キャットフードの基本情報

おすすめキャットフードランキングTOP10!口コミや評判もチェック!

愛猫ちゃんのために
数あるキャットフードの中から良いものを選びたいのはどんな飼い主さんでも思う事!

でも種類がたくさんあってどれを選べばいいのか…悩みますよね。

そこで今回は安全性や品質の良さ、人気度、コスパの面からランキング形式で
おすすめレベル別にわかりやすくキャットフードを紹介していきます!

グレインフリー(穀物不使用)やヒューマングレード(人間が食べれる品質)の
キャットフードが多数あります!

きっと猫ちゃんが気に入るキャットフードが見つかるはずですよ!
ぜひ、参考にして下さいね♪

1.おすすめキャットフードランキング!

おすすめレベル別にキャットフードを紹介していきます!

 

おすすめレベル★★★★★

おすすめレベル★★★★★は
安全性・栄養バランス・食いつき・コスパ・評判がすごく良いキャットフードです!

 

1位モグニャン

モグニャンの広告 

 

価格 カロリー 主原料 原産国 酸化防腐剤 着色・保存料 穀物
3,690円
(1.5kg)
374kcal/100g 白身魚 イギリス 不使用 不使用 不使用
原材料 安全性 コスパ 食いつき 評判・口コミ
★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★★ ★★★★★

 

モグニャンの特徴

  • ヒューマングレードの白身魚を60%以上使用
  • グレインフリーでアレルギー対策
  • サツマイモで腹持ちもGOOD

 

モグニャンの口コミ

  • 開封した時から魚の香りがたって、うちの子みんな喜んで食べていました!
  • 子猫用と分ける必要がなくて、多頭飼いオーナーには楽ちんです♪
  • 低カロリーで消化に優しくて、まさにうちの子向き(*^-^*)!!

 

 

2位カナガン

カナガンキャットフードの広告

 

価格 カロリー 主原料 原産国 酸化防腐剤 着色・保存料 穀物
3,690円
(1.5kg)
390kcal/100g チキン イギリス 不使用 不使用 不使用
原材料 安全性 コスパ 食いつき 評判・口コミ
★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★★ ★★★★☆

 

カナガンの特徴

  • ヒューマングレードの新鮮なチキンを60%以上使用
  • グレインフリーでアレルギー対策
  • サツマイモで腹持ちもGOOD

 

カナガンの口コミ

  • 栄養バランスが良くてタウリンが多いのが高評価!海藻使ってるのもポイント高いです!
  • 毛並み・毛艶が良くなり、便がキレイに出るようになりました!
  • カナガンにしてから運動量が増え、体重が減りました!健康的なダイエットに成功です!

 

 

3位ファインペッツ

ファインペッツ キャットフード

 

価格 カロリー 主原料 原産国 酸化防腐剤 着色・保存料 穀物
3,429円
(1.5kg)
472kcal/100g アヒル肉
ニシン
オランダ 不使用 不使用 全粒米
原材料 安全性 コスパ 食いつき 評判・口コミ
★★★★☆ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆

 

ファインペッツの特徴

  • アヒル肉で脂肪分、ニシンでタンパク質を補う主原料
  • ヒューマングレード素材を使用
  • 穀物が含まれているがアレルギーになる危険性の低い米が使用されている。

 

ファインペッツの口コミ

  • 匂いが美味しそうでうちの子2匹は喜んで食べてくれています♪
  • 子猫のうちから与えられるのは嬉しい!
  • 消化率がいいみたいで、ファインペッツにしてからうんちの状態が良くなりました!

 

 

4位シンプリー

シンプリー 広告

 

価格 カロリー 主原料 原産国 酸化防腐剤 着色・保存料 穀物
3,690円
(1.5kg)
380kcal/100g サーモン イギリス 不使用 不使用 不使用
原材料 安全性 コスパ 食いつき 評判・口コミ
★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★☆

シンプリーの特徴

  • サーモンの成分の中には血液をサラサラにする効果がある
  • アレルギーになりにくく消化にいい魚のタンパク質が主原料
  • 尿路結石の予防や毛玉ケアにも効果的

 

シンプリーの口コミ

  • 獣医さんもおすすめしているので安心して続けられています!
  • 食欲がないのが気になってシンプリーを試してみたら、元気いっぱいになりました!
  • 高齢猫だけどお通じも順調になり毛並みも良くなって若々しくなった!

