キャットフードの基本情報

人気のキャットフードにはどんな特徴があるの??

 

愛猫ちゃんのためにキャットフード選びを慎重にしたい飼い主さんは
「どんなキャットフードが人気なのか、どうして人気なのか…」気になりませんか?

 

ここでは、人気のキャットフードを紹介し
評価されているポイントなどを紹介していきます!

 

猫ちゃんに長生きしてもらうために
安心・安全のキャットフードを選んであげるお手伝いができれば嬉しいです♪

ぜひ、参考にして下さいね( *’▽’)!

 

1.ずばり!人気のキャットフードはこれ!

外国産、国産別に人気のキャットフードを紹介します(*’ω’*)

外国産の人気キャットフード

カナガン

カナガン キャットフード

 

内容量・価格 1.5kg・3,960円
カロリー/100g 390kcal
主原料 チキン60%以上使用
原産国 イギリス
添加物 〇(不使用)
穀物 〇(不使用)
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 常温未開封で製造日から18ヶ月
安全性 ★★★★★
口コミ ★★★★☆

 

カナガンの口コミ

・原材料・成分の配合がとてもよく、栄養バランスがとれていると思う。

・始めはなかなか食べてくれなかったけど、今ではおいしそうに完食してます!

・食いつきが良く、うんちの状態が良くなった!

・多頭飼いでもカナガン1つで大丈夫だから楽ちん♪

・ゴワゴワだった毛並みがスルンスルンになりました(*^-^*)!

 

 

モグニャン

モグニャン広告

 

内容量・価格 1.5kg・3,960円
カロリー/100g 374kcal
主原料 白身魚60%以上使用
原産国 イギリス
添加物 〇(不使用)
穀物 〇(不使用)
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 常温未開封で製造日から18ヶ月
安全性 ★★★★★
口コミ ★★★★★

 

モグニャンの口コミ

・モグニャンに変えてから食いつきが明らかに変わった!

・高齢猫なので高タンパク質なのがちょっと心配だけど、低カロリーなのは嬉しい。

・モグニャンにしてから吐くことが減って、安心のキャットフードです( *’▽’)

・原材料に人間が食べても問題のない品質のいい魚を使ってるのが好印象。

・お魚のいい匂いがうちの子にはたまらない様子(笑)美味しそうに食べてくれます♪

 

 

シンプリー

シンプリー 広告

 

内容量・価格 1.5kg・3,960円
カロリー/100g 380kcal
主原料 サーモン・ニシン・マスなど合わせて70%以上使用
原産国 イギリス
添加物 〇(不使用)
穀物 〇(不使用)
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 常温未開封で製造日から18ヶ月
安全性 ★★★★★
口コミ ★★★★☆

 

シンプリーの口コミ

・オリゴ糖や食物繊維のおかげで、うんちの調子もよくなってきました(*^-^*)

・保存方法に悩むけど吐く事も無く、たくさん食べてくれるので気に入っています。

・魚メインの方がうちの子的には合っている様で、食いつきもアップ!毛並みも良くなってきた!

・高齢なので食欲が落ちていたのですが、シンプリーは与えた分だけ食べてくれました!

・動物栄養学者との共同開発ってところがすごく安心感があります♪

 

 

ファインペッツ

ファインペッツ キャットフード

 

内容量・価格 1.5kg・3,429円(初回:1,080円)
カロリー/100g 472.2kcal
主原料 アヒル肉・ニシン80%以上使用
原産国 オランダ
添加物 〇(不使用)
穀物 △(全粒米)
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 開封後3ヶ月が目安
安全性 ★★★★★
口コミ ★★★★☆

 

ファインペッツの口コミ

・お試し価格が1.5kg1,000円ですごく有難い。騙されたと思って購入しましたが当たりでした!

