猫ちゃんのキャットフードを選ぶ時は、グレインフリーであることは大切なポイントです。

しかし、どうして猫にはグレインフリーキャットフードが良いのでしょうか?

 

ここでは、

グレインフリーが猫にいらない理由や、

グレインフリーのキャットフードに切り替える方法について紹介します!

 

おすすめのグレインフリーキャットフードランキングも紹介していくので、

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

猫ちゃんの健康のために、しっかりキャットフードを選んでいきましょう★

グレインフリーキャットフードが猫におすすめな理由

キャットフードにはなぜ、グレインフリーがいいのでしょうか?

その理由についてみていきましょう。

グレインフリーは猫に不必要!?

麦_畑

キャットフードでは、よくグレインフリーを推している商品が見られます。

”グレインフリー=穀物が入っていない”…という意味です。

 

グレインフリーを猫におすすめする理由は、

穀物は猫の体の消化にあまり向いていない食材だからです。

元々、猫は肉食の動物なので、穀物をあまり食べることがありません。

そのため、猫の体は肉の消化が早く、栄養も吸収しやすいですが、

穀物は消化しにくくエネルギーになりにくい体になっています。

猫によっては消化不良を起こす場合もあるので注意が必要です。

 

また、売られているキャットフードのほとんどは、量を多くかさ増しするために、

とうもろこしや小麦を配合しコストを下げているとも言われています。

それでは栄養がしっかり取れないので、猫にとって良い食事ではないのです。

 

その他に、穀物アレルギーを持っている猫もいると言われており、

穀物を食べることで健康に影響が出ることもあります。

アレルギー体質じゃなかった猫も、穀物を摂取し続けることで

アレルギーも発症しやすくなると言われているので注意が必要です。

 

このように、穀物は猫にとってあまり良い食材とは言えないため

猫のキャットフードを選ぶ時は、グレインフリー商品を選ぶことが大切です。

グレインフリーキャットフードに切り替えるタイミング

猫_食事

キャットフードを新しい商品に切り替える際は、少量から始めることをおすすめします。

 

急にキャットフードを切り替えると、

猫の体に合わないこともあり、下痢などの体調不良が起きる場合があります。

健康のために変えたのに、猫の体調が悪くなってしまうのは悲しいですよね。

 

そのため、切り替える際は、普段のキャットフードに少量ずつ混ぜながら慣らしていきましょう。

始めは1割~2割、次は3~4割と割合を少しずつ増やしていきます。

猫の体調が特にいつもと変わらなければ、新しいキャットフードに切り替えて下さい。

 

もし、体調を崩すようなことがあれば、キャットフードが合っていない場合もあるので

しっかり猫ちゃんの様子を観察して、キャットフードの種類を考えていきましょう。

グレインフリーキャットフードの選び方

キャットフードを選ぶ時は、グレインフリーの他にも注目するポイントがあるので紹介していきます。

ポイント①高タンパク質・高脂質

鶏肉_生

猫にとって最も重要な栄養素は、タンパク質です。

タンパク質は消化にもよく、猫が活発に動くためのエネルギーの源となるので、

しっかり与える必要があります。

 

また、タンパク質をたっぷり与えることで、

脂質も摂取することが出来、空腹感を抑制出来ます。

 

食べすぎることがなくなり、肥満防止にもつながるので、

タンパク質が豊富なキャットフードを選びましょう!

ポイント②低GI

やじるし_上向き

キャットフードを選ぶ際には、低GIの商品か?も、注目してみて下さい。

 

GI値は、食べ物が糖に変換される時の数値であり、

数値が高くなると、血糖値の上昇が急激に上がりやすく、

脂肪になりやすくなります。

逆に数値が低いと糖に変換されるのに時間がかかるので、脂肪になりにくいので、

猫の肥満や健康に最適なキャットフードを選ぶことが出来ます。

 

また、穀物は血糖値が上がりやすいので、

なるべくグレインフリーの商品を選びましょう。

 

