キャットフードの基本情報

チキンミールやミートミールは本当に危険!?安全性の高いキャットフードを確認するポイントを大公開

チキンミールやミートミールが良くないって聞いたことあるけど、何でだろう?

どうやったら安全なキャットフードがわかるのかな?

とキャットフードの品質や安全性に疑問を持っている方も多いと思います。

安全性の高いキャットフードを知るためには、原材料を詳しくチェックすることが大切です。

そこで今回は、チキンミールやミートミールの危険性や安全の高いキャットフードの選び方について紹介したいと思います。

愛猫に1日でも元気に過ごしてもらうために、チキンミールやミートミールについて正しく理解して、安全なキャットフードを選んであげてくださいね。

キャットフードの安全性はチキンミールとミートミールでわかる!

neko-hito

愛猫の健康を考えるため「安全性」を重視したキャットフード選びが必要

そもそもなぜ「安全性」と「品質」にこだわる必要があるのでしょうか?

それは猫ちゃんの健康に悪い影響を与える物質が含まれないようにするためです。

かつてはペットフードの安全に対する意識が低かったため、ペットの健康被害が度々報告されていました。

そこで現在では、ペットフード安全法が作られ、国の指示の元、「独立行政法人 農林水産消費安全技術センター(FAMIC)」による、製造メーカーの立入検査や原材料チェックが行われています。

不衛生な製造を行ってカビが発生していないか、カビを抑えるために規定以上の保存料を使っていないかなど、猫ちゃんに悪影響を与える物質が含まれていないか確認しているのです。

猫ちゃんに健康でいてもらうためにも、飼い主さんも「安全性」と「品質」にこだわってキャットフードを選んでくださいね。

「チキンミール」「ミートミール」には要注意

キャットフードの安全性と品質を確認するうえで重要なのは、「チキンミール」と「ミートミール」の表示を理解することです。

なぜなら、チキンミールとミートミールは、目的や収集元によって使われている部位が異なるからです。

安全なキャットフードかどうか知るためには、使われているチキンミールとミートミールが安全なものなのかどうか判断できる知識が必要なのです。

キャットフードを購入する際は原材料を要チェック

キャットフードを購入する時、原材料を詳しくチェックしていますか?

原材料の表示では、どんな原料が使われているのか、またどの原料がどれだけ入っているのか確認することができるので、品質と安全性を知るためにはとても重要です。

店頭で購入する時はパッケージ欄を、ネットで購入する時は公式HPなどを確認しましょう。

キャットフードが安全なものかどうか判断するためには、チキンミールやミートミールをはじめとした原材料を詳しくチェックすることが大切なんですよ。

チキンミールとミートミールを理解しよう

では、いよいよチキンミールとミートミールとは一体何なのか詳しく説明していこうと思います。

チキンミールとミートミールがキャットフードに使われている理由や危険性についても紹介しますね。

ミールとはなにか?

chikin

そもそもミールとは一体何なのでしょうか?

チキンミールやミートミールのミールとは、粉状にしたものを指しています。

◯◯ミールと表記されているのは、様々な原材料に対して粉状にしているということです。

ミートミール

ペットフードの栄養基準やラベル表示などを定めている米国飼料検査官協会(AAFCO)によると、ミートミールの定義として、

Meat Meal: rendered product from mammal tissues, exclusive of any added blood, hair, hoof, horn, hide trimmings, manure, stomach and rumen contents except in such amounts as may occur unavoidably in good processing practices.
(Googleでの翻訳▶肉粉:追加の血液、髪の毛、蹄、角、皮革のトリミング、肥料、胃およびルーメンの内容物を除く、哺乳類の組織からのレンダリングされた製品。ただし、適切な加工方法では避けられない場合があります。)

となっています。

ここでいうレンダリングとは高温または高圧で、水分をとばし脂肪を取り除いてできたものという意味です。

ミートミールとは、血液、髪、蹄、角、皮、肥料、胃および第一胃の内容物を除いた部位を脂を抜いて粉状にしたものということです。

チキンミール

AAFCOでは家禽(鶏を含む家畜の鳥類)については、下記のように明記しています。

Poultry: the clean combination of flesh and skin with or without accompanying bone, derived from the parts or whole carcasses of poultry or a combination thereof, exclusive of feathers, heads, feet and entrails. It shall be suitable for use in animal food.
(Googleでの翻訳▶家禽:羽毛、頭、足、および内臓を除く、家禽の一部または全体の死体またはその組み合わせから得られる、付随する骨の有無にかかわらず、肌と肌のきれいな組み合わせ。それは動物向け食品での使用に適しています。)