・メインがチキンからアヒル肉にかわって不安でしたが、ちゃんと食べてくれます。

・軟便が気になっていたのですが、ファインペッツにしたらしっかりうんちになりました。

・毛並みがすごぉく良くなりました!サラサラで気持ちいいです…(*´▽`*)♪

・お肉にアレルギーが出たのでどうしようかと思ったのですが、アヒル肉は大丈夫でした!!

 

 

ジャガー

ジャガー 猫

 

内容量・価格 1.5kg・4,280円
カロリー/100g 384kcal
主原料 チキン・鴨肉・サーモン・マスなど合わせて80%以上使用
原産国 イギリス
添加物 〇(不使用)
穀物 〇(不使用)
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 常温未開封で製造日から12ヶ月
安全性 ★★★★★
口コミ ★★★☆☆

 

ジャガーの口コミ

・目ヤニや涙やけが気になっていたのですが、ジャガーを与えてからみるみる改善しました!

・量をきちんと計算して与えないと、食いつきの良さが裏目に出て太ってしまいました…(>_<)

・勢いよく食べて吐いちゃううちの子(笑)、でもジャガーは吐きませんでした!

・高品質な原材料なのでお値段はしますが、安心して続けられるキャットフードだと思います。

・うちの子はお肉もお魚も使った贅沢なキャットフードしか食べてくれなくなりました(笑)

 

 

国産の人気キャットフード

ねこはぐ

ねこはぐの広告

 

内容量・価格 1.5kg・6,980円
カロリー/100g 383kcal
主原料 鶏肉
原産国 日本
添加物 〇(不使用)
穀物 △(大麦・玄米など…)
対応年齢 子猫~成猫
賞味期限 未開封:約1年、開封後:約2~3ヶ月が目安
安全性 ★★★★★
口コミ ★★★☆☆

 

ねこはぐの口コミ

・正直、高いです。でも残さず食べてくれるし国産にこだわりたくて続けています!

・海外産に抵抗があり、国産のねこはぐにしましたが、穀物類が少し気になります…。

・うちの子には原材料が合っているようで、ねこはぐにしてから調子がイイみたいです♪

・ご飯の時間になると、飛びついてくるぐらいには気に入ったみたい!

・数か月続けた結果、軟便だったうんちの様子がいいうんちに変わったと思う!!

 

 

日本のみのり

日本のみのり_パッケージ

 

内容量・価格 800g・3,348円
カロリー/100g 418kcal
主原料 牛肉粉
原産国 日本
添加物 〇(不使用)
穀物 △(玄米など…)
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 未開封:製造から6ヶ月 開封後:1ヶ月が目安
安全性 ★★★☆☆
口コミ ★★★☆☆

 

日本のみのりの口コミ

・ウェットしか食べなかったうちの子がドライフードを食べれるようになりました!

・今までのを食べなくなったので、試しにみのりを与えたらポリポリ食べてくれます♪

・海外メーカーから国産の物に変えたくてたどり着きました!うちの子も気に入っています!

・お値段がするのでローテーションの一つとして与えています。多頭飼いでも安心です♪

・よく下していましたが、キャットフードを変えてからは下すことは少なくなり、安心です。

 

 

シェフキャット

シェフキャットの広告

 

内容量・価格 850g・1,980円
カロリー/100g 370kcal
主原料 生肉(牛・鶏・馬・魚・豚レバー)
原産国 日本
添加物 〇(不使用)
穀物 △(玄米粉・大麦全粒粉など…)
対応年齢 全年齢対応
賞味期限 未開封時 製造から6ヶ月 開封時 1ヶ月以内が目安
安全性 ★★★★☆
口コミ ★★★☆☆

 

シェフキャットの口コミ

・始めは食いつき悪かったけど、最近はゆっくりですがちゃんと食べてくれています。

・うんちの状態も良くなり、毛並みもサラッサラのツヤンツヤンになりました!

・去勢手術をしましたが、特に太る様子もなく、健康的で安心なフードだと思います。

・健康のことを考えてシェフキャットにしました。我が子は気に入っているようです♪

・穀物類