キャットフードの基本情報

安全なキャットフードを選ぶために注意することは?

 

様々なメーカーからいろんな種類のキャットフードが販売されていますが
猫ちゃんにとって安全なキャットフードとは一体どのようなものなのでしょうか?

 

飼い主さんは見た目やパッケージに騙されないようにキャットフードについて知っておく必要があります。

 

そこで、猫ちゃんが必要な栄養素や品質のいいキャットフードの見分け方をお教えします!

ぜひ、キャットフード選びに役立てて下さい(*’ω’*)!

 

安全なキャットフードを選んで、猫ちゃんの健康を守っていきましょう♪

 

1.安全なキャットフードを簡単に見分ける方法!

安全といえるキャットフードの一番簡単な見分け方は・・・

 

ズバリ!原材料をチェックすることです!

 

原材料の表記は配合量が多い順に記載しなくてはならないという決まりがあります。

一番初めに記載されている原材料がそのキャットフードの主原料になります。

 

原材料チェックで注目するポイントは

  • 動物性のタンパク質が主原料である
  • 穀物は不使用、もしくは少ない
  • 人工添加物が入っていない(無添加である)

という点!

 

動物性のタンパク質

動物性のタンパク質、つまりお肉やお魚が一番初めに記載されているキャットフードは比較的、安全と言えます。

ですが、ここにも注意が必要ですよ!

 

例えば、チキンミールや家禽ミール、
または肉副産物などと記載されている動物性のタンパク質に関しては
安全とは言い切れないのです(>_<)

 

新鮮な生肉を加工して使用しているキャットフードが安心といえます!

 

穀物

穀物に多く含まれている炭水化物を
猫ちゃんは上手く消化することができません。

 

炭水化物も必要な栄養素ではありますが
摂取のし過ぎはかえって悪影響になってしまいます。

 

そのため、穀物が主原料になってるキャットフードは安全とは言えません。

 

また、「米・トウモロコシ・小麦・コーングルテン」など
名称を分けて記載しているキャットフードもありますが

成分を足してみるとお肉より穀物類の配合量の方が多い…
ということもあるので注意が必要ですよ!

 

人工添加物

キャットフードに含まれている人工添加物のなかには
発がん性のある成分や毒性のある成分があります。

 

猫ちゃんにとって人工添加物は不要なものであり
アレルギーを引き起こす原因になることもあります。

 

日本では「上限を守れば添加していい・添加物の表示は義務ではない」としています。

 

どの添加物をどのくらい使用したのかわからない状態で
猫ちゃんにキャットフードを与えているのでは安全とは言えないですし、
何が入っているかわからないなんて不安ですよね…。

 

無添加であれば、最初から添加物は入っていないので安心です!

 

2.安全なキャットフードの選び方!

ペットフードのイラスト

簡単に安全なキャットフードを見分ける方法の他にも
安全なキャットフードを選ぶ方法があるのでいくつかご紹介します。

 

キャットフードの原産国で選ぶ

キャットフードの安全性を決める一つとして原産国があげられます。

 

安全性が高い国としては「ペット先進国」と呼ばれているような

  • アメリカ
  • カナダ
  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • オーストラリア

などの国々が挙げられます。

 

ペット先進国では原材料に使用するお肉やお野菜の基準がしっかり法律などで決まっており

危険な添加物や、遺伝子組み換え飼料などの使用が禁止されています。

 

また、ペットフードを専門で作っている安全な工場が設置され
品質のチェックや管理がしっかりと行き届いているので
安全性が高いと言えます(*‘∀‘)!

