更新日:2019/02/25
この記事は8で読めます。

市販で売っているキャットフードはどれも良いと思うけど「うちの猫は食い付きが悪かった」「このキャットフードをあげたら下痢をした」など悪い意見を聞くと正直心配。

自分で選んで買ったキャットフードが原因で愛猫が病気になったら…と不安に思うことありますよね。

今回はそんな飼い主さんのために【手作りキャットフード】について紹介します。

  • 手作りキャットフードには3つの極意を知る!
  • 猫にはNGな食材紹介!
  • 時間がない飼い主さんでもできる3分クッキング!

この記事を読んで、愛猫がいつまでも健康で幸せに過ごせるように【猫シソムリエ】を目指しましょう♪

自作キャットフードは簡単!?愛猫に手作りのごはんをあげよう

手作りのごはんをあげることにはどんな良さがあるのでしょうか?作ってあげたい!という愛情以外にも1から作ることにメリットがあります。

pexels-photo-372657

手作りキャットフードをオススメする理由

キャットフードなら簡単にお皿に出すだけなのに、わざわざごはんを手作りであげるメリットを紹介します。

必要な水分量が確保できる

猫は1日に、体重1kgに対して20~45mlの水分摂取が必要です。しかし、ドライフードの水分量はたったの10%しかありません。

猫は砂漠地域に生息していたため積極的に水分を摂ることをしません。水分不足による尿路結石などの病気を防ぐためにも、手作りごはんにスープやお水を入れる事で、必要な水分を補うことができます。

pet_esa_sara_water

手作りごはんだから摂れる【大切な栄養素】がある

市販で売られているフードは、衛生のために材料を高温で焼き上げられ製造されています。生きていくうえで不可欠な「ビタミン」「酵素」などの熱に弱い栄養素が製造過程で無くなってしまいます。

しかし、手作りごはんの場合は高温で焼き上げる事をしなくても良いので、熱に弱い栄養素もあげることができます。

run_cat_smile

あげている材料が分かる

市販のフードを選ぶ際に、原材料を見て…ネットで調べて…比較して…って正直とても大変。しかもその情報が確かなのかも不明。自分で作るのならその手間も省けるし、安心して猫にあげることができます。

animal_quiz_neko_maru

 

手作りのキャットフードにはこのようなメリットがあります。愛猫を想う気持ちが強い飼い主さんほど、手作りキャットフードはこのようなニーズに応えてくれるのです。

愛猫の好みに合わせたキャットフードを作ろう

手作りキャットフードをただ、ネットで調べたレシピをそのまま作っても愛猫は食べてくれません。まずは【3つの好みを知る】ことが大事です。

 

その1 好きな食材を知る

いろいろな食材を1~2週間かけて少しづつあげていきましょう。
反応が良い食材が分かったらメインにしてあげたり、トッピングしたりして手作りキャットフードに取り入れる食材を見つけましょう。

その2 好きな調理方法を知る

生、茹でたもの、焼いたもの、煮たものなど調理方法によって好みも変わります。1つの食材でも様々な調理方法であげてみましょう。

その3 好きな大きさを知る

ゴロゴロしたもの、ペースト状のもの、液体状のものなど大きさや食感によっても好みが変わります。一般的にはドライフードくらいの大きさが猫が好む大きさです。

 

猫の好きなフードの方向性を知って、おいしく食べてもらうように試行錯誤しましょう。

手作りキャットフードの極意

手作りフードを作るうえで栄養バランスを考えることはとても大事です。肉食動物の猫だからこその理想のバランスがあります。

cat126IMGL6393_TP_V4 (1)

手作りキャットフードの3つの基本

手作りキャットフードの理想のバランスは

動物性たんぱく質:野菜や海藻 = 6~7:3~4

これが猫にとって理想な栄養バランスです。このことを踏まえて3つの基本を紹介します。

1.タンパク質(動物性)をメインにすること

動物性タンパク質に含まれているタウリンは必須アミノ酸です。猫にとってタンパク質は最も消化しやすい食材でもあるので消化不良を起こしにくくなります。肉・魚(肉+内蔵)を全体の50~80%入れメイン食材として使用しましょう。

food_eiyou3_tanpakushitsu

2.ビタミン(特にビタミンA)を摂り入れること

ビタミンは体を生成するための成分を補助するための必須栄養素の一つです。特に猫は自らビタミンAを作りだすことができないため、フードに混ぜて摂り入れさせてあげましょう。

vegetable

【ビタミンが含まれている食材】

緑黄色野菜、魚介類、鶏肉、鶏卵、レバー(←ビタミンAが豊富)

