは水に溶けない食物繊維です。猫ちゃんの毛玉キャッチを行う効果もありますが、摂取しすぎると便秘気味になる可能性があります。

 

ミャウミャウキャットフードのグレインフリーと添加物について

 

穀物類や添加物は、消化不良やアレルゲンを起こす可能性があるため、キャットフードには使用されていない事が理想です。

この事から、グレインフリー(穀物不使用)で無添加のキャットフードが体に優しいと言われます。

ミャウミャウキャットフードにも穀物・添加物が含まれないか調べました。

 

穀物類の使用あり

 

ミャウミャウキャットフードには、穀物の使用がありました。

猫は肉食ですから、肉類が多く含まれていると毎日の餌に与えることができる安全なフードといえます。

しかし、ミャウミャウキャットフードは第一原料が穀類です。
しかも、猫がアレルギーを起こしやすい、トウモロコシや小麦粉が使われています(+_+)

 

穀物アレルギーを持つ猫ちゃんは使用を控えたほうが良さそうです。

 

含まれる穀物類

とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉

 

添加物の使用なし

 

ミャウミャウキャットフードには、着色料・香料・調味料といった不要な添加物は使用されていませんでした!(๑˃̵ᴗ˂̵)و 

酸化防止剤はハーブやミックストコフェロールの、天然の酸化防止剤なのでその点は安心できます。

 

ミャウミャウキャットフードのコスパは良い?

 

キャットフードの質はもちろん大切ですが、コスパが良いかどうかも重要です。

続けやすい価格でなければ、継続してフードを使用できません!

ミャウミャウキャットフードのコスパを調べてみました(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

調べた結果、1日あたりの価格は約82円、1カ月当たりの価格は約2,460円でした。

1カ月で3,000円以内のフード代に収まるので、コスパはなかなか良いほうではないでしょうか(*'▽')♪

仮に1カ月に猫ちゃんに使用する費用を5,000円とするなら、浮いたお金でおもちゃやクッションを買うのもアリですね٩( 'ω' )و

 

 

ミャウミャウキャットフードのコスト
内容量 580g
価格 578円
1日の給与量 82g
フードを使い切る日数 約7日
1日あたりの価格 約82円
1カ月当たりの価格 約2,460円

 

ミャウミャウキャットフードでフンの臭いが改善される?

 

フンの臭い改善が期待できます!

ミャウミャウキャットフードには、オリゴ糖が配合されています。

善玉菌を増やし腸内環境を改善する働きを持つオリゴ糖が、フンの臭い改善にもひと役買ってくれそうです(*'ω'*)

 

ミャウミャウキャットフードの食い付きはどうなの?

 

ミャウミャウキャットフードには、a-iペプチドという物質が含まれます。

a-iペプチドには、ストレス緩和や、嗜好性を高める効果があり、猫ちゃんの食い付きを良くしてくれます。

猫ちゃんが食べ飽きずに、フードを食べてくれそうです(*'▽')

ミャウミャウ キャットフードは各種病気の猫ちゃんに与えても大丈夫?

ベンガル 眠る

仮に猫ちゃんが病気にかかってしまったら…放っておけないですよね(>_<)

病気にかかったら、食事にも気を使わなくてはいけません。

猫ちゃんが各種病気にかかった場合、ミャウミャウキャットフードを与えても良いか考えてみました。

 

尿路結石

 

尿路結石にかかった場合、ミャウミャウキャットフードを与えるのはストップしましょう!

 

血尿・頻尿・尿が出ないなどの症状に陥る尿路結石は、しっかり病気ケアを行う療法食フードへの切り替えが必要です。

 

糖尿病

 

糖尿病にかかった場合、ミャウミャウキャットフードを与えるのはストップしましょう!

 

初期は多飲・多食・頻尿、後期は食欲不振に陥る糖尿病は、しっかり病気ケアを行う療法食フードへの切り替えが必要です。

 

慢性腎不全

 

慢性腎不全にかかった場合、ミャウミャウキャットフードを与えるのはストップしましょう!

嘔吐、食欲不振、多飲・多尿などの症状に陥る慢性腎不全は、病気の進行を緩やかにすることが大切です。

しっかり病気ケアを行う療法食フードへの切り替えが必要です。

 

アレルギー性の皮膚炎

 

アレルギー性の皮膚炎にかかった場合、ミャウミャウキャットフードを与えるのはストップしましょう!

 

ミャウミャウキャットフードは、主原料が穀物です。穀物によってアレルギー性の皮膚炎が起こる場合もあるため、使用を控え、別のグレインフリー(穀物不使用)タイプのキャットフードへ変えましょう。

 

便秘

 

便秘にかかった場合、ミャウミャウキャットフードを与えるのはストップしましょう!

ミャウミャウキャットフードには、穀物やセルロースが含まれます。

穀物は消化不良の原因を作り、セルロースは量が多いと便秘症になる原因を作ります。

また、便通の改善に有効なのがサツマイモやカボチャですが、ミャウミャウキャットフードには含まれません。

グレインフリータイプで、カボチャやサツマイモを使用したフードへ切り替えてあげましょう。

 

下痢

 

下痢にかかった場合、ミャウミャウキャットフードを与えるのはストップしましょう!