 

 

おすすめレベル★★★★☆

おすすめレベル★★★★☆は
猫ちゃんの健康を考えて安心の原材料で栄養価も高く作られた、人気のあるキャットフードです!

 

5位アカナ (ワイルドプレイリー)

アカナ ワイルドプレイリーキャット

 

価格 カロリー 主原料 原産国 酸化防腐剤 着色・保存料 穀物
5,011円
(1.8kg)
410kcal/100g チキン カナダ 不使用 不使用 不使用
原材料 安全性 コスパ 食いつき 評判・口コミ
★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆

アカナの特徴

  • グレインフリーで栄養価が高い
  • 天然のおいしさをキープするため調理法にもこだわっている
  • お肉の含有料が全体の70%

 

アカナの口コミ

  • 新鮮な素材を使用しているので安心して与えられる
  • アカナにしてから、体つきががっしりしたように感じます!
  • うんちのにおいが気にならなくなり、毛艶が良くなりました!

 

 

6位ジャガー

ジャガー 広告

 

価格 カロリー 主原料 原産国 酸化防腐剤 着色・保存料 穀物
4,280円
(1.5kg)
384kcal/100g チキン イギリス 不使用 不使用 不使用
原材料 安全性 コスパ 食いつき 評判・口コミ
★★★★★ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★★★ ★★★☆☆

ジャガーの特徴

  • 新鮮なお肉や魚、野菜がたっぷり使われてる
  • 含まれている魚類の成分が老化対策に効果的
  • 血糖値の急激な上昇を抑えるレシピ

 

ジャガーの口コミ

  • 新鮮な食材が使用されているので、安心して与えられています♪
  • 腸内環境を整えたり、免疫力を高める効果に期待しています!
  • 高齢に近づき便秘気味だったのですがジャガーにしてから快便です!

 

 

7位ねこはぐ

ねこはぐ 広告

 

価格 カロリー 主原料 原産国 酸化防腐剤 着色・保存料 穀物
6,980円
(1.5kg)
383kcal/100g 鶏肉 日本 不使用 不使用 大麦
玄米
原材料 安全性 コスパ 食いつき 評判・口コミ
★★★★★ ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★☆☆

ねこはぐの特徴

  • 国産のキャットフード
  • アレルギーになりやすい小麦を使わないグルテンフリー
  • 青じそが使われおり、食欲増進や殺菌効果がある

 

ねこはぐの口コミ

  • うちの子のお気に入りキャットフードです(*^-^*)
  • 国産で安心のキャットフードを探していたら出会えました!理想のキャットフードです!
  • ノンオイルコーティングでベタベタしないのが飼い主側も扱いやすくて気にいっています♪

 

 

おすすめレベル★★★☆☆

おすすめレベル★★★☆☆は
「もう一歩…」というところもありますが、猫ちゃんのことを考えて作られたキャットフードです!

 

8位日本のみのり

日本のみのり_パッケージ

 

価格 カロリー 主原料 原産国 酸化防腐剤 着色・保存料 穀物
2,138円
(500g)
418kcal/100g 牛肉粉 日本 不使用 不使用 玄米
原材料 安全性 コスパ 食いつき 評判・口コミ
★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆

日本のみのりの特徴

  • 国産のキャットフード
  • 含まれているタンパク質が50%と豊富
  • アレルギーになりやすい小麦を使わないグルテンフリー

 

日本のみのりの口コミ

  • お値段が…タカイヨ…。多頭飼いなので常食にはできませんが食いつきは抜群でした!(笑)
  • サイズがあるのが嬉しいです♪おやつ用に200gを購入しています♪
  • めちゃめちゃ食いつく!(笑)体調もよさそうだし、またリピしよー(*’ω’*)!

