go!(ゴー) キャットフードはカナダのペットキュリアン社が製造しているキャットフードの一つです。

猫の魅力の一つである、しなやかな体作りができると評判のキャットフードです。

さらにグレインフリーで無添加なので、安心して与えることができます。

そのため口コミの評判もすこぶるいいのだとか。

その評判は本当なのでしょうか?原材料や栄養バランスなど飼い主さんが気になることをとことん調べてみました。

まずはgo!(ゴー)キャットフードの評価内容からチェックしましょう。

 

評価内容

安全性
グレインフリー
無添加
コスパ(1日あたり152円)
フンの臭い改善
対応ライフステージ 子猫・成猫・老猫
総合ランク C
総合点数 60点
go!(ゴー) キャットフードについて
チキンミールを使用しているため安全面で★1つとなりました。またコスパでは1ヶ月あたりおよそ7,000円かかるのでこちらも★1つです。その結果、総合ランクはCとなりました。ただ、グレインフリー(穀物不使用)なので、食物アレルギーの猫にも安心して与えられること、合成酸化剤や人工添加物不使用なところは評価したいです。

go!(ゴー) キャットフードの原材料・安全性を徹底分析!

 

ゴーのチキンターキー+ダックキャット

好ましい原材料をオレンジで、好ましくない原材料を青で表記しています。

原材料一覧
チキンミールチキン生肉ターキー生肉ダックミール、ターキーミール、サーモンミール、トラウト生肉、鶏脂肪(ミックストコフェロールで酸化防止)、天然香料(フィッシュ由来)、エンドウ豆、ポテト、乾燥全卵、ポテト粉、タピオカ、サーモン生肉、ダック生肉、サーモン油、カボチャ、リンゴ、ニンジン、バナナ、ブルーベリー、クランベリー、レンズ豆、ブロッコリー、ホウレン草、カッテージチーズ、アルファルファ、スイートポテト、ブラックベリー、パパイヤ、パインアップル、乾燥チコリ根、乾燥ローズマリー、リン酸、塩化ナトリウム、塩化カリウム、DL-メチオニン、タウリン、塩化コリン、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵生成物、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵生成物、乾燥アスペルギルス・ニガー発酵生成物、乾燥アスペルギルス・オリザエ発酵生成物、ビタミン類(ビタミンAサプリメント、ビタミンD3サプリメント、ビタミンEサプリメント、ナイアシン、イノシトール、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、硝酸チアミン、d-パントテン酸カルシウム、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、β-カロテン、葉酸、ビオチン、ビタミンB12サプリメント)、ミネラル類(タンパク質キレート亜鉛、タンパク質キレート鉄、タンパク質キレート銅、酸化亜鉛、タンパク質キレートマンガン、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム、硫酸第一鉄、酸化マンガン、亜セレン酸ナトリウム)、ユッカシジゲラ抽出物、イースト抽出物
成分一覧
粗タンパク質……46%
粗脂肪……18%
粗繊維……1.5%
水分……10%
粗灰分……9.0%以下
マグネシウム……0.09%以下
タウリン……2,050mg/kg以下
オメガ6脂肪酸……3.1%以上
オメガ3脂肪酸……0.3%以上
代謝エネルギー……4,298kcal/kg

go!(ゴー) キャットフードの原材料の品質について

チキン生肉、ターキー生肉
動物性たんぱく質の源であるチキンやターキーは猫が健康で活発な毎日を送る際に必要です。嗜好性が高く、食い付きが良いところも高ポイントでしょう。日々の健康サポートに欠かせません。
クランベリー
尿をアルカリから酸性に変えたり、コントロールしたりできるのがクランベリーのメリットです。高齢猫に多い尿路結石の予防に役立ちますよ。
安全性が低い原材料
チキンミール
主原料はチキンミールですが公式サイトでは副産物(死んだ動物の肉や内臓)は一切使用していないと公表しています。また羽やくちばしではなく栄養分の多い肉のみを使っているので、猫の健康に悪影響を及ぼす心配はないでしょう。しかし、主原料がチキン生肉やターキー生肉だったらなおよかったので、ミールを使っている時点でマイナスポイントですね。

go!(ゴー)キャットフードのコスパは良い?

給与量が52gの場合、1日あたりの価格はこのようになります。

  • 1日あたり152円(税抜)
  • 1ヶ月あたり4,560円(税抜)

キャットフードにかけるお金はおよそ4,000円代なので、許容範囲ですね♪ただ、多頭飼いだと1日151円は高いかもしれません。

go!(ゴー)キャットフードでフンの臭いが改善される?