3.穀物は避けること

猫は穀物を食べることができますが、消化するのが苦手です。できれば避けたほうが良いですが、やむを得ない場合はよく加熱して消化しやすい状態にしましょう。

mugi

猫に与えてはいけないNG食材に要注意

人間にとっておいしく食べられるものでも、猫にとっては猛毒になってしまう食材があります。「ちょっとくらいなら…」では済まされません!自身のごはんと一緒に作る際は、十分に注意してください。

☓ 猫には絶対NGな食材 ☓
  • ネギ類 (ネギ・玉ねぎ・ニラ・ニンニク)
  • 生の青魚・貝類
  • 甲殻類 (イカ・タコ)
  • あくの強い野菜 (レンコン・たけのこ・ごぼう・ナスなど)
  • 人間向けに味付けされた食べ物

手作りキャットフードを作る際は、周りにこれらの食材がないか細心の注意を払って、調理に取り組んでください。

初心者でも簡単!手作りキャットフードレシピ3選

初心者でも作ることのできる、猫が大好きな食材を使った簡単レシピを紹介します。

food-flat-lay-2754262_640

① 3分でできる手作りツナ

簡単に作れてさらに、飼い主さんも一緒に食べることのできるヘルシーでおいしい「手作りツナ」を紹介します。

nekotuna

用意するもの(1匹 1日分)

・まぐろの切り身 1枚(赤身)
・オリーブオイル 適量

●作り方●
  1.  耐熱皿にオリーブオイルを塗る。
  2.  まぐろを重ならないように並べる。
  3.  上からもオリーブオイルを全体にかかるように垂らす
  4.  ラップをふんわりかけてレンジで2,3分温める。
  5.  冷めたらほぐして完成。

出典:猫も飼い主も食べられる『手作りツナ』の作り方

 

手作りツナに含まれる主な栄養素

まぐろ タンパク質、タウリン、ビタミンB6、ビタミンE、DHA・EPA、セレン、鉄分、亜鉛、カリウム など
オリーブオイル βカロテン、クロロフィル、ポリフェノール、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンK、オメガ9 など

 

② 鶏そぼろスープ

愛猫の食欲があまりない…。そんな時には、食べるスープを作ってあげましょう。水分補給もできるので体調が悪そうな時にあげてみてください。

torisoboro

用意するもの(1匹 3日分)

鶏ムネ肉(冷凍、生どちらでも) 50g
水 200cc

●作り方●
  1. 鍋に水と鶏肉を入れ弱火にし、蓋をして蒸し煮をして鳥ムネ肉にだいたい火を通す。
  2. 火が通ったら鶏肉ムネ肉だけ取り出し、少し冷まして細かく刻む。
  3. 刻んだ鶏ムネ肉を鍋に戻し、沸騰するまで弱火で少し煮る。

出典:食欲増進!鶏そぼろスープ(ネコ用レシピ) by yukaaaaaaa322 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが305万品

 

鶏そぼろスープに含まれる主な栄養素

鶏ムネ肉 ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、タンパク質、イミダゾールペプチド など

③ まぐろとキャベツの猫まんま

実際に飼い主さんが愛猫のための手作りごはんを作っている様子を動画でアップしているので紹介します。

用意するもの

・まぐろ
・キャベツ

猫のココちゃんもとてもおいしそうに食べていますね。

 

まぐろとキャベツの猫まんまに含まれる主な栄養素

まぐろ タンパク質、タウリン、ビタミンB6、ビタミンE、DHA・EPA、セレン、鉄分、亜鉛、カリウム など
キャベツ ビタミンU(キャベジン)、ビタミンC、ビタミンK、カルシウム

 