 

 

9位ハッピーキャット(スプリーム・ワイデラム)

ハッピーキャット

 

価格 カロリー 主原料 原産国 酸化防腐剤 着色・保存料 穀物
3,564円
(1.4kg)
/100g チキンミール ドイツ 不使用 不使用 米粉
トウモロコシ
原材料 安全性 コスパ 食いつき 評判・口コミ
★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆

ハッピーキャットの特徴

  • 新鮮なお肉を乾燥させて砕いたミールを使用
  • 酸化防腐剤には天然成分のビタミンEが使用されている
  • グルコサミンやコンドロイチンが含まれており関節ケアに効果的

 

ハッピーキャットの口コミ

  • ハッピーキャットに変えてからアレルギーが良くなりました。添加物がだめだったのかな?
  • ローテーションの一つにしています!良く食べてくれています♪
  • 食の細い子が気に入って食べてくれるので助かっています(>_<)!

 

 

10位ピュリナワン(1歳以上 チキン)

ピュリナワン キャットフード

 

価格 カロリー 主原料 原産国 酸化防腐剤 着色・保存料 穀物
1,500円
(2.2kg)
390kcal/100g チキン アメリカ 不使用 不使用
トウモロコシ
小麦粉
原材料 安全性 コスパ 食いつき 評判・口コミ
★★☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆

 

ピュリナワンの特徴

  • 新鮮なチキンをミールにして主原料に使用している
  • 酸化防腐剤に安全性の高い天然成分のビタミンEが使用されている
  • 続けやすい価格

 

ピュリナワンの口コミ

  • チキンが主原料で着色料が使用されていないのが好印象です!
  • 袋が4つに小分けされているので管理が楽ちんです♪
  • うちの子はピュリナワン大好きみたい!しばらくリピします!

 

 

2.キャットフードはどこを見て選べばいい?

キャットフードの選び方についてまとめてみました!

 

ウェットタイプとドライタイプで選ぶ

ランキングを見ても分かる通り、選ばれているのはドライタイプのキャットフードですよね。

では、どうしてドライタイプのキャットフードが選ばれているのかご存じですか?

 

【ドライタイプのメリット】

  • 開封後も保存ができる
  • コスパがイイ
  • 栄養バランスがイイ
  • 歯石の予防になる
  • 噛むことで顎や脳を刺激する
  • 添加物が少ないものが多い

 

【ドライタイプのデメリット】

  • 水分量が少ない
  • 消化はウェットタイプの方がイイ
  • 添加物の量は物によってまちまち

 

【ウェットタイプのメリット】

  • 水分量が多い
  • 消化に優しい
  • 嗜好性が高い

 

【ウェットタイプのデメリット】

  • 開封したら食べきらないといけない
  • コスパ・栄養バランスはものによってまちまち
  • 歯石が付きやすい
  • 添加物が含まれているものが多い

 

栄養バランスのとり易さや保存のしやすさやからみると
常食用の「ご飯」として選ぶならドライタイプのキャットフードがおすすめです!

 

水分量が多く嗜好性が高いウェットタイプのキャットフードは
おやつや食欲がないときの補助食として与えると良いでしょう!

 

国産と外国産で選ぶ

国産のキャットフードと外国産のキャットフードと…どっちがいいんだろう?
と悩む飼い主さんもきっと多いはずです。

 

原産国でおすすめなのは「ペット先進国」といわれる
ペットに関する法や施設が充実した国のキャットフードです。

 

  • アメリカ
  • カナダ
  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • オーストラリア …など

 

もちろん、国産のキャットフードにもいいものはありますが
日本はペットフードへの関心がまだまだ発展途上なので
ペットフードは食品ではなく、雑貨として扱われています。

 

ペットに関する基準は外国産の方が高いので安心度が違ってきますね。

 

また、国産の良質なキャットフードよりも、比較的安く購入できるのが
外国産の良質なキャットフードの利点でもあります。

 

猫ちゃんの年齢別で選ぶ

子猫・成猫・老猫と年齢別でキャットフードを選ぶのも1つの方法です。

 

猫ちゃんの成長段階に合わせて
必要な栄養素の量や補足すべき成分に違いがあるためです。

 

子猫からシニア猫まで食べられる
全年齢対応のキャットフードは給与量を調節してあげることで
必要な栄養素を調整することができます。

 

↓こちらでは年齢別のキャットフードについて詳しく紹介しています。↓

3.品質のいいキャットフードの条件とは?