猫のフンが臭くなる原因の穀物や添加物はフリーなので、便が強烈に臭うことはありません。もしフンの臭いが気になるなら、食べさせてみましょう。

go!(ゴー)キャットフードの食い付きはどうなの?

 

go!(ゴー)キャットフードは無添加でグレインフリーなので、普段から食べなれているキャットフードに人工調味料や添加物が含まれていると、食べない可能性があります。

go!(ゴー)キャットフードに切り替える場合は、今あげているフードに少しずつ混ぜながら行なうようにしてください。

 

go!(ゴー)キャットフードの悪い口コミ・評判

コンセプトにこだわって作られていますが、悪い口コミも寄せられています。

肉のにおいが好きじゃない?

ちょっと太り気味になってきて、毛もぼさぼさしてきたからタンパク質多めのキャットフードが良いかなと思ってgo!(ゴー)にすることにしました。
だけどあげても最中に飽きちゃうみたい~(;^ω^)いつものトウモロコシたっぷりのキャットフードには食いつくので、もしかしたら肉のにおいが好きじゃない?
一応まったく食べないわけじゃないし、ダイエットもしてるから、慣れるまであげてみます~。
使用期間1週間 Keiさん
ウンチが少ないから心配

猫にはたんぱく質が多いキャットフードをあげた方が良いのだ、と聞きました。go!(ゴー)はいろいろ探してたらパッケージが可愛かったので。
最初はびっくりしていたんだけど、今は食べています~。
だけどちょっと心配なのがウンチの量。いつもは1日に2回はしていたのに、2日に1回に減ったんです。
色も黒いから、なんか心配…。何度も切り替えるのは体にも負担だからもう少し続けますが…。
使用期間1ヶ月 有紗さん
食べてくれない・・・

グレインフリーで無添加のところに惹かれましたが、全く食べてくれません。普段から人工調味料や添加物たっぷりのフードにしていたからでしょうか?高かったので食べてくれないと困ります・・・。
使用期間2週間 ありんこさん

go!(ゴー)の良い口コミ・評判

たんぱく質の配合量を重視したい方、太りにくい体を作りたい方にgo!は注目されているので口コミでも話題です。

たんぱく質の量がいいですね!

キャットフードの成分っていつも気になってたんだけど、炭水化物の量が30%くらいで多いですよね。
go!(ゴー)はプレミアムキャットフードの中でもたんぱく質の量が多いし、納得できる値段だからウチの猫にあげようと決めました。
毛並みもフワフワツヤツヤになったし、これなら長くあげられると安心しています。
使用期間3ヶ月 Hiroyukiさん
体が強くなりました

男の子だからか、いつも風邪ひいて体も細いし、心配していました。
動物性のたんぱく質が体を強くするし、体重も太らせ過ぎないのではないか、と思って配合量が多いgo!(ゴー)にしたんです。
与えてみて半年経ちましたが、くしゃみに悩むことがなくなりましたね。筋肉質になってきたし、やっぱり体ってたんぱく質で作られてるんだな~と実感しました。
使用期間6ヶ月 ゆりいかさん
よく食べてくれます

今までグレインフリーじゃないキャットフードしか与えたことなかったので食べてくれるか不安でしたが、心配して損をしたほど、よく食べてくれます^^フードにしては高いですが、飼い猫の健康のために買い続けます!
使用期間3ヶ月 さつまいもさん

go!(ゴー)キャットフードの口コミ・評判まとめ

悪い口コミでは、食い付きが悪かったり便秘がちになってしまったなどが指摘されていました。

一方、良い口コミでは、毛並みがよくなったり、体質改善ができたりなど、良い事づくめでした。

やはり高いキャットフードだけありますね!それでは、go!(ゴー)キャットフードのメリット・デメリットをみていきましょう。

 

go!(ゴー)のメリット・デメリット

ペンと採点表

 

◆メリット

健康に役立つ成分がたくさん入っている

タンパク質量の多さはさることながら、タウリン、DHAとEPA、抗酸化作用や整腸作用のある発酵物など様々な機能性成分が配合されています。

そのため、体はもちろん目の健康や脳の健康にも効果的といえます。

サイズがたくさんある

サイズが454g、1.8kg、3.63kg、7.25kgと展開されているので、多頭飼いの人も活用できます。

大きなサイズだと下の方の粒が粉々になってしまい、猫が食べないという人は小さなサイズを選ぶことができるのが便利です。

◆デメリット

ミールが使われている

副産物が使われていない、素性がはっきりした肉が使われているとはいえ、やはりミールはマイナス要素です。

含まれる肉が多種類

多種類の肉が含まれると、もしアレルギー反応が起きた時に何が原因か分からなくなります。

go!(ゴー)の価格!最安値は公式・Amazon・楽天市場?

