キャットフードを愛猫にあげるとき、ドライウェットで迷ったことはありませんか?
基本的に猫にはカリカリとした形状のドライフードをあげる人が多いですが、なぜあげるのか知っていれば猫の健康にもその知識が役立ちますよ。

毎日欠かさずあげるドライのキャットフードは特に安全性にも気を使いたいものです。
かといって高かったり買いにくかったりすると給餌にも一苦労…。

安心してあげられるキャットフード購入法も調査したので、猫の健康ライフの参考にしてください。

猫にドライフードをあげる理由

箱をもつ猫のイラスト

まずはドライフードとウェットフードの違いをみていきます。その違いを知れば、猫にドライフードをあげるのは飼い主にも猫にも、両方に大きなメリットがあることが分かるでしょう。

ウェットフードの方が食いつきが良い?

ドライフードよりもウェットフードをあげたいと感じる飼い主も少なくありません。それはなぜかというと、フードを準備するときにウェットフードのほうが猫の反応が良いですし、食いつきも良いからです。
ライオンやヒョウなど猫科の動物は草原や森林で野生の動物を狩り、その肉を食べていますが、猫にもこれが受け継がれていると考えられています。ドライフードよりもウェットフードの方が、その肉のにおいや舌触りに近いため食いつきが良いのです。

しかし、ウェットフードには栄養が豊富な総合栄養食ではなく一般食が多く十分な栄養が摂れません。その上1日の給餌量で比べるとウェットよりもドライフードのほうがフードの値段は安いのです。

ドライフードは猫にも飼い主にもメリットが大きい

水分量が少ない、栄養価が高いという特徴がドライのキャットフードにはあります。

そのため、餌をあげて猫が食べ散らかしても汚れないですし、簡単に片づけができて楽です。ウェットだと猫が綺麗に食べきてくれたとしてもすぐに食器を洗わなければ細菌が繁殖してしまいます。

また、ドライフードは重量のあるものを大量に買えば安くなるので、多頭飼いの人にはコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

歯石も溜まりにくく、口臭予防にもなるため健康面でもドライフードが選ばれるのは当然といえます。

そしてドライフードは総合栄養食が多いため、栄養をたっぷり摂ってほしい子猫にも最適という万能なフードなのです。

ドライキャットフードに入っていてほしい栄養素

鶏の群れ

栄養価が高いと一般的にいわれているドライフードですが、成分表もなにもチェックせずに買うのは止めましょう。本当に入っていてほしい栄養素が適量に配合されているのか、毎日あげても良いものか、確認してから買ったほうがいいです。

ドライキャットフードの種類

ドライのキャットフードは以下のように分類されて袋にも掲載されているものがあります。毎日あげるなら総合栄養食と書かれているものか、基準に達しているものを選びましょう。

表記 説明
総合栄養食 この食事と水だけで十分な栄養素が摂れると判断できるペットフード。基準はAAFCO(米国飼料検査官協会)のものが日本でも採用されている。ペットフード公正取引協議会の合否判定が必要。
間食 おやつやご褒美としてあげる目的のフード。副食、間食とも表示される。1日に必要なカロリーの20%以内にあげるのが望ましい。
療法食 病気の治療のため、獣医師の指導のもと栄養学的な見地をもとに与えるフード。
用途別一般食 特定の栄養を補給したり、食いつきの増進を目的として総合栄養食と併用してあげたりするフードやサプリメント。

重要度が高い栄養素

では総合栄養食を選んだとして、十分な栄養素が入っているのかも注目です。重要度が高い順にみていきましょう。

タンパク質

猫に限らず動物の血と肉を作る大事な栄養素です。特に猫は肉食ですから、タンパク質が多く含まれているドライフードを選びましょう。しかも必須アミノ酸や準必須アミノ酸をバランスよく含んだ肉類が理想的です。種類でいえば鶏やサーモンがこれにあたります。

