キャットフードを購入する際に気にしてしまいますよね、価格のこと。

安全性の高いキャットフードを与えてあげたいけど
価格も高いと手を出しづらく感じてしまうことがありますよね。

 

たしかに、価格の高いキャットフードはそれだけコストをかけることができるので
品質のいい原材料を使用している傾向があります。

 

ですが、キャットフードを選ぶ際には
「続けていける価格なのか」というのも重要になってきます。

高すぎてしまうと、どうしても続けることは難しいですよね…。

 

そこでここでは、安全性が高く、猫ちゃんの嗜好にも合った
品質のいいキャットフードを最安値で購入する方法をご紹介しています!

 

ぜひ、参考にして下さい♪

 

1.キャットフードの相場価格ってどのくらい?

キャットフードの相場ってどのくらいなのでしょうか。
キャットフードのおおまかな種類とその相場価格についてまとめました。

 

キャットフードの種類 特徴 相場価格
オーガニックキャットフード 化学的な農薬や肥料などを使用しないで飼育・栽培された肉や野菜を使用したキャットフードで価格は高い傾向にある。
全ての原材料がオーガニックとは限らないが2,000円台から購入できるものもある。
1kg当たり3,000~5,000円
特殊製法キャットフード 「フリーズドライ製法」や「エアドライ製法」など、従来の製造方法とは違う非加熱処理で、風味や栄養価をできるだけ保ったまま製造されるキャットフード。 1kg当たり3,000~10,000円
プレミアムキャットフード 動物性のタンパク質が主原料になっているキャットフード。穀物不使用(グレインフリー)であることが多いのも特徴の1つ。人工添加物などは使用されていない、完全無添加。 1kg当たり2,000~4,000円
ハイグレードキャットフード 穀物類は使用されているが無添加で動物性のタンパク質が主原料になっていることが多い。
価格が低いため、手に入れやすい。
1kg当たり700~1,500円
格安キャットフード 1kg300円などで販売されている格安のキャットフード。穀物が大量に含まれていたり、添加物を使用している製品が多いのが特徴。 1kg当たり200~500円

選ぶキャットフードのグレードによって値段は変わってきますね。
キャットフードのグレードが上がればそれだけ価格も上がっていきます。

 

キャットフード全体の相場はだいたいこのような感じでしょうか。

価格
500g~1kg 500~1,500円
~1.5kg ~4,000円
~2kg ~6,000円

 

どうして価格に差がうまれるの?

 

やすいものでは200円ほどで購入できてしまうキャットフードですが
どうしてこんなにも価格に差が出てしまうのでしょうか。

 

①主原料に違いがある

キャットフードのパッケージを見ると原材料が記載されていますよね。
そこを見ると、価格の差も納得できるはずです。

 

原材料は配合量の多い順番に記載されますので
1番初めに記載されているものが
そのキャットフードの主原料になります。

 

格安キャットフードの主原料を確認すると
「トウモロコシ」や「小麦」と
記載されていることがほとんどです。

 

穀物は安く仕入れることができるので
製造コストを抑えるために
格安キャットフードでかさ増しとして使用されます。

 

一方で、プレミアムキャットフードや
オーガニックキャットフードの主原料は
穀物よりもコストがかかってしまいますが

「チキン」や「サーモン」など
動物性のタンパク質が使用されています。

 

 

②添加物の有無

キャットフードに含まれている添加物は大まかに4つあります。

 

添加物 目的
保存料 賞味期限を長くするため
防腐剤 腐りにくくして保存期間、販売期間を長くするため
着色料 美味しそうに見せて購買意欲を高めるため
香料 猫ちゃんの食いつきを上げるため

 

格安キャットフードの賞味期限は
人工的な保存料や防腐剤を添加しているため
保存できる期間が長い傾向にあります。

「長期保存可能」というのは利点のように思いますが
それだけ強い成分を使っているという事です。

 

着色料に至っては、猫ちゃんのためではなく
飼い主さんに「美味しそう」と思ってもらうために
添加しているものなのです。

 

猫ちゃんの目は色をはっきりと認識できない為
食べ物はニオイで感知します。

 

そのため、穀物が主原料になっている格安キャットフードも
香料を添加して猫ちゃんの食いつきをアップさせています。

 

一方で、プレミアムキャットフードや
オーガニックキャットフードは添加物を使用せず、
人工添加物よりもコストがかかり、保存期間も短くなってしまいますが
天然成分のみで保存料や防腐剤をまかなっています。

 

 

2.キャットフードの価格と安全性は比例する!?