 

「日本は安全な国に含まれていないの?」と思う飼い主さんもいるかと思いますが

残念ながら日本はまだまだペットフードに関する規則がしっかりと定まっていません…(´・ω・`)

 

日本にもペットに関する法律はペットフード安全法で定まっていますが
ペット先進国にはまだまだ及ばず…。といった状況です。

 

もちろん、国産のペットフードにも原材料や添加物に気を遣ったものが販売されていますので

国産のキャットフードにこだわる際には原材料に注意して
主原料や添加物に注意しながら選ぶ必要があります。

 

キャットフードのタイプで選ぶ

キャットフード、とひとくちに言っても

カリカリするようなドライタイプと
ドライタイプより水分が多く柔らかいソフトタイプ
ソフトタイプより水分が多く嗜好性が高いとされるウェットタイプなど

様々なタイプのキャットフードがあります。

 

タイプ別で選ぶならドライタイプのキャットフードが安全性が高いと言えます。

 

ソフトタイプやウェットタイプは水分を多く含んでいることがメリットでありデメリットです。

水分が多ければ多いほど柔らかく
嗜好性が高い、消化に良いところがメリットではありますが

その反面、腐りやすいので保存料や添加物が必要になってきます。

 

一方ドライタイプは、他のタイプに比べると栄養バランス・コスパが良いのが特徴です。

 

カリカリとした硬い食感なので顎を鍛えることができますし、
歯石が付きにくいため猫ちゃんのお口の中のトラブルを防ぐことができます。

また、噛むことで脳を刺激しおボケちゃんの予防にも繋がります。

 

ドライタイプの最大の特徴は、乾燥していること。

天然由来の成分でも十分保存が可能なため、
他のタイプに比べると人工添加物が使用されていないものが多いのです。

飼い主さんからしても扱いやすく保存が簡単だと嬉しいですよね♪

 

猫ちゃんの年齢別に選ぶ

猫ちゃんの成長段階に合わせてキャットフードを選ぶことも出来ます。

 

歯も生えていないような子猫に
ドライタイプのキャットフードを与えても食べることはできません。

その場合はミルクや液状のフードが必要です。

 

歯が生え始めたら、嗜好性が高いウェットタイプなどで
固形物を食べ慣れる練習をしましょう。

 

このときにチキンやビーフ、お魚など色々な種類の素材を与えると

猫ちゃんの好みを知れたり、後にキャットフードを切り替えるときに楽になります。

 

そして、生後半年~成猫と呼ばれる1歳ごろには
ドライタイプのキャットフードが食べられるようになります。

 

成長がほぼ止まり、安定期に入るのでドライタイプのキャットフードで
バランスよく栄養を摂取する必要があります。

 

 

また、猫ちゃんは7歳ごろから老化が始まります。

 

シニア猫(老猫)と呼ばれ、運動量が減り
代謝や免疫力が落ちるので病気にかかりやすくなってきます。

 

顎の力が弱まったり、食欲が落ちるなどして
ドライタイプのキャットフードを食べきれない場合は

ふやかしたりウェットタイプと混ぜるなど工夫が必要です。

 

給与量を調整すれば全年齢に対応できるキャットフードもあります。

 

多頭飼いの飼い主さんや、フードの切り替えが難しい猫ちゃんには
全年齢対応のキャットフードを選ぶと良いでしょう!

 

猫ちゃんの個体差に合わせて選ぶ

猫種や猫ちゃんの体質、環境や生活習慣などで
それぞれかかりやすい病気やとくにケアしてあげるべき部分というのは
猫ちゃんそれぞれに違いがありますよね。

 

肥満気味の猫ちゃんと腎臓に病気をかかえる猫ちゃんでは
必要な栄養素が変わってきます。

 

アレルギーのある子や、お腹を下しやすい子など、

猫ちゃんの個体差に合わせたキャットフード選びが必要になってきます。

 

3.安全なキャットフードおすすめランキング!

安全なキャットフード見分ける簡単なポイント

  • 主原料が動物性のタンパク質
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 無添加

の3つをクリアした安全なキャットフードをご紹介します。

 

カナガン

カナガン キャットフード
内容量・価格 1.5kg・3,960円
カロリー/100g 390kcal
主原料 チキン60%以上使用
原産国 イギリス
添加物 〇(不使用)
穀物 〇(不使用)
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 常温未開封で製造日から18ヶ月
安全性 ★★★★★
口コミ ★★★★☆

カナガンの口コミ

5歳・雑種・ももちゃん
小さい頃から安い市販のものをあげていましたが
最近になって体調を崩し始めた原因が
キャットフードに含まれていた大量の穀物だという事が判明しました(´;ω;`)
 