脂肪

タンパク質よりも大きなエネルギー源です。魚に多く含まれるEPAとDHAがこの必須脂肪酸の中でも必要とされますが、摂取しすぎると肥満の原因にもなってしまいます。

ビタミン

必要量は少ないですが、体内の働きに重要な栄養素です。脂溶性のビタミンであるA、D、E、Kは肉を食べれば摂取できます。水溶性はB群とCですが、特に猫はビタミンB群を多く必要とします。

ミネラル

カルシウムや鉄などが含まれ、血管や骨など、体全体の体調を整えるのに欠かせない栄養素です。不足するとカルシウムが上手に吸収されず骨が弱くなってしまうことがあります。尿路疾患を抱える猫は逆にマグネシウムの摂取が制限されます。

炭水化物

正確には糖質と食物繊維が組み合わさった栄養素です。動物にとって大きなエネルギー源となりますが、猫はタンパク質が十分に摂れていればあまり必要としないといわれています。腸内の環境整備に必要な食物繊維の量も5%以下で、それ以上だと水分不足になったり栄養不足になったりしてしまいます。

ドライキャットフードの安全性を確認しよう

ドライフードのにおいを嗅ぐ猫

材料を粉砕して乾燥させ、固めるドライフード。栄養素がたっぷり入っていたとしても逆に危険なものが使われていたとしても、見た目やにおいでは安全かどうか判断しにくい問題点があります。安全性を確かめる基準を知れば対策できます。

タンパク源に使われている肉

ビートパルプや穀類、炭水化物が原材料表示の一番上に表示されているキャットフードは肉の配合量が少ないので適していないといえます。

しかし肉の配分量が多かったとしても、その肉に使われている原材料も「ミール」「類」など原材料があいまいに表現されていて分かりにくく信用できません。キャットフードで人間が食べられる原材料が使われているものはヒューマングレードと謳われることがあります。ヒューマングレードでなくても、材料を明確に表示しているということはそれだけ自信があるということですから、安心して猫にもあげられるでしょう。

添加物が含まれていないフード

ウェットフードとは違って、ドライフードは開封しても消費するまでの期限が1~2ヶ月はあります。これは水分量が少ないからできることです。しかし、ドライフードにも酸化防止剤などの添加物は含まれているのです。そうでなければ酸化しやすくなってしまうからです。

製品の原材料表示には酸化防止剤とは書かれていませんが、BHAやBHTと書かれていることがあれば要注意です。長期摂取すれば発がん性の認められている物質なので、多量に含まれていないかどうか確かめたほうがいいです。同じ酸化防止剤でも、ミックストコフェロールローズマリーエキスなどの天然成分で作られたものは発がん性はないとされているので、この成分が含まれているほうが酸化を遅らせるためにも良いでしょう。

添加物には酸化防止剤の他にも合成着色料や調味料があり、多くの愛猫家が注目してキャットフードを選んでいます。キャットフードに含まれる添加物については以下の記事がおすすめです。

 

カロリーと給餌量が明記されているフード

ドライとウェットで比べると、同じ量でもドライフードのほうが4倍ほどカロリーがあります。そのため、肥満にならないように十分にカロリーには気を付けなければなりません。総合栄養食であればカロリーが高いのは当然ですが、あまりに給餌量が少ないと猫は餌が足りないと感じることもあるので注意です。

100gあたりのカロリーはフードによって違い、それに応じて給餌量も変わります。猫の体重や年齢に合わせた給餌量とカロリーが書かれているキャットフードを選ぶと与えやすくなります。

給餌量が多いほうが良いという人は100gあたりのカロリーが低めで給餌量が多いものを選びます。こういったドライキャットフードは食物繊維が多く含まれるため、くれぐれも水分不足にならないか、体調をチェックしながら与えなければなりません。