下痢は食べすぎや環境の問題のほか、異物の飲み込み、病気などが原因のケースがあります。

特に症状が長引く場合は要注意!

すぐに動物病院へ受診し、その際に与えるキャットフードの相談もしましょう。

 

ミャウミャウキャットフードはこんな猫ちゃんにおすすめ!

猫 なめる

 

ミャウミャウキャットフードは、以下の猫ちゃんにおすすめ出来ます。

 

  • 穀物アレルギーを持たない猫ちゃん
  • 食い付きが悪い猫ちゃん
  • フンの臭いを改善したい猫ちゃん

 

ミャウミャウキャットフードの主原料には穀物類が使用されているため、まずは猫ちゃんが穀物を苦手としないかが大切です。

穀物アレルギーがなければ、特に使用してほしいのが食い付きが悪い猫ちゃん、フンの臭いが気になる猫ちゃんです!

ミャウミャウキャットフードには、嗜好性を高めるa-iペプチドが配合されています。

猫ちゃんの食い付きを良くしたい場合、ミャウミャウキャットフード単品で与えてもOKですし、いつものフードにプラスするのも良いですね♪

 

また、腸内に善玉菌を増やす働きがあるオリゴ糖が配合されているので、フンの臭いを改善したい猫ちゃんにもおすすめです。

 

ミャウミャウキャットフードをおすすめできない猫ちゃんの特徴

 

ミャウミャウキャットフードは、以下の猫ちゃんにおすすめ出来ません。

  • 穀物アレルギーを持つ猫ちゃん
  • しっかり動物性タンパク質を摂取したい猫ちゃん
  • 便通を良くしたい猫ちゃん

 

ミャウミャウキャットフードには、主原料に穀物類が使用されています。穀物アレルギーを持つ猫ちゃんは使用を控えたほうが良いでしょう(>_<)

 

また、ミャウミャウキャットフードは肉類にも不安があります。

それは、丸ごとの肉ではなく、ミールとパウダーが使われているからです。
魚介類も丸ごとの素材は使われていません。

しっかり動物性たんぱく質を摂りたい!と考えると新鮮な肉類を使用した別のフードを選んだほうが良さそうです(*_*)

 

もう一つは、便通を良くしたい猫ちゃんにはおすすめ出来ません。

理由は、消化性の悪い穀物類とセルロースの使用があるからです。

サツマイモやカボチャといった食物繊維が豊富な食材も含まれていないため、便通を良くしたい猫ちゃんにはおすすめ出来ませんでした。

 

 

ミャウミャウキャットフードの悪い口コミ・評判

続いて、ミャウミャウキャットフードの口コミの評判を見てみましょう!

ミャウミャウキャットフードは有名なキャットフードではありますが、品質の面で悪い口コミが寄せられています(>_<)

 

効いているのかよく分からない

初めて猫を飼って、室内飼育なんですけど飽きないのかなって心配で。
メンタルケアができるって噂を聞いたし、北里大学が研究開発に関わっているらしいので、ミャウミャウキャットフードに切り替えました。
いまのところおいしく食べていますが、特に変わった様子もなく。飽きることもなく食べているので嗜好性はあると思います。
メンタル面はよく分からないので、長期的にみていきますね~。
使用期間4ヶ月 piyoさん
原材料を確認して愕然

猫を飼いはじめて数ヶ月、ドライフードは毎日食べるものだし、普段から健康ケアできたらいいな、と思い、普段あげていたミャウミャウキャットフードの原材料を見直してみました。
確認してみると、トウモロコシが入ってたりパウダーとかミールとかばっかり…。野菜とかも入ってる感じしないし、大丈夫かな(><;)もっと栄養バランスが良い感じだったら嬉しいです。
使用期間6ヶ月 岬さん

◆デメリット

悪い口コミの意見から、ミャウミャウキャットフードには以下のデメリットを感じました。

 

素材が丸ごと使われていない

猫が本来自然な環境の中で食べられるような、水分をたっぷり含んだ豊富な肉と野菜が使われるのが理想的なキャットフードです。

しかし、ミールやパウダー、魚粉のみ使われていて、素材が丸ごと使われていないのは心配な点といえます(>_<)

トウモロコシや小麦粉が使われている

ミャウミャウキャットフードはごく一般的な国産のキャットフードなので、輸送の際の環境には安心感があります。

しかし、トウモロコシや小麦粉が使用され、量をかさ増しされているのも、国産のキャットフードの一般的なデメリットです。

ミャウミャウの良い口コミ・評判

 

国産のキャットフードなので、その点で良さを感じた人からも口コミがありますよ(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 

食べやすくてお気に入り

ミャウミャウキャットフードはウェットタイプと一緒に、ずっとウチの猫にあげているフードです。小粒で薄く作られているし、よく吐いちゃうウチの猫も、ちゃんと飲み込めるみたいで安心なんですよね。
食べやすいだけじゃなくて、飽きないのもお気に入りの理由。これはa-iペプチドのおかげだと思います。
出会う前まではすぐに飽きて食べなかったし、どこででも売られているので、とても助かるキャットフードだと思います。
使用期間1年 あけみさん
万能で使いやすい

