愛猫の健康管理は飼い主次第。

とは言え、不調が必ずしも分かりやすいサインとして表れるわけではありません。

特に、腎臓や泌尿器に関係する疾患は気づいた時には重篤な状態に。

今回は猫の腎不全や尿路結石の症状、治療法などについてまとめてみました。

1 猫は腎臓や泌尿器が弱い動物

pet-1282309_640

猫は、もともと腎臓や泌尿器がそれほど丈夫でない動物です。

猫の祖先は乾いた砂漠地帯の出身と考えられているためか、水分摂取が少ないのです。

水分摂取が少ないと、尿は濃くなり腎臓や泌尿器に負担がかかりやすくなっているのです。
それでも、昔は小型動物を捕食していたため、タンパク質と同時に水分も摂取できていました。

しかし、現在ではキャットフードが主食になったため、水分が不足しやすい環境になってしまったのです。

2 猫の死亡原因にもつながる腎不全

cat-1044914_640

猫の死亡原因にもあげられる腎不全。

どのような症状が表れるのでしょうか?

また、どのような方法で治療してあげればよいのでしょう?

猫の腎不全:原因

猫が腎不全になる直接的な原因は、『AIM(血液中のタンパク質)の不活性化』と考えられています

猫のAIMは人とは異なり、腎臓障害が生じても活性化せず血液内の濃度が高くなり、慢性的な腎臓不全になってしまうのです。

猫の腎不全:症状

  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 排尿がない
  • 水をよく飲む

慢性腎不全の場合はこれらの症状が表れますが、ゆるやかなため発見が遅れます。

体内の血液や水分の循環がうまくいかず、老廃物のろ過が滞ってしまい、結果尿毒症も併発してしまいます。

症状が進行してしまうと、自力で排尿できず体力・食欲ともに低下し寝たきり状態になります。

猫の腎不全:治療法

  • ホルモン剤投与
  • 血圧抑制剤投与
  • 輸液投与
  • 食事コントロール

腎不全は一度発症すると完治することはありません。

従って、治療法も機能低下をゆるやかにし、腎臓への負担をいかに減らせるかに費やされます。

血液や腎臓機能の低下をチェックするためにも、定期的に通院しサポートケアを行ってもらいましょう。

食事は腎臓機能に配慮した専用フードに切り替え、飲み水はいつも新鮮さを保つように!

3 猫の死亡原因にもつながる尿路結石

cat-468232_640

猫の発症率が高い尿路結石症。

腎臓や尿管、膀胱、尿道など泌尿器のいずれかに結石ができてしまう病気が尿路結石症です。

尿路結石の原因や症状、治療法をまとめてみました。

猫の尿路結石:原因

猫の尿路結石症には大きく分けて2つあります。

  • ストラバイト結石
  • シュウ酸カルシウム結石

これらの結石は尿がアルカリ性、または酸性に傾てしまったことで起こります。

食事のバランスが症状に影響を及ぼすため、結石が作られてしまうのです。

加えて、猫は水をあまり飲もうとしないので、泌尿器に負担がかかります。

オスは尿道がカーブしているので、メスよりも尿路結石になりやすいと考えられており、適度な運動や食事、そして水がこの病気の抑制に不可欠となっています。

猫の尿路結石:症状

  • トイレに行く回数が増える
  • 排尿の量が少ない
  • 落ち着きがなくなる
  • 排尿の時に痛そうに鳴く
  • 血尿
  • 陰部や腹部をしつこく舐める
  • 膀胱炎

これらの症状に加え、尿に出た結石の結晶がキラリと反射することが。

いずれにせよ、排尿は健康のバロメーター。

ちょっとでもおかしいと感じたらすぐに検査を!

猫の尿路結石:治療法

  • ストラバイト結石

療法食での治療が行われます。結石を溶かし排出するような処置がほどこされます。結石が多い場合は、外科手術で処置する場合もあります。

 

  • シュウ酸カルシウム

外科的手術で結石を取り除くことになります。

 

結晶が確認されただけであれば、食事療法やサプリによって尿のpHを調整し安定をはかります。

ただ、結石が尿道に詰まっている場合は、尿道にカテーテルと通し意図的に排尿を促します。

術後しばらくは要経過観察の状態ですので、医師の指示に従いケアを行いましょう。

まとめ

cats-paw-1375792_640

腎臓や泌尿器の機能が衰えると、猫はとたんに弱ってしまいます。

普段の食生活の見直しも大事ですが、排尿の様子や飲水の様子をこまめに確認することも健康管理の一環です。

猫が腎不全や尿路結石にならないように、日頃から彼らの様子を見守ってあげましょう!

おすすめの記事