安心してあげられるドライキャットフードランキング

毎日あげるドライフードを選ぶとき、種類が多すぎて迷っている方のために総合評価が高いキャットフードをランク付けしてみました。

評価の基準は栄養素の配分量と原材料の安全性、食いつきです。もちろん、猫によって好みや合っているフードには差があるので様子をみながらあげてください。

カナガン キャットフード
チキンメインで栄養満点!グレインフリーのドライフード
栄養素配分量 安全性 カロリー(100g)
粗タンパク質37%
脂質20%
ヒューマングレード
人工添加物不使用
約390kcal
3.5kg~4.5kgの成猫であれば45~60gが1日の給餌量です。ミックストコフェロールで酸化防止処理されており、未開封時は18ヶ月もつため保管にも適しています。原材料は乾燥チキンや骨抜きチキンで、脂質も含まれているため栄養吸収にも役立ちます。なによりグレインフリーなので、アレルギーの発症を抑えられるのが良い点です。
少ない量でしっかり栄養補給!

最初はスーパーで買えるような缶詰のフードを買ってたんですけど、成猫になると食欲もなくなって食べないし毛ツヤも悪い…。心配になってプレミアムキャットフードを試してみようかということに。ドライフードだから値段が高くても給餌量はウェットよりも少ないし、かえってコスパ高いですね。食欲がなくても1日45gでしっかりカロリーもとれるから、うちの猫みたいに痩せ気味の猫には助かりました。心配だった毛ツヤも生まれ変わったようにツルツルです。
使用歴6ヶ月 タカシタカハシさん
モグニャン キャットフード
シニア猫にぴったり!脂質たっぷりのドライフード
栄養素配分量 安全性 カロリー(100g)
粗タンパク質30%
脂質16%
ヒューマングレード
着色料・香料不使用
約374kcal
モグニャンもカナガンと同じくグレインフリーですが、原材料は白身魚です。カロリーが低めなので、3.5kg~5kgの成猫なら1日55~70gの給餌量が必要になります。全年齢対象ではありますが、脂質が抑えめなので、肥満気味の猫や太らせたくないシニア猫に合っているドライフードといえます。食いつきは良いですが、人工の香料は使っていないので安心です。
食事の満足感が違うみたい

私の猫はウェットなら食べるんですけどドライは食べない!あげる量が多くても気付かずに与えていたから、肥満気味なのも心配でした。だから一念発起してモグニャンに変えたんですが、最初にモグニャンだけであげても食いつきが良く安心しました。しかも毎日次のご飯までしつこく催促があったんですが、それもなくなりました。魚の香りがいいのかな?給餌量もちょっと多めだからダイエットも辛くないみたい(^^)/ちょっとコストは高くなりますがw
慣れてきたらもう少し減らしますが、この調子なら不満なく食べてくれそうです。
使用歴4ヶ月 Mariaさん
シンプリー キャットフード
サーモンベースのフード!魚たっぷりでグレインフリー
栄養素配分量 安全性 カロリー(100g)
粗タンパク質37%
脂質20%
厳選高級素材
着色料・香料不使用
約380kcal
カロリーは少し高めで、3.5~4.5kgだと45~60gが1日の給餌量です。そのため栄養がたくさん必要な子猫に合っている食事といえます。ヒューマングレードとの表記はありませんが、素材は厳選して選ばれているので安心感があります。猫にとって栄養豊富なサーモンが含まれているのも良い点です。酸化防止剤が一見使われていないように見えますが、成分表示にはビタミンEの表記があります。ビタミンEは酸化防止の役目を果たすため、開封後の酸化を抑えてくれるでしょう。
長くあげられそうです

初めて猫を飼うとき、親からは「あんたはズボラだから猫が心配だよ」と言われてた。確かに食べるものには気を使わないといけないので大変だとは思ったな。だから毎日あげるドライフードは入念に選んだつもり。子猫から成猫まで、安心してずっとあげられそうなのがいいな~と思いシンプリーをあげつづけている。いつもサーモンの香りが漂ってきて猫もおいしそうに食べるから、自分でも食べられそうな気がしてくる(笑)。でも冗談じゃなくてホントに食べても大丈夫そうな高級食材が使われてるから、正直猫が贅沢だなって思った(笑)。
使用歴8ヶ月 イーグルスファンさん