猫 メガネ

品質のいいキャットフードを見極めるためのポイントをご紹介します!

 

猫ちゃんが必要な栄養素

  • 動物性のタンパク質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • ビタミン
  • ミネラル

 

特にタンパク質・脂質は猫ちゃんの体を作る上で重要な栄養素になってきます。
新鮮な生肉を使用しているものがおすすめです。

炭水化物は大量に摂取してしまうと健康に害を及ぼす可能性があります。
サツマイモなど消化に優しい素材を使用しているものがおすすめです。

ビタミンとミネラルはバランス良く摂取しないと意味がありません。
どちらかが乱れると健康に害を及ぼす場合があります。

 

猫ちゃんが不要な成分

  • 着色料
  • 香料
  • 保存料
  • 酸化防腐剤
  • 大量の穀物

 

着色料や香料、防腐剤などの人口添加物は猫ちゃんにとって不必要なものです。

粗悪なキャットフードには健康に害の出るような
危険な成分を含んだ添加物を配合している場合もあります。

 

また、大量の穀物は猫ちゃんの消化器官に負担をかけることになり
長期的に摂取し続けていると、アレルギーになる可能性も出てきます。

 

↓こちらでは猫ちゃんのアレルギーについて詳しく紹介しています↓
[getpost id=”1109″]

原産国やコスパについて

 

選び方でもお伝えした通り
原産国はペット先進国と呼ばれているような外国のもがおすすめです。

 

外国産で品質がいいキャットフードはネット販売が主流になっています。

徹底した品質管理をして安全性を高めているので、
流通や管理にかかるコストをできるだけカットし
なるべく安い価格で消費者に届けるために販売店などは設けていないようです。

 

市販で販売されてるキャットフードは
とてもお手頃な価格で手に入りやすいのが利点ですが
大量の穀物や危険な添加物を配合している場合が多く、注意が必要です。

 

安すぎるキャットフードや産地の分からない原材料を使用しているキャットフードは
よく注意して原材料や成分をチェックする必要がありそうです。

 

4.猫ちゃんのために飼い主さんができること!

キャットフード 手渡し

猫ちゃんの幸せと健康のために飼い主さんができることをまとめてみました!

 

  1. キャットフードを見直す
  2. 適切な給与量を与える
  3. 水分を取りやすいように工夫する
  4. おもちゃなどで一緒に遊び運動させる
  5. 高い所にも隠れ場所や休む場所をつくる
  6. 毎日の変化を観察する

などなど。

 

キャットフードを見直し、猫ちゃんの好みを知ることや
体質に合っている成分を見つけることで
これからのキャットフード選びに役立てます。

 

給与量を守ることや運動させることは
肥満防止や体力づくりに繋がります。

 

猫ちゃんはもともとあまり水分を摂取しない動物ですが
摂らなさ過ぎは腎臓に負担がかかってしまいます。

運動をさせたりお部屋にいくつか飲み場を設けて
なるべく水分を摂りやすい状態を作ってあげましょう。

 

猫ちゃんは高い所に登るのが好きです。

 

家具を傷つけたり怪我を防ぐためにもキャットタワーなどを設置して
猫ちゃん専用の高い休憩場所を作ってあげましょう。

 

5.もしも猫ちゃんが病気になってしまったら…?