ももちゃんが穀物アレルギーになっていたことを知って申し訳ない気持ちで一杯になり
穀物の入っていないキャットフード調べてすぐにカナガンに切り替えました(>_<)
 
始めはなかなか食べてくれなかったけど、原材料や栄養バランスのよさ
穀物が入っていない点や無添加など、ももちゃんに必要なキャットフードはこれだ!と思ったので
以前のフードと混ぜながら与えると2~3週間ほどでカナガン100%の割合で食べてくれるようになりました(*´з`)
 
今はカナガンに切り替えて3ヶ月目の終わりですが、アレルギーの症状は良くなってきています!
まだまだ油断は禁物だと思うので、カナガンを与えながら経過を見て行きたいと思います(`・ω・´)!

 

1歳・シャム・もち
以前は病院でも売っているキャットフードを与えていたのですが
添加物や穀物が含まれていることを知ってショックを受けました。
 
たまに皮膚炎を起こしていた首回りも
カナガンに変えてからはキレイに毛が生えてふさふさになり
毛並みもツヤツヤになって、気品が出てきました。
 
まだ1歳なので、これかもっともっと長生きしてもらうために
食事には気を付けてあげたいです!

 

モグニャン

モグニャン広告
内容量・価格 1.5kg・3,960円
カロリー/100g 374kcal
主原料 白身魚60%以上使用
原産国 イギリス
添加物 〇(不使用)
穀物 〇(不使用)
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 常温未開封で製造日から18ヶ月
安全性 ★★★★★
口コミ ★★★★★

モグニャンの口コミ

8歳・雑種・くろちゃん
もともと野良だったのを家に招きました。
野良だったからか、何でも食べてくれるのですが、
モグニャンは特別良く食べてくれます。
いつも美味しそうにがつがつしています(笑)
 
野良だったので正確な年齢は分からないですが
そろそろ高齢になってきたので、高タンパクは気になりますが
低カロリーなのが良いですし、
吐いたりすることもなく、順調に歳を取っています。
 
原材料も特に心配はなく、安心安全で気に入っています。

 

3歳・マンチカン・ぽん太
うちは子猫のうちからモグニャンにしていました。
 
ポン太は昔、食が細くて何度も私たちに心配させてくれたのですが(笑)
今ではそんな心配もなかったかのように
たくさん食べて元気に大きく成長してくれています!
 
安心の原材料でポン太もお気に入りなので
モグニャン続けて行きたいと思います!

 

シンプリー

シンプリー 広告
内容量・価格 1.5kg・3,960円
カロリー/100g 380kcal
主原料 サーモン・ニシン・マスなど合わせて70%以上使用
原産国 イギリス
添加物 〇(不使用)
穀物 〇(不使用)
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 常温未開封で製造日から18ヶ月
安全性 ★★★★★
口コミ ★★★★☆

シンプリーの口コミ

2歳・アビシニアン・さくらちゃん
今までもお魚メインのキャットフードを良く食べていたので
お肉よりお魚派のうちの子はシンプリーが大好きです(笑)
動物栄養学者との共同開発ってところが安心感があってリピしています♪
 
ちょっと保存方法に悩んだりするけど、さくらの健康には変えられないのでしっかり保管しています(笑)
 
今までのおやつを辞めて、シンプリーを2~5粒をおやつ代わりにしてから、オリゴ糖や食物繊維が入っているおかげか
うんちの調子もよくなっていまーす(*^-^*)v
 
以前に比べると食いつきもアップして毛並みも良くなっているので
さくらはシンプリーが合っているみたいです♪

 

11歳・雑種・たまちゃん
8歳のころに穀物アレルギーを発症してしまいました。
 
私のキャットフード選びがダメダメだったせいで
たまちゃんには苦しい思いをさせてしまって申し訳ないと思い
たくさん調べて、シンプリーに行きつきました。
 
たまちゃんが好きなお魚がメインで穀物が入っていないので
気に入っているようで、飽きずに食べてくれています!

 

4.注意が必要なキャットフードの特徴は?

