猫ちゃんを飼っている人、もしくは今後迎えたいなぁと考えている人、餌選びは順調ですか?

キャットフードは、各メーカーから複数販売されているので、

どれを選んだらいいの?><

と悩む飼い主さんがとっても多いんです。そして先日、ブログに「コンボのキャットフードってどうですか?安全ですか?」という質問が舞い込んできました。

猫を飼って10年。コンボシリーズは今まであげたことがなかったので、気になって調べました。

口コミの評判やコンボ キャットフードの安全性が気になる人は、チェックしてみてください♪

今回は「コンボ まぐろ味・かつお節・小魚添え」を例に挙げます。

コンボ キャットフード

評価内容

安全性
グレインフリー
無添加
コスパ
総合ランク Eランク

 

対応年齢

子猫(~1歳未満)
成猫(1歳~)
老猫/シニア(7歳~)

 

コンボ キャットフードについて
コンボ キャットフードの総合ランクはEと、低めです。飼い主さんがもっとも気にする安全面は、★1という結果に。コスパの部分は★3なので、多頭飼いをしているお宅に最適ですね♪

コンボ キャットフードはこんな猫ちゃんにオススメ!

評価Eのコンボ キャットフードですが、次の猫ちゃんに推奨されています。当てはまったら、購入を検討してみてください♪

①お魚味のキャットフードが大好き

②病気ひとつしない健康なねこちゃん

③偏食気味のねこちゃん

日本のキャットフードは、まぐろやかつおを原料にしたものがとても多いですが、猫はもともと肉食なので、魚を好んで食べるのはごくわずかです。

だったらお魚味のキャットフードは与えないほうがいいのでは?」と思いますが、

総合栄養食に必要な必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、植物繊維をすべて摂取できるように作られてるので、栄養不足を解消する意味で必要です。

お魚好きの猫ちゃんには嬉しい限りですね♪

コンボ キャットフードの原材料・安全性を調べてみました

虫眼鏡

コンボ キャットフードの原材料

コンボ 「 まぐろ味・かつおぶし・小魚添え」の成分一覧です。

好ましくない原料は赤で表記しています。

原材料一覧
とうもろこし、チキンミールコーングルテンミール、小魚、小麦粉脱脂大豆動物性油脂、植物性油脂、カツオブシ、マグロエキス、ホワイトフィッシュミール、乾燥野菜、ハーブ粉末、小魚粉末、オリゴ糖、γ-リノレン酸、クランベリーパウダー、シラスエキス、pH調整剤、酵母細胞壁、アミノ酸類(メチオニン、タウリン、トリプトファン)、ミネラル類(K、Zn、Cu、Ca、I)、ビタミン類(A、E、K、B1、B2、B6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、コリン)、着色料(食用赤色102号106号食用黄色4号5号食用青色1号二酸化チタン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、グルコサミン、コンドロイチン

 

成分一覧
たんぱく質27.0%以上、脂質9.0%、粗繊維3.0%以下、灰分9.0%以下、水分10.0%以下、カルシウム0.9%以上、リン0.8%以上、マグネシウム 標準値0.12%

注目の原材料

カツオブシ、マグロエキス、小魚

健康を保つ上で重要なのは魚に含まれるタウリン、ビタミンB・Dなどの栄養素です。

猫ちゃんが食べやすいように加工されている点も魅力ですね♪

乾燥野菜

腸内環境を整えて便秘を改善するなら、野菜に含まれるビタミンや植物繊維が有効です。猫ちゃんの健康維持にも繋がりますよ♪

 

好ましくない原材料

とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉

穀物は生物学的に、猫ちゃんにとって重要性は大変低いです。理由は含まれる栄養素より、消化不良やアレルギーの心配のほうが大きいからです。とくに、とうもろこしや小麦は重度のアレルギーを引き起こす可能性があるので大変危険です。

穀物は、肉類に比べて安価で手に入りやすく、コスパのいいキャットフードによく使用されていますが、猫ちゃんにとって必要なのは穀物ではなく肉ということを忘れてはいけません。

○○ミール、○○パウダー

安価なフードに含まれるミールやパウダーは、魚や肉そのものではなく、食材を加工する際に出てくる副産物(爪・毛など)を使用している可能性があります。栄養はほとんどなく、かさ増しをする目的で使用されることがほとんどでしょう。

 

コンボ キャットフードについて
アレルギーの原因となる穀物やミール、パウダーが含まれているものの、それ以外の原材料は猫ちゃんにとって欠かせないものばかり。栄養満点のカツオブシ、マグロエキス、小魚、小魚粉末が入っていることや、お腹の調子を整える乾燥野菜、オリゴ糖が含まれているところは評価したいですね♪
豊富なラインナップとお手ごろ価格で他のキャットフードと比較されがちですが、コンボの場合小魚がそのまま入っているのである意味特殊な商品といえます。