パッケージや商品HPに”低GI”と記載されていることがあるので、

チェックしてみて下さいね。

ポイント③無添加

畑

添加物は、猫の健康にとってよくありません。

摂りすぎてしまうと、病気のリスクも高まります。

・アレルギー症状
・肥満
・尿路結石
・ガン
・腎不全 …など

添加物が合わない猫ちゃんだと、すぐに体調不良を起こすこともあるので注意が必要です。

なるべく、着色料や保存料などの添加物が入っていないキャットフードを選び、

猫ちゃんの健康を守っていきましょう。

グレインフリーキャットフードのおすすめランキング

ここでは、グレインフリーキャットフードのおすすめランキングを紹介します。

オリジン レジオナルレッド キャット
オリジンキャットフード
国際的に認められた!猫の理想食事オリジンキャットフード★
初回限定価格 -
通常価格 6,300円(税抜)
内容量 1.8kg
1日あたりコスパ
210円
原材料の9割に肉原材料を使用しているオリジンキャットフード。
価格は他の商品と比べると少々高いですが、クオリティはピカイチ!
栄養バランスが良く、高タンパク質で、猫ちゃんの健康をサポートします。
素材は新鮮な肉を使用し、栄養豊富な乾燥肉類をバランスよく配合しているのも、ポイントです。
また、猫の肥満予防にも期待出来る低GI。ポテトやタピオカも使用しておらず、もちろんグレインフリーです。
さらに、オメガ脂肪酸(DHA・EPA)も豊富に含まれており、まさに理想のキャットフードと言えるでしょう!
アカナ
アカナ
多くの賞を受賞!こだわりぬいた話題のアカナキャットフード
初回限定価格 -
通常価格 5,800円
内容量 1.8kg
1日あたりコスパ
(通常価格)
193円
アカナキャットフードも、グレインフリー、高タンパク、低GIを満たしているおすすめキャットフードです。
低GIなので、肥満の猫ちゃんにもピッタリ!
アカナは自社キッチンで製造しているので、いつでも新鮮な食材から商品作りをすることが出来ます。
オールステージOKで全ての猫ちゃんに愛されるキャットフードです☆
ジャガー
ジャガーのパッケージ
丁寧なフード作りが嬉しい!質の高いジャガーキャットフード
初回限定価格 3,960円(税抜)
通常価格 3,564円(税抜)
内容量 1.5kg
1日あたりコスパ
(通常価格)
132円
ペット業界で有名なクリスチャン・デグナーさんが生産しているジャガーキャットフード。
品質の高い商品作りを目指し、丁寧なフード作りをこころがけています。
グレインフリーであることはもちろんですが、タンパク質も40%とたっぷりはいっているのも特徴です。
添加物も使用せず自然な食材で作りあげているので、猫ちゃんも安心。
コスパも良いので継続しやすいのも嬉しいポイントです!
カナガン
カナガン
栄養バランスバッチリ!タンパク質豊富なカナガンキャットフード
初回限定価格 3,960円
通常価格 3,564円
内容量 1.5kg
1日あたりコスパ
(通常価格)
132円
猫ちゃんの栄養バランスをしっかり考えたカナガンキャットフード。
カナガンキャットフードはなんと言っても、美味しさがポイントとなっています!
全ての猫ちゃんに対応しているので、子猫からシニアまでOKです。
タンパク質も原材料の80%が動物性タンパク質を使用しており、肉食の猫ちゃんにとっては嬉しいキャットフード♪
無添加、グレインフリーで文句なしのキャットフードです!
モグニャン
モグニャン
ドライフードなのに美味しい♪厳選素材で健康をサポート!
初回限定価格 3,960円
通常価格 3,564円
内容量 1.5kg
1日あたりコスパ
(通常価格)
132円
見た目のパッケージの可愛さが目をひく、モグニャンキャットフード。
もちろん高タンパクでグレインフリーです!
モグニャンの特徴は、白身魚をたっぷり使用していること。低脂質なので、ダイエット中の猫ちゃんにおすすめなところ。
サツマイモも配合されているから腹持ちが良いのでご安心を♪
90%以上の飼い主が継続したい!と回答した注目のキャットフードです!

 

グレインフリーキャットフードランキングの紹介でした。

 

商品によってそれぞれ特徴があるので、

猫ちゃんに合わせて選んでみて下さいね!

 

次は、商品を表で比較していきます。

グレインフリーキャットフードランキングを表で比較

グレインフリーキャットフードランキングを表で比較していきます。

1位
オリジン
2位
アカナ
3位
ジャガー
4位
カナガン
5位
モグニャン
オリジンキャットフード アカナ ジャガーのパッケージ カナガンキャットフードのパッケージ モグニャンのパッケージ
1ヶ月あたりの費用:通常価格(税抜)
6,300円 5,800円 3,960円 3,960円 3,960円
グレインフリー
タンパク質量
42% 37% 40% 33% 30%
低GI
無添加
購入はこちら

オリジンキャットフードの与え方

オリジンキャットフードの与え方について紹介していきます。

給餌量の目安

オリジンキャットフードの1日に与える量について紹介していきます。

体重 1日に与える量(g)
体重維持 体重減量 高齢猫
2kg 38g - 29g
3kg 57g - 38g
4kg 57g - 43g
5kg 76g 57g 57g
6kg 86g 57g 71g
8kg 100g 76g 86g
10kg 114g 86g 114g

参考元:https://www.appledog.jp/orijen/orijenfood/orijen_cat.html

 

オリジンキャットフードの、1日に与える量の目安です。

現在の体重や年齢によっても変わってくるので、食事を与える時は確認して下さいね。

給餌のポイント

猫のお皿_キャットフード

★1日、2回に分けて与えることをおすすめします。

★食事中は、いつでも新鮮な水が飲めるようにボウルに入れておいて下さい。

★時間帯をしっかり決めて、食事の時間を管理して肥満防止につなげましょう!