天秤

上記では価格にスポットを当てていましたが
続いては、キャットフードの価格と安全性にスポットを当て
価格と安全性の関係は比例しているのか調べてみました。

 

格安キャットフードの価格と安全性について

まずは格安キャットフードの価格と安全性についてです。

格安キャットフードの特徴から見ていきましょう。

 

①穀物が主原料

格安キャットフードは
価格を抑えるために穀物を主原料にしていますが

猫ちゃんは完全な肉食動物なので
大量の穀物を消化するのは苦手としています。

 

つまり猫ちゃんにとって
穀物が主原料のキャットフードは消化に悪く

必要な栄養の不足や糖質の過剰摂取による肥満の原因にもなり、
安全性が高いとは言えないのです。

 

 

②添加物が含まれる

肉食である猫ちゃん本来の食事は新鮮な生肉です。

添加物は必要ないため、
猫ちゃんにとっては添加物も消化に悪いのです。

 

さらに、キャットフードに添加されるこれらの人口添加物は
発がん性のある毒性の強い成分の場合があります。

 

消化に悪く、発がんの危険性が含まれているキャットフードは
安全性が高いとは言えませんよね…。

 

 

③動物性タンパク質の品質が良くない

格安キャットフードに含まれている動物性のタンパク質は
新鮮ではないお肉や、お肉以外の部位を加工した

ミールや肉副産物と呼ばれるような
決して品質がいいとは言えないものを使用している可能性があります。

 

例えば、病気で死んでしまった家畜を使用している可能性もありますし
薬漬けで保管されていた生肉を使用している可能性など

ミールや副産物は不明確な点が多すぎて安全とは言えません。

 

 

④原産国、生産過程が不明

原産国は「最後に手を加えた国」と決められているそうです。

例えば、他国から仕入れた原材料を使って
他国で製造しても、パッキングを日本で行えば
「国産」と表示していいことになるのです。

 

格安キャットフードは、原産国や製造過程の明記が無く
どこでどのように作られたのかがわからないので
安全性は?と聞かれると信頼は出来かねますよね…。

 

格安キャットフードが猫ちゃんに与える影響

格安キャットフードが、どのような影響を猫ちゃんに与えるのか紹介します。

 

①口臭や体臭の原因になる

人工添加物を含んだキャットフードを毎日食べていると
活性酵素が増え、口臭や体臭の原因になります。

 

また、ドライタイプのフードよりも
ウェットタイプのフードの方が添加物の使用率が多く

水分量の多いウェットタイプのフードは
歯に歯石がつきやすくなってしまいます。

歯石を放っておくと歯周病や口内炎の原因になり
さらに口臭を悪化させてしまいます。

 

 

②お腹の調子が悪くなる

穀物の消化は猫ちゃんの内臓へ大きく負担を掛けますし、
処理しきれないと消化不良を起こしてしまいます。

人工添加物も消化の邪魔になるといわれています。

 

肉食動物の特徴のひとつに腸が短いというのがあります。

猫ちゃんも例外ではなく、
短い腸では消化に時間のかかる穀物を
上手く処理することができません。

 

そうすると、下痢や便秘、嘔吐をする原因になるのです。

 

 

③アレルギーの原因になる

②お腹の調子が悪くなる、でもお伝えしたように
穀物や人工添加物は猫ちゃんの消化器官に大きな負担を与え
消化不良を起こし、下痢や便秘、嘔吐を繰り返します。

これが酷くなると猫ちゃんの体が拒否反応を起こし
アレルギーの症状がでてくるのです。

 

アレルギーの症状は
嘔吐や発疹、毛質が悪くなったり抜けたりします。

 

↓もっと詳しく猫ちゃんのアレルギーについて知りたい方はこちら↓

 

 

格安キャットフードは安全性が高いとは言えない

cat-1046544_640

上記の内容を見てみると
格安キャットフードは安全とは言えないことが分かりますね。

 

 

ときどき
「高いキャットフードを買ったのに食いついてくれない
安いキャットフードのほうが食いつきは良かった。」
などという口コミを見かけます。

 

猫ちゃんにとって格安キャットフードは
人間でいうジャンクフードと同じような感覚です。

外食ばかりなどしてジャンクフードに慣れてしまうと
「素材の味」というのは物足りなくて美味しくないですよね。

 

価格の高いプレミアムキャットフードなどは
香料が添加されていない素材そのもののニオイです。

 

ニオイで食べ物を判別している猫ちゃんからすると
格安キャットフードで強い香料のニオイに慣れてしまい
素材のニオイでは物足りなくなってしまうのです。

 

 

価格の高いキャットフードの安全性について

格安キャットフードの安全性が低いことは分かりましたね。
そうなると価格が高いほど安全性も高まるのか、気になるところです。

 

安全性の高いキャットフードの特徴は3つあります。

①栄養素のバランスがいい
②猫ちゃんに悪影響な成分が含まれていない
③原材料の品質がいい

 

実は価格が上がれば上がるほど、この3つはクリアされていきます。

 

でも、飼い主さんからすると
高すぎるキャットフードは購入を続けられませんよね。

 

続けやすい価格で、安全性が高いキャットフードというのはあるのでしょうか。

 

 

プレミアムキャットフードはコスパがいい!

プレミアムキャットフードは、原材料の品質が良く、
価格も高すぎることは無く、妥当な値段といえます。

 

プレミアムキャットフードの特徴は、

①良質な動物性のタンパク質が主原料
②グレインフリーが多い
③無添加
④栄養バランスがいい
⑤健康をサポートする成分が含まれている

などなど。

 

プレミアムキャットフードは続けやすい価格で原材料の品質も良く
猫ちゃんの健康をサポートしてくれるキャットフードなのです!