コンボ キャットフードの悪い口コミ・評判

それでは悪い口コミを見てみましょう。

あんまり食べてくれない

小魚入りだということで、コンボのまぐろ味・かつおぶし・小魚添えを購入。さっそく与えましたが、食いつきが悪いです。あと小魚が口の中で刺さるのか、よけて食べています。小魚は与える前に粉々にしたほうがいいかも?
シャム(♂)7歳 ペルシャ(♀)8歳
小魚だけ食べる

小魚入りのコンボをはじめてあげたところ、小魚だけきれいに食べて、フードは残してしまいました。小魚は栄養満点なので逆に食べてくれて嬉しいのですが、できればフードと一緒に食べてほしかったですね(笑)
白猫(♀)3歳
食いつきが悪くなった

最初は食いっぷりよかったのに、最近はほとんど口にしません。幸い、コンボは種類が豊富なので、他の味を与えてみますが、穀物が大量に使われているので、猫の健康を考えると与え続けるかどうか迷いますね。
キジトラ(♂)7歳

コンボ キャットフードの良い口コミ・評判

続いて紹介するのは、コンボ キャットフードの良い口コミです。

食いつきがイイ‼

三毛猫以外にも、2匹の猫を飼っているのですがどの餌もあまり食べてくれず悩んでいました。そこで口コミで評判のコンボを飼ってあげたところ、3匹とも美味しそうに食べてくれました。しかし、アレルギーの心配がある原材料が使われているので、頻繁にあげられないのが残念。
三毛猫(♂)5歳他
小袋がグッド

小袋なので、開けたてに近い味をキープできるのはいいですね。おかげで我が家の愛猫は毎日美味しそうに食べてくれます。値段も安いし、最高です。
マンチカン(♀)6歳
お魚大好きなうちの猫にぴったり!

うちの猫はチキンよりも魚派なので、コンボのキャットフードをよく食べてくれます。小魚添えはとくに食いつきがいいですよ。健康に必要な栄養素も摂取できるので飼い主の私も頼りっぱなしです♪アレルギー発症しないか心配ですが、今のところ体調を崩す様子はないのでしばらくあげようと思います。
ポメラニアン(♂)9歳

コンボ キャットフードの口コミ・評判まとめ

デメリット

  • 穀物が主原料になっている
  • 猫ちゃんにとっては小魚が口に刺さることがある
  • 途中で飽きる可能性がある
あやかの補足
猫ちゃんを飼っている人のほとんどが、同じ餌を与えがち。たとえ栄養満点のキャットフードでも、一定期間ずっと与えれば「他の餌が食べたいよ!」という欲求が出てきます。
この場合は、他のキャットフードとローテーションしながら与えるのがベスト◎
ただ、コンボ キャットフードには小魚が入っているので、初めて口にする猫ちゃんにとっては不快に感じることも。これが餌を食べない原因に繋がります。

 

メリット

  • 小袋だから新鮮なまま与えられる
  • お魚成分で健康維持ができる
  • 食いつきが良い
あやかのコメント
肉より魚派の猫ちゃんにぴったりのキャットフードですね。小魚をそのまま入れるといったスタイルは、コンボならではの特徴でしょう。
猫ちゃんが好きな味を表現しているので、食いつきも抜群♪お魚成分で、猫ちゃんの健康管理も行なえます。

コンボ キャットフードのSNS評価は?

インスタグラムでは、コンボと写るかわいい猫ちゃんたちが投稿されていました♪こちらの猫ちゃんは、コンボをハムハム♪

こちらは、コンボのダンボールキャットハウス?のようです。見事に頭から突っ込んでいます(笑)

こっちの猫ちゃんはコンボシリーズを食べ終えて満足気♪

 

どれも癒される投稿ばかり!

猫ちゃんからの評判も悪くないみたいだし、買って損はしないはず♪

コンボ キャットフードの価格!最安値は公式・Amazon・楽天市場?