猫を飼っているといろいろ心配。たんぱく質のほとんどは毛にいくみたいだし、着色料とかも使われていないか心配。あとは目とか、下部尿路とか…。
すべてをカバーして、しかも手軽に手に入るキャットフードなんて、なかなかないんじゃないかと思ってたので、ミャウミャウキャットフードを発見したときは嬉しかったですね。
1年以上うちの猫に与えていますけど、元気に過ごせているし病気もしていませんよ☆
使用期間1年6ヶ月 アイリーンさん

◆メリット

良い口コミの意見から、ミャウミャウキャットフードには以下のメリットを感じました。

 

猫の健康を広くケアできる

タウリンや豊富なたんぱく質、毛玉排出、下部尿路ケアなど、猫が健康でいられるための環境を整えられる成分が配合されているのが良い点です。

タウリンや食物繊維、a-iペプチド配合、合成酸化防止剤不使用なのはその一環です。

どこででも手に入りやすい

ペット専門店はもちろん、スーパーなどでも手に入りやすいキャットフードです。

なくなったときにすぐに買いに行けますし、継続して製造されている安心感があり続けやすいです(*'▽')

 

ミャウミャウ キャットフードの価格!最安値は公式・Amazon・楽天市場?

マーケットの店頭

 

スーパーやペット専門店でも手に入るミャウミャウキャットフードですが、お店によって価格がまちまちです。

通販だと価格を見比べることができるので、代表的な3社で最安値はどこなのか、調べてみました(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

ここでも「カリカリ小粒タイプ かつお味」を調査します。

公式サイト Amazon 楽天市場
ミャウミャウカリカリ小粒タイプかつお味パッケージ Amazontop rakutentop
初回価格
定期価格
通常価格

270g 311円
580g 578円

270g 316円
580g 529円

送料

2,000円以上無料 店舗により異なる

 

2018年12月7日に調査した結果が以上です。

とてもお手頃な値段で購入でき、通販サイトでも値段がまちまちでした。

単品の値段と送料で見てみると、Amazonが最安値です。

まとめ買いなどを比べると、もう少し内容が変わってくることもあります(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

ミャウミャウキャットフードのよくある質問

ミャウミャウキャットフードのよくある質問をまとめてみました(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

シニア猫にも成猫用を与えて大丈夫でしょうか。
短期的に与える分には問題はありませんが、老猫は食欲も落ちるので、老猫用のキャットフードを与えた方が良いです。ミャウミャウキャットフードでは腎臓に配慮して調整されたシニア用が販売されています。
子猫に成猫用のミャウミャウキャットフードカリカリ小粒タイプを与えても大丈夫でしょうか。
たんぱく質の量はクリアしていますが、特に子猫にも与えられるとは書かれていないので、長期的に与えるのは止めましょう。ミャウミャウキャットフードの子猫用はパウチのみ販売されています。
賞味期限はいつですか?
未開封時の賞味期限は1年半~2年となっていますが、シリーズによって異なります。

ミャウミャウキャットフードの基本情報

 

ミャウミャウキャットフードの基本情報

キャットフードの種類 ドライフード
対応猫種 成猫
内容量 270g 580g
初回価格 -
定期価格 -
通常価格

270g 311円
580g 578円

※Amazon参考

原産国 日本
保存方法 直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しいところに保管してください。開封後は、開封口を必ず閉じて、なるべく早く使い切ってください。また、虫が入らないように、しっかり密封してください。
販売会社 Aixia(アイシア)
公式サイト https://www.aixia.jp/

 

ミャウミャウキャットフード まとめ

アイシアのカタログ

引用元:カタログ AIXIA アイシア株式会社|2018総合 製品総合カタログ

以上、ミャウミャウキャットフードについてお伝えしました!

機能性成分と原材料をチェックすると、ミャウミャウキャットフードでは以下の効果が得られるでしょう♪

  • a-iペプチドの効果でストレス値が下がりメンタルが安定する
  • a-iペプチドの効果で嗜好性が良くなり、フードの食い付きが良くなる
  • オリゴ糖でフンの臭い改善が行える

 

 

ミャウミャウキャットフードに配合されているa-iペプチドの効果が魅力的でした。

猫の嗜好性を高くするa-iペプチド配合なので、おやつやトッピングに使うのも良いですね (๑˃̵ᴗ˂̵)و 

オリゴ糖配合なので、腸内環境を改善し、フンの臭い改善にも繋がるでしょう♪

 

しかし、穀物配合、総合栄養食との表記がなく栄養分も表記されていない点が多いので、毎日食べさせられるかは不明です(>_<)

与える際には他のキャットフードとも比較しながら選びましょう!

猫ちゃんが元気に暮らせるよう、ぜひ色々なキャットフードを検討してみて下さい(*^^*)

 

 

おすすめの記事