実はランキングで上位にきた3点は総合栄養食の表示はありません。しかしAAFCOが求めるタンパク質の基準である26%以上を十分に満たしているため、総合栄養食として与えられるといえます。

ドライキャットフードの購入方法

市場でリンゴを買う様子

ドライキャットフードは毎日あげるものですから、どこでどのように購入するのか検討しておいたほうが良いでしょう。主に以下の場所でキャットフードは買えます。

店頭

広く流通しているキャットフードだと、スーパーを始めコンビニでも取り扱われています。ただ、コンビニだと重量のあるドライフードは扱っていないところもあるでしょう。ペットやペット用品の販売を行なっているホームセンターやペット専門店では、フードの取り扱いも豊富で、ペットフードの保管方法にも安心感があります。

動物病院

かかりつけの動物病院でもキャットフードは扱っています。ウェットやドライ、療法食など獣医師に相談しながらおすすめのものを購入できるので猫を今後飼育していくときの参考になるでしょう。

ネット通販

最近は家電から食料品まで、ネット通販でなんでも購入できます。特にキャットフードはAmazonや楽天でペット専門店と同じくらい取り扱いがあり、送料無料となることも多いのでよく利用されているようです。重量があるドライフードをまとめ買いしても、宅配を頼めるのも良い点です。しかし、正規店からの販売ではないこともあるため、購入するときは注意しなければなりません。

公式サイトでの通販

キャットフードを製造、または輸入販売する会社は公式サイトで通販も行っています。ここからの通販は大手のネット通販とは違ってまとめ買いや定期購入の際に割引があるのが魅力です。

主食となるドライフードは少しずつ買い足すよりはまとめてストックしておくことが多いため、こういった割引は飼い主にとって節約になる嬉しいサービスです。

気になるドライキャットフードの保存方法

冷蔵庫

水分量が少なく腐りにくいドライフードですが、開封後は消費期限内であってもカビが生えて使えなくなってしまうケースもあります。それを防ぐには正しく保管しましょう。

保管場所

なるべく温度や湿度の変化を一定にすることがドライキャットフードの保管では大事です。条件は3つあるので、全ての条件がそろった適したところを選びます。日本は湿気が多い気候なので、密閉できる容器や袋を活用し、酸化を防止しましょう。保管場所に除湿剤を置くのも対策になります。

温度の差が一定の場所
× 火のそば、外部の倉庫  シンク下の収納
湿度も温度も低い(一定の)場所
× お風呂場の収納  シンク下の収納、室内の押し入れ
直射日光が当たらない場所
× ベランダ、庭、窓のそば  押し入れ、地下倉庫

冷凍すると長持ち?

人間の食べ残しはラップをかけて冷蔵庫に入れておけば数日は保管できますが、ドライフードにはこの保管方法は向いていません。水滴が結露し、それが酸化の原因になってしまうからです。

どうしても長く保管しておきたい場合は冷蔵ではなく冷凍にすると良いといわれています。
冷凍だと結露することもないため、酸化を防げます。凍らせたドライフードは2ヶ月ほど保管できるといわれています。与えるときは数日前に冷凍庫から出し、自然解凍しましょう。このとき、小分けにすれば少しずつ解凍できて便利です。

使い勝手がよく健康に良いドライキャットフード

食後の猫

ドライのキャットフードは猫の毛並みや体調を作り上げる主食となるため、ウェットフードとはバランスを取りながらあげるのが最適だということが分かりました。また選ぶときも、ドライフードの内容をチェックして猫に合ったフードを選ぶようにしましょう。特に100gあたりのカロリーや原材料はしっかり確認して猫にあげなければなりません。通販でしか売られていない高品質なドライキャットフードもあるので、猫に合ったものを選べるように学んでいきましょう。

おすすめの記事