ばい菌

では、ここで詳しくキャットフードに危険性についていくつか紹介していこうと思います。

 

キャットフードに含まれている注意すべき素材として挙げられるのは…

 

  • 人工添加物
    ・酸化防止剤
    ・合成着色料
    ・人工香料
    ・防腐剤
  • 副産物
  • 4Dミール
  • 遺伝子組み換え原料
  • ビートバルプ
  • 穀物類
    ・大豆
    ・麦類
    ・トウモロコシ
  • 塩(塩化ナトリウム)

などなど…。

 

添加物について

添加物は体の小さな猫ちゃんにとって、消化に悪く、不要なものです。

なかには、発がん性などが確認されているものもあり、安全性とは正反対と言えます…。

 

着色料に関しては、人間の購買意欲をくすぐり
「このキャットフードは美味しそうだなぁ」と思わせるための物です。

 

赤や緑の色が付いていても味の変化はないですし
猫ちゃんにはまったく関係のないものなのです。

 

 

猫ちゃんは色ではなくニオイで食べ物を判断しています。

色がついていようがいなかろうが
猫ちゃんはあまり色が見えていないので、判別ができません。

 

ニオイに関しては、人工的な香料が危険視されています。

猫ちゃんが好むような香りをお人工的にで嗜好性を高めているキャットフードがあるのです。

 

嗜好性が高いからといってそのキャットフードが安全とは言えません。

 

粗悪な原材料を使用しているからこそ
香料で誤魔化して嗜好性を高めている可能性もあるのです。

 

副産物・4Dミールについて

副産物や4Dミールは
猫ちゃんにとって大事な動物性のタンパク質に関係しています。

 

価格の低いキャットフードには、これらの粗悪な原材料が使用されていることがあります。

 

ミートミール・チキンミール・ビーフミールなどなど
しっかりとした産地や加工工程が記載されていないミールや副産物は注意が必要です。

 

安全という面から言えば「○○産の新鮮なチキンの生肉をミール加工し…」などと記載されている場合は
産地や素材、新鮮な生肉を加工している、と分かるので安全といえるでしょう。

 

しかし、産地も加工工程もなにも分からない場合、不安が残ってしまいます…(´・ω・`)

 

遺伝子組み換え原料

穀物類などに遺伝子組み換えの原料を使用している場合があります。

 

遺伝子組み換えの原料では、ガン・白血病・アレルギーなど
猫ちゃんが病気になる確率が上がってしまうリスクがあります。

 

日本では遺伝子組み換えの原料を使用しているかの表示義務がなく、
使用しているかの確認が取れないのが現状です。

 

安全度を求めるのであれば、
自ら「遺伝子組み換え原料は使用していません!」と公開している
キャットフードのメーカーを選ぶと良いでしょう。

 

穀物類・ビートバルプ

猫ちゃんの消化器官は穀物や食物繊維を上手く消火することができません。

 

穀物は大量に摂取し続けているとアレルギーを引き起こす原因や
尿路結石の原因にもなりかねません。

 

猫ちゃんはタンパク質からエネルギーを摂取していますが
穀物には主に炭水化物が多く含まれています。

 

炭水化物を摂り過ぎてしまうと肥満の原因になってしまいます。

 

 

ビートバルプと言うのは砂糖大根を絞った後に残るもののことで、
言ってしまえば甘い繊維質の搾りカスです。

 

糖分を毎日摂取していると腎臓に負担がかかり
アレルギーの症状を悪化させることになってしまいます。

 

塩(塩化ナトリウム)

ナトリウムは多くても少なくてもダメな大切な栄養素です。

 

大量に添加されていると危険なものになってしまいますが
少なすぎるとカリウムとのバランスが乱れ健康に害が出てきます。

 

ナトリウムはカリウムとバランス良く取ることが大切です。

 

お肉やお野菜の中に微量のナトリウムが含まれていますので
わざわざプラスして添加する必要はなさそうです。

 

5.まとめ

葉を食べようとしている猫

いかがだったでしょうか。

安全なキャットフードの見分け方や選び方についてご紹介しました。

 

今回紹介したキャットフードは全て
人間が食べても問題ないレベルの原材料を使用しているので
猫ちゃんに与えるときも安心できますね(*‘∀‘)♪

 

安全なキャットフードを選んで猫ちゃんの健康を守ってあげましょう。