つまり、チキンミールとは、鶏の羽、頭、脚、内蔵を除いた部位(骨が含まれている場合もある)を粉末状にしたものということです。

チキンミールやミートミールは、具体的にどこの部分が使われているのかわからないのです。

チキンミールとミートミールが使われる理由

track

なぜチキンミールとミートミールをキャットフードに使われるのかというと、理由は3つあります。

1つ目は、チキンミールとミートミールは、重さあたりの栄養価が高いからです。

脂肪を抜いているため、重さに対してのタンパク質やカルシウムの量が多くなるのです。

2つ目は、粉末状にすることで運びやすくなるからです。

水分を含んでいないため、傷みにくいことも特徴の1つです。

3つ目は、加工しやすいからです。

粉末状になっているので、他の原材料と混ぜやすいのです。

チキンミールとミートミールの危険性は?

cow

メリットもあるチキンミールとミートミールですが、危険だと言われる理由には製造過程が挙げられます。

チキンミールとミートミールを作るうえでの過程については、各メーカーに判断を任されている部分もあるからです。

どこでどんなものが加えられているのかがわからないのです。

具体的に予想されるケースを見ていきましょう。

危険ケース1:4Dミートと呼ばれる危険な肉

4Dミートとは、4つの英語の頭文字から来ています。

Dead 死んだ動物の肉
Dying 死にかけている動物の肉
Disabled 何らかの障害を持っている動物の肉
Diseased 病気を持っている動物の肉

4Dミートは、人間の食用として使うことはできません。

そのため、ペットフードのチキンミールやミートミールに使用されている可能性があります。

4Dミートは腐敗が進みやすいので、腐敗を防止するための薬剤を使っていたり、病気の動物であれば治療として大量に薬を投与していたりしていることもあるでしょう。

キャットフードを含むペットフードには、はっきりとした薬剤の使用基準がないため、発がん性のあるものや猫ちゃんの臓器に悪影響を与えるものが含まれていることも考えられるのです。

危険ケース2:肉以外の副産物も含まれる

チキンミールやミートミールの原料には、人間が食べる部分をすべて切り取った骨などの副産物が使われているので、肉本来の味や匂いは期待できません。

猫ちゃんは匂いで食べ物と認識していることが多いので、人工的な添加物でキャットフードの匂いや食いつきを良くしようとしていることもあります。

人工的な添加物は、長い時間にわたって体内に蓄積されることで、猫ちゃんの健康に被害をもたらす可能性があるのです。

また、肉の風味をアップさせるためにたくさんの動物性油脂が含まれているキャットフードもあります。

動物性油脂は、摂取しすぎると胃腸や肝臓への悪影響を与えてしまう可能性があるのです。

このように、チキンミールとミートミールは、製造の段階で何が含まれているかわからないので、安全性が低いといえるのです。

キャットフードの品質や安全性の基準

上記では、キャットフードを含むペットフードに、薬剤や添加物などが使用されている可能性を書いてきましたが、ここでは、日本や海外の品質や安全性の基準について紹介したいと思います。

日本のペットフード安全法の基準

houritu

日本のペットフード安全法は、2008(平成20)年に公布されたペットフードの製造などに関する規制を行い、ペットの健康を保護する法律です。

基準に合わない、有害な物質が入っているペットフードの製造禁止や製造業者の届け出などが定められています。

海外からの輸入品もこの法律が適用され、基準に満たないペットフードは、販売することはできません。

ペットフードの製造基準

ペットフード安全法によるとキャットフードを含むペットフードの製造基準は次のように決められています。

  • 有害な物質や病原微生物に汚染された原材料を使用してはいけない
  • ペットフードを加熱、乾燥するときは微生物を除去するように製造する

日本で製造されているキャットフードは、有害物質や病原菌に対しての安全性が高いといえます。

もちろん、輸入品に対しても同じ基準なので、基準に満たないものは販売できません。

ミール使用の基準は日本よりも海外の方が高い?