 

公式サイト Amazon 楽天市場
コンボ 公式サイト
アマゾン 楽天
初回価格
定期価格
通常価格

-

700g⇒1,099円

700g⇒1,140円

(肥満用)

350g⇒293円

(肥満用)

 

 

 

 

700g⇒473円

700g⇒585円

(肥満用)

350g⇒365円

(肥満用)

 

 

 

送料

-

praimu会員無料 店舗により異なる

天下のAmazonよりも、楽天市場のほうが安いという結果に。

お店で見かけない場合は、ネットで購入したほうが断然お得ですね♪

コンボ キャットフードのキャットフード全種類の特徴・原材料一覧

コンボ キャットフード全種類と特徴を分かりやすくまとめています。

商品名 特徴
子猫用 ミルクチップ添え 穀物メイン。脂質はもっと高くて良いかも。
まぐろ味 カニマカ・小魚添え 穀物メイン。全年齢対応だが、子猫には不向き。
かつお味 鮭チップ・かつお節添え 穀物メイン。全年齢対応だが、子猫には不向き。
肥満が気になる猫用 まぐろ味、かつお節、小魚添え 低脂質でダイエット中の猫に最適。食べすぎ厳禁。
肥満が気になる猫用 かつお味、鮭チップ、かつお節添え 低脂肪でダイエット中の猫に最適。食べすぎ厳禁。
肥満が気になる猫用 11歳以上対象 低タンパク質。低脂質なので食べすぎ注意。
猫下部尿路の健康維持 下部尿路専用だが。ストルバイト予防向け。
毛玉対応 まぐろ味、ささみチップ、かつお節添え 若干繊維多め。低タンパク質で低脂質。
毛玉対応 かつお味、かつおチップ、小魚添え 栄養成分はまぐろ味と変わらない。
毛玉対応11歳以上 かつお味、かつおチップ、かつお節添え 低パンク質なのが気になる。
毛玉対応15歳以上 かつお味、焼きタラ、ちりめん添え 低パンク質なのが気になる。
シーフードアソート 全成長段階猫用総合栄養食。分析試験の結果、総合栄養食の基準を満たしていることが証明されている。

そしてこちらがウェットタイプ(アルミパック)の特徴です。

商品名 特徴
まぐろとかにかまとしらす添え オリゴ糖、ビタミンEをたっぷり配合。愛猫の健康維持や水分補給に最適。
まぐろとしらすとかつおぶし添え オリゴ糖、ビタミンEをたっぷり配合。愛猫の健康維持や水分補給に最適。
まぐろと鯛とかつおぶし添え オリゴ糖、ビタミンEをたっぷり配合。愛猫の健康維持や水分補給に最適。

15歳以上 まぐろとかにかまとしらす添え まぐろとしらすとかつおぶし添え

グルコサミン、ビタミンEを配合。シニア猫の健康維持に役立つ。

おいしい減塩 まぐろとかにかまとしらす添え まぐろとかつおぶしと鯛添え

ビタミンE配合。塩分を控えたい猫に。

おいしい減塩 15歳以上 まぐろとかにかまとしらす添え まぐろとかつおぶしと鯛添え

グルコサミン、ビタミンEを配合。シニア猫の健康維持に役立つ。

ウェットタイプは、年齢と健康を考えてグルコサミンやビタミンEを配合しています。

具がごろごろと入っているため、食べ応え抜群です♪

コンボ キャットフードのよくある質問

コンボ キャットフードに関する疑問を解消します。

原材料も国産ですか?
コンボ キャットフードに使用されている穀物は、国内では安定供給できないため、主にアメリカ合衆国から輸入しています。なお、肉類に関しては国産を使用しています。鶏肉は北九州や東北から、牛肉や豚肉は九州が原産です。
着色されているフードがあるのですが、健康に害はありますか?
現フードの種類、銘柄の特定ができるよう、粒の形・色を一部変えています。また使用している色素は食用なので、猫ちゃんの健康に害はありません。

 

 

コンボ キャットフードの基本情報

コンボ キャットフードの基本情報

ドッグフードの種類 ドライフード
対応猫種 全種
内容量 700g 350g
初回価格 -
定期価格 -
通常価格

700g⇒473円

700g⇒585円

(肥満用)

350g⇒365円

※楽天市場参考

原産国 日本
保存方法 直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しいところに保管してください。開封後は、開封口を必ず閉じて、なるべく早く使い切ってください。また、虫が入らないように、しっかり密封してください。
販売会社 株式会社レガールファクトリー
公式サイト https://combo.npf.co.jp/

 

コンボ キャットフード まとめ

今回はコンボの

  • 原材料
  • 評価
  • 安全性

について紹介しました♪

コンボ キャットフードにはいくつか、アレルギー発症の危険がある原材料が含まれていましたね。

猫ちゃんの健康を守る上で避けたいものですが、それ以外の原材料はどれも猫ちゃんの健康に欠かせないものです。なので、一度はあげてみてもよさそうですね^^

食いつきがよく、且つ健康に問題がなさそうならコンボシリーズをいくつか試してみてください♪

猫ちゃんに合うキャットフードが見つかりますように。

おすすめの記事