財布と虫眼鏡

go!(ゴー)キャットフードを店頭で見かけた方もいるかと思います。
でも通販だともっと購入しやすいですよね。

通販サイトでも取り扱いがあるので、公式サイトと価格を比べてみましょう。

今回も「GRAIN FREE チキンターキー+ダックキャット」を調べてみることにしました。購入時の参考にしてください。

 

公式サイト Amazon 楽天市場
公式サイトor商品パッケージの画像を入れる Amazontop rakutentop
初回価格
定期価格
通常価格

454g 1,404円
1.81kg 5,292円
3.63kg 7,236円
7.25kg 12,420円

454g 1,404円
1.81kg 5,292円
3.63kg 7,236円
7.25kg 12,420円

454g 1,404円
1.81kg 5,292円
3.63kg 7,236円
7.25kg 12,420円

送料

初回3,240円以上送料無料

通常配送無料、配送料有料の出品あり 店舗により異なる

 

go!(ゴー)キャットフードのキャットフード全種類の特徴

 

商品名 特徴
ポラック キャット MSC認証を受けたアラスカ産のタラを使用。タンパク質多め。
チキンターキー+ダックキャット 高品質な鶏肉を使用。果物、野菜、オメガオイル使用。
ダック キャット 高品質な鴨肉を使用。動物性たんぱく質多め。グレインフリー、ポテトフリー。

そしてこちらがウェットタイプ(缶詰)の「アクティウェット」です。

商品名 特徴
ダックパテキャット缶 高品質な鴨肉使用。果物、野菜入り。
トラウト+サーモンパテキャット缶 高品質な魚を使用。果物、野菜、オメガオイル入り。
チキンシチューキャット缶 高品質な鶏肉、果物、野菜を使用。オメガオイル入り。
サーモンパテキャット缶 高品質なサーモン、果物、野菜を使用。オメガオイル入り。
ターキーパテキャット缶 高品質な七面鳥肉使用。果物、野菜、オメガオイル入り。

 

go!(ゴー)キャットフードのよくある質問

go!にはどんなタイプがありますか?
FIT+FREEは健康的な体型を目指すために作られています。
SENSITIVITY+SHINEはアレルギーがある猫のために作られたポテト、穀物・グルテン不使用のシリーズ。
DAILY DEFENCEはウェットフードで、抗酸化作用があるフルーツやオメガオイルが配合されたシリーズです。
go!はグルテンフリーではありますが、グレインフリーではないんですか?
大麦や小麦は使われていませんが、グレインフリーとは明記されていません。
結石ができてしまったんですが、与えても大丈夫でしょうか。
go!は療法食ではないので、医師の指導のもと療法食を選択した方が良いです。go!の中で何を選べば良いか分からない場合は問合せフォームから質問することができます。

go!(ゴー)キャットフードの基本情報

 

go!(ゴー)キャットフードの基本情報

キャットフードの種類 ドライフード
対応猫種 成猫
内容量 454g、1.81kg、3.63kg、7.25kg
初回価格 -
定期価格 -
通常価格

454g 1,404円
1.81kg 5,292円
3.63kg 7,236円
7.25kg 12,420円

※公式サイト参照

原産国 カナダ
保存方法

直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しいところに保管してください。

開封後は、開封口を必ず閉じてください。

なるべく早く使い切ってください。また、虫が入らないように、しっかり密封しましょう。

販売会社 グローバル ペット ニュートリション株式会社
https://petcurean.jp/privacy-policy/

go!(ゴー) まとめ

go!のトップ画像

~記事のまとめ~

  • グレインフリーだからアレルギー持ちの猫も安心して食べられる!
  • 無添加なので猫の健康をサポートできる!
  • 猫に必要なたんぱく質を摂取できる!

今回はグレインフリーで無添加が売りのgo!(ゴー)キャットフードについて紹介しました。

原材料に力を入れているので価格は高いですが、猫ちゃんの健康を考えるなら与えてみてもいいでしょう。

go!(ゴー)キャットフードであなたの猫が健康で居続けられることを祈っています。

 

おすすめの記事