猫ちゃんが病気になってしまった場合には
キャットフードの選び方少し変わってきます…。

 

吐き戻す

もともと猫ちゃんは
毛づくろいで飲み込んでしまった毛玉などを吐き出す行為をするので
吐き戻すことは特に問題ないのですが
あまりにもひどい場合は対策をとってあげましょう。

 

  • 脂質の量を適正にする

成猫は15~20%の脂質量が適正と言われていますが
猫ちゃんの個体差によってそれでは多すぎる場合があります。

10~20%の間で脂質の少ない低カロリーなキャットフードを選んであげると
吐き戻しが治まることがあります。

 

  • アレルゲン(アレルギーの原因)の少ないキャットフード

キャットフードを食べた後に吐き戻しているようであれば
食物アレルギーの可能性を疑いましょう。

穀物は消化がしにくい事もあってアレルゲンになりやすいとされています。

グレインフリーのキャットフードを選んであげましょう。

 

  • 高タンパク質なキャットフード

がっついたり、慌てて食べる癖のある子や
キャットフードを丸のみしてしまう子は
食べ過ぎてしまうことや、消化が上手くいかずに吐き戻すことがあります。

 

消化吸収が早く体に優しい高品質な肉原料が豊富で
高タンパク質なキャットフードを選んであげましょう。

食べながら満腹感を得られるので食べ過ぎを防いで吐き戻すことが減ります。

 

くしゃみ・鼻水・咳の症状

キャットフードを食べた後にくしゃみや鼻水、咳の症状が出る場合は
食物アレルギーの可能性があります。

 

  • アレルゲンの入っていないキャットフードを選ぶ

動物病院へ行ってアレルゲンを特定し
アレルゲンの入っていないキャットフードに変える必要があります。

 

穀物の他にも動物性のタンパク質でアレルギーを起こす子もいるので
注意が必要です。

 

  • 添加物の入っていないキャットフードを選ぶ

添加物は猫ちゃんの消化に良くないもので
アレルゲンになる可能性も高いです。

 

無添加のキャットフードを選んであげましょう。

 

キャットフードでできるくしゃみや咳の対応はアレルギーが原因の場合のみです。

風邪や病気の場合は動物病院で薬を処方してもらって下さい。

 

血便の症状

うんちは猫ちゃんの健康バロメーターです。
重症の場合もあるので不安を感じたらまずは動物病院へ連れて行きましょう。

 

  • うんちが黒っぽい場合
     →繊維質の少ないキャットフードを選ぶ

食物繊維を摂取しすぎて食道や小腸が傷ついている場合があります。

繊維質の少ないキャットフードを選んであげましょう。

 

また、キャットフードの粒が口の中を傷つけていても
同じような症状が出る場合があります。

粒の小さいものや、突起のないキャットフードを選んでみましょう。

 

  • うんちの表面に血が付いている
     →脂質の多いキャットフードを選ぶ

便秘になるとうんちが大きく硬くなり
排便の際に肛門を傷つけて痔になっている可能性があります。

 

油分でうんちが出やすくなることもあるので
脂質の多いキャットフードを選んでみましょう。

 

  • うんちに血が混じっている
     →アレルゲンの入っていないキャットフードを選ぶ

アレルギーを引き起こし小腸から大腸にかけて出血している可能性があります。

動物病院へ連れて行き、アレルゲンを特定しましょう。

 

尿路結石を予防する

オスの猫ちゃんがかかりやすい病気の予防策を紹介します。
尿路結石にかかってしまったら、またキャットフードを選び直す必要があります。

水分摂取量を増やすことも予防に繋がります。

 

  • 高タンパク質なキャットフードを選ぶ

穀物が少なく動物性のタンパク質が多く含まれているキャットフードを選びましょう。

 

消化に優しく、オシッコの量が増えて予防に繋がります。

 

  • ミネラルの少ないものを選ぶ

カルシウムやマグネシウムを摂り過ぎてしまうと
尿路結石の原因になってしまいます。

適切な量を維持できるように摂取量を調整しましょう。

 

  • 予防効果のあるキャットフードを選ぶ

pH値が調整されており尿路結石の予防に
適しているキャットフードを選んでみましょう。

 

おしっこのpH値を中性に保つ効果があります。

 

6.まとめ

猫 ぺろん

キャットフードランキングをご紹介しました。

猫ちゃんの健康と幸せのためには
飼い主さんがしっかりとキャットフードを見極める必要があります。

 

猫ちゃんの体質や好みに合ったキャットフードを見つける手助けになれば嬉しいです♪