紹介したレシピはとても簡単に作る事のできるレシピで、栄養面がまだまだ心配だと思います。栄養面が心配な方はしばらくサプリメントと併用させると安心です。

⇩ おすすめサプリメント ⇩

 

手作りに慣れてきたらさらに手の込んだ手作りキャットフードをあげることで、栄養素も必要な分をあげることができます

まずは手作りキャットフードの知識をつけながら、いろいろなものに挑戦していきましょう。

愛猫がもりもり食べる!手作りキャットフードの工夫とは

cat-3474821_640

愛情をたっぷり込めて大好きな愛猫のために手作りフードを作ったのに「食べない!!」ショックですよね。

でも猫はとても繊細でグルメで新しいフードを食べないなんてことは結構普通です。でもやっぱり食べてほしいのが飼い主さんの意見ですよね。そういった場合には【工夫】が大事なのです。

猫が手作りキャットフードを食べないときは「すぐに片付ける」

ちょっと冷たいと思うかもしれませんが…

食べない→片付ける→おしまい。

これでOKです。

片付けた後に今まであげていたフードをあげるのもダメです。飼い主さんは一貫とした態度でいましょう。

猫は意外と頭が良いので学習するとしぶしぶと食べようとしてくれます。

猫も口にしてみたらおいしくてモグモグと食べてくれますよ。無理矢理フードをあげることをしないようにしましょう。

手作りキャットフードを食べさせるためには工夫が必要

小さい時に食べた事のないものは「食べ物として認識していない」ことがあります。食べなかったら片付ける以外にも食べてもらうために食欲をそそる工夫をしてみましょう。

●食欲をそそる方法●
  • 人肌くらいに温めて香りをだす
  • 鶏肉・ささみのゆで汁でおいしさを増す
  • 寒天やくず粉・タピオカ粉でトロミをつけて食べやすくする
  • 好きなおやつやフードをトッピングして興味をそそる
  • フードを山の形にして食べやすくする

 

これが猫が食欲をそそられる方法です。まずは「口にしてもらう」ことが大切です。興味を持ってもらうように工夫して、愛情たっぷりの手作りフードを食べてもらいましょう。

市販のドライフード+手作りふりかけなら簡単で取り入れやすい!

どうしても1食丸ごと手作りキャットフードを食べてくれない時は、市販のドライフードに「手作りふりかけ」をトッピングしてみるのも1つの手です。徐々に「手作り」に慣れていってもらいましょう。

獣医師である桑原久美子さんが紹介する、おすすめのふりかけを1つ紹介します。

●用意するもの●

新鮮なササミ1本


●作り方●

① ササミを麺棒なので軽く叩いて厚さ5mmほどにする。
② オーブンで150℃で約30分ほど焼いてカリカリにする。
③ 食べやすい大きさになるまでミキサーで細かくする。

出典:正しいネコごはん 愛のQ&Aブック

これでおしまい♪簡単で、おいしいヘルシーな手作りふりかけの完成です。

手作りフードにこだわりたいけど、毎日仕事や家事に大変で1食作るのが難しい場合にも手作りふりかけは便利ですよ。

 

市販のキャットフードに不安がある方のために、猫の健康を考えたおすすめの市販キャットフードを紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

手作りキャットフードで栄養も愛情もたっぷりあげよう

キャットフードを飼い主さん自身が作れるようになったら、安心して愛猫にあげることができます。

●手作りキャットフードまとめ●
  • 1から作ることで安心して食べさせることができる。
  • 好きな食材・調理法・大きさを知ることが大事。
  • 猫に必要な栄養素を考えて食材選びをする。
  • 猫の体に悪いものは絶対に入れない。
  • 簡単なレシピで慣れたら手の込んだレシピで栄養コントロールをする。
  • 食べてくれない時は【工夫】して食べてもらう。

愛猫にあげるフードの栄養面や安全面もとても大事ですが手作りとしてあげる【愛情】が手作りキャットフードの最大のメリットです。

愛猫が喜ぶ姿を想像して作る飼い主さんの愛は、愛猫にも必ず伝わるはず

手作りキャットフードを通して愛猫とのをさらに深めましょう(^^)

pexels-photo-1307919

おすすめの記事