 

 

3.価格面でも安全面でもおすすめのキャットフード!

続けやすい価格で安全性が高いキャットフードを3つ紹介します。

 

○カナガン○

カナガンキャットフードのパッケージ

価格 3,960円
1日分の価格
(1日60g)
約160円
主原料 チキン
穀物 不使用
添加物 不使用
特徴 ・チキンが60%以上配合で高タンパク質。
・リンゴや海藻を配合し、健康をサポート。
・考えられた栄養バランスでしっかり必要な栄養を摂ることができる。
・良質な原材料を使用している。
・年齢に関係なく与えることができる。

 

 

○モグニャン○

モグニャンキャットフードのパッケージ

価格 3,960円
1日分の価格 約160円
主原料 白身魚(タラ)
穀物 不使用
添加物 不使用
特徴 ・白身魚を60%以上配合で高タンパク質。
・低カロリーなので、ダイエットにもいい。
・考えられたバランスでしっかり栄養を摂ることができる。
・オメガ系脂肪酸を豊富に含んでいる。
・年齢に関係なく与えることができる。

 

 

○シンプリー○

シンプリー キャットフード

価格 3,960円
1日分の価格 約160円
主原料 サーモン
穀物 不使用
添加物 不使用
特徴 ・サーモンやニシン、マスなどの動物性のタンパク質を70%以上配合で高タンパク質。
・オリゴ糖配合で、健康をサポート。
・考えられたバランスでしっかり栄養を摂ることができる。
・良質な原材料を使用している。
・年齢に関係なく与えることができる。

 

 

4.キャットフードを最安値で購入する方法!

上記で紹介した3つのキャットフードは「レティシアン」という
ペットフードの輸入販売を行なっている会社から販売されています。

 

価格を抑えて購入する方法を調べてみました。

 

カナガン モグニャン シンプリー
Amazon 4,968円/1.5kg 4,968円/1.5kg 4,968円/1.5kg
送料 無料 無料 無料
合計 4,968円 4,968円 4,968円
公式サイト 3,960円/1.5kg 3,960円/1.5kg 3,960円/1.5kg
送料 640円 640円 640円
合計 4,600円
(税込:4,968円)
4,600円
(税込:4,968円)
4,600円
(税込:4,968円)

 

通販サイトの代表としてAmazonを例に挙げてみましたが
公式サイトとの差額はありませんでした。

 

ですが、最安値を探していたら
公式サイトで割引のサービスを見つけました。

 

定期コース加入で10%OFFになるようです。

配達の個数と周期は、休止や再開はいつでも変更できるそうです。

 

さらに、合計金額に応じて割引額が変わるようです。

最大割引は20%、通販サイトで購入するよりもお得です。

 

 

そして、一番紹介したいのはお試しについて。

 

残念ながらシンプリーにはお試しやサンプルはありませんでした…。

ですが、カナガン・モグニャンは
50gを100円でお試しすることができるのです!

 

実はこの100円お試しモニター
不定期で開催され、先着1000名限定のレアイベントなんです(>_<)!

 

しかも、100円モニターに申し込んだ飼い主さんは
最初の1袋を半額で購入することができるそうです。

 

どこよりも最安値で購入できるのは公式サイトのようでした。

 

 

そして最後に、一つだけ注意して欲しいことがあります。

ここまで、価格について触れてきましたが
キャットフードは価格だけに着目するのではなく
猫ちゃんの個体差に合わせて選ぶようにしましょう。

 

注意!!価格だけに着目しないで!!

たしかに、キャットフードは価格が高いほど原材料の品質は良くなり
穀物や添加物は不使用になる傾向があり、安全性が高まります。

ですが「価格が高いほど安全です!」とは言い切れません。

 

というのも、猫ちゃんには個体差があり
それぞれ体質は違うため一概に「安全だ」とは言えないのです。

 

例えば、腎臓に疾患のある猫ちゃんは
動物性のタンパク質が豊富に配合されているキャットフードを
食べ続けると腎臓に負担がかかり症状が悪化します。

これでは、品質のいい安全性の高いキャットフードを与えていても
猫ちゃんの健康状態は悪くなってしまいます。

グレインフリーが体質に合わず
軟便や便秘を引き起こす猫ちゃんもいます。

 

格安キャットフードよりは価格の高いプレミアムキャットフーの方が
アレルギーや病気の危険性は減りますし
必要な栄養素もしっかり摂ることができます。

 

キャットフードは猫ちゃんの
個体差に合わせて選ぶ必要があることを忘れないでくださいね。

 

5.まとめ

 

キャットフードを選ぶ際には
むやみに高いフードを選べばいい、というわけではなく

 

品質のいいキャットフードを見極めて
キャットフードの価格に比例して猫ちゃんが受ける影響や
飼い主さんが続けていきやすい価格を考えてキャットフードを選びましょう。

 

猫ちゃんが健康的に長生きできるように
品質のいいキャットフードを選んでサポートしてあげましょう!

 

おすすめの記事