kaigai

日本のペットフード安全法は、有害物質や病原気についての安全性は高いですが、チキンミールやミートミールについての厳しい基準はありません。

そのため、日本で作られたキャットフードは、どの部位を使用しているかなどが曖昧です。

AAFCOのチキンミールの定義では、羽、頭、脚、内蔵を除いた部位とありますが、国産のフードでは、羽や脚が含まれている可能性があるのです。

一方、海外ではAAFCOの基準を取り入れた国が何カ国かあり、ペットの法整備が進んでいる国があります。

代表的なのは、アメリカやドイツなどです。イギリスはAAFCOの基準を取り入れたFEDIAF(ヨーロッパペットフード工業会連合)によって、基準が定められています。

しかし、AAFCOはあくまで基準であり、違反しても罰せられる法律がない国もありますので、注意が必要です。

安心して食べられるキャットフードを選ぶ5つのポイント

キャットフードのチキンミールやミートミールには、はっきりとしていない部分が多いことはなんとなくわかっていただけたかと思いますが、

「じゃあ、具体的にはどんなキャットフードを選べば良いの??」

となりますよね。

そこで、安全性と品質から見たキャットフードの選び方について5つのポイントから紹介していきたいと思います。

1.副産物が不使用である

kusuri

キャットフードには肉副産物と記載されているものがあります。

AAFCOの肉副産物についての定義を引用すると

Meat Byproducts: the non-rendered, clean parts, other than meat, derived from slaughtered mammals. It includes, but is not limited to, lungs, spleen, kidneys, brain, livers, blood, bone, partially de-fatted low temperature fatty tissue and stomachs and intestines freed of their contents. It does not include hair, horns, teeth and hoofs.
(Googleでの翻訳▶食肉副産物:食肉処理された哺乳類に由来する、肉以外のレンダリングされていないきれいな部分。それは、肺、脾臓、腎臓、脳、肝臓、血液、骨、部分的に脱脂された低温脂肪組織およびそれらの内容物を取り除いた胃および腸を含むが、これらに限定されない。髪の毛、角、歯、蹄は含まれません。)

で、肉副産物とは、髪、角、歯、蹄を含まない部分を指しています。

消臭や殺菌のために大量の薬剤を使用しているかもしれませんし、4Dミートが入っている可能性もあるので、避けた方が良いです。

公式サイトに「副産物不使用」と書かれているキャットフードを選びましょう。

2.原材料が詳しく明記されている

web

品質や安全性が高いキャットフードは、原材料が詳しく書かれています。

原材料に「チキン」や「サーモン」などと具体的に明記されているキャットフードは、何が使用されているかはっきりわかりやすいので、安全性が高いです。

原材料が詳しく表示されているキャットフードについて書いた記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。

①乾燥チキンや骨抜きチキン生肉を使っているカナガン

カナガンの口コミ・評判まとめ!安全性や品質を総合評価!猫ちゃんにどのキャットフードをあげていますか?また、選ぶ際に気をつけていることはありますか?(・・?) どんなキャットフードでもいくつ...

②白身魚を使っているモグニャン

https://dncgguszs.com/catfood-mognyan/

③骨抜き生サーモンを使っているシンプリー

安全性の高さで選ぶならシンプリー!口コミでも評判のキャットフードをご紹介!猫ちゃんを飼っている人たちにとって、いつまでも猫ちゃんには健康でいてほしいと願うものですよね。 健康でいてもらうためにキャットフードに...

3.自社で一貫して製造・販売している

kouzyou

キャットフードの会社によっては、製造を他社に依頼して、販売のみを行っている所もあります。

製造過程を徹底的に管理・把握できていない可能性が高いので、安全性が低いことが考えられます。

安全に対して責任を負っているという点で、自社で原材料の管理や製造、販売を行っている会社を選んでください。

4.乾燥チキン(乾燥鶏肉)と記載されている

niwatori

乾燥チキンは乾燥した肉部分だけを使用しているため、安全性が高いといえます。

注意してほしいのは、パッケージの表示方法。

会社によっては、乾燥鶏肉という意味でチキンミールと表示しているキャットフードもあります。

鶏肉だけが使用されているのか、製造元の公式サイトをチェックしたり、直接問い合わせてみたりすると良いです。

5.価格が1kg 1,000円以上である

okane

大きな袋に入っていて、価格が安いキャットフードは、さらに原材料を細かく確認する必要があります。

ストを削減するために副産物や4Dミートを使用している可能性が高いからです。

安さにはそれなりの理由があるはずなので、1kg 1,000円以上のキャットフードを選びましょう。

 

以上5つのポイントから安心して食べられるキャットフードの選び方を紹介しました。

安全なキャットフードにはどんなものがあるのか知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

【最新版】安全でおすすめなキャットフードランキングを大公開♪◯◯ミートは要注意!キャットフードの選び方のポイント★猫ちゃんに安全なキャットフードを食べさせてあげたい…!しかし、どのキャットフードが安全で美味しいのかわからない(>人<;) そんな悩め...

キャットフードの品質と安全性は原材料からわかる

neko

これまでの内容をまとめると

  • チキンミールとミートミールは、どの部位を使っているのかわからない
  • 4Dミートや肉副産物は、大量の薬剤が使われている可能性がある
  • 日本のペットフード安全法は、有害物質や病原菌に関する基準があるが、ミールに関する厳しい基準がない
  • キャットフードの原材料を詳しく確認することが高い安全性に繋がる

となります。

チキンミールやミートミールは、重さあたりのタンパク質が高くなりますが、4Dミートなどが使用されている可能性があるので、安全性が低くなってしまいます。

キャットフードの「副産物不使用」や「チキン、サーモン」などの表示を確認して安全が高いかどうかチェックしましょう。

もちろん、猫ちゃんに悪影響を与える可能性があるのは、チキンミールやミートミールだけではありません。

キャットフードの保管に関わる保存料や酸化防止剤にも注意が必要です。

人工的な保存料や酸化防止剤などは、猫ちゃんの病気やアレルギーを引き起こす可能性があるので、キャットフードを選ぶときには気をつけて見てくださいね。

猫ちゃんがいつまでも元気で健康であることを願っています♪