オリジンキャットフードをおすすめしたい猫

オリジンキャットフードはこんな猫ちゃんにおすすめです。

猫_正面

 

✓タンパク質をたっぷり摂りたい

✓満足感の得られる食事を与えたい

✓猫の体に負担になる原材料が入っていないと嬉しい

✓体重管理もサポートしてくれるキャットフードが良い

✓食いつきの良いキャットフードが欲しい

✓いつまでも元気で健康でいて欲しい

 

一つでも✓がついた方は、オリジンキャットフードをおすすめします★

オリジンキャットフードのインスタグラムでの評判

オリジンキャットフードの評判をインスタグラムで調べてみました。

 

View this post on Instagram

【カリカリ事情】 #オリジン のキャット&キトゥンのお試しサイズを購入してみました〜😀 つい気になって猫フードについてネット検索したり猫飼いさんのブログを読み漁ってしまいます_(:D」┌)_ これまでのカリカリは #ロイヤルカナン キトン用 → #ニュートロワイルドレシピ キトン用→ いまのオリジン に至ります。 ワイルドレシピは食いつきや便の状態は悪くなかったのですが、ビートパルプが入っているのがなんとなく気になって切り替えることに…。 オリジンと同じ会社から出ている #アカナ と迷いましたが、オリジンの方が高タンパクだったので子猫のうちはこちらがいいかなーと。 キブルのサイズはこれまでの中で一番大きいですが、まるちゃんは問題なくモリモリ食べてくれます。食いつきも🙆‍♀️! オリジンはちょっとお高いのと、なかなか店舗では売っていないのが難点ですが、楽天などでポイント貯めつつ購入してこうと思います💸 飼い主の食費節約にも力が入ります\(^-^)/ . #オリジンキャットフード #キャットフードジプシー #origencat #カリカリ #キャットフード #子猫用 #キジトラ #キジトラ子猫 #キジトラ部 #子猫 #保護猫 #猫のいる暮らし #保護猫と暮らす #ねこ #ねこすたぐらむ #catstagram #ねこ #にゃんすたぐらむ #みんねこ #にゃんだふるらいふ#cats_of_instagram #vsco #vscocam

marukoさん(@maruko__1028)がシェアした投稿 -

View this post on Instagram

今年最後のたまさんが届きました☺️ メイシーがどんどん大きくなってきているため、 アビーと違うご飯を試してみる事に😩 食べても食べてももっと食べたいメイシーなのです😩 ・ メイシー、これまでの対策: 🔸がっつき防止のお皿に変えた 🔸ご飯直後に「足りないですけど!」とわめくので レタスや茹でたブロッコリーなど野菜をプラス。 野菜にはアビーは全く興味を示さない、 🔸カリカリの半分をお湯でふやかし、かさまし。 これがまたメイシーとても気に入った。 あとの半分は、固いまま一緒に。 🔸自分のを食べ終わるとアビーのを食べに行こうとするので 人間が見張っている 🔸自分のが残っているのにアビーのを食べに行こうとするので 人間が見張っている ・ 置きご飯が全く出来ません😣 ・ #食欲旺盛な猫 #たまのおねだり #オリジンキャットフード

Yuki-h.😺😺🐾さん(@yuxberry)がシェアした投稿 -

インスタグラムを調べてみると…

オリジンキャットフードを猫ちゃんに与えている投稿を確認出来ました!

 

可愛い猫ちゃんがいっぱいで癒やされる~~(ΦωΦ)

猫ちゃんも美味しいごはんに満足そうでしたよ♪

 

気になった方は、ぜひオリジンキャットフードを試してみて下さいね。

あわせておすすめしたい商品

グレインフリーキャットフードとあわせておすすめしたい商品はコチラです。

 

グレインフリーのおやつ♥

ウェルネス_猫_おやつ

 

 

ウェルネス_ピンク_猫_おやつ

 

 

猫ちゃんもおやつが欲しい!

そんな時におすすめなのが、グレインフリーのおやつです。

食事同様に、おやつも良いものをチョイスしてあげましょう!

種類もあるので、猫ちゃんのお気に入りをみつけてあげて下さいね♪

この記事のまとめ

猫_振り返る

まとめ
☆穀物は猫にとって消化の悪い食物なので、
 グレインフリーキャットフードがオススメ!
☆グレインフリー以外の選ぶポイントは、
 タンパク質豊富・低GI・無添加なキャットフードを選ぶ
☆キャットフードを替える時は、少しづつ慣らしていくこと

キャットフードは、

グレインフリーの他にも、低GIや無添加にポイントをおいて選んでみましょう。

猫に良い食事を与えることが出来、健康をサポートすることが出来ますよ。

 

いつまでも猫ちゃんが健康にいられるように、

安全なキャットフードを選んであげて下さいね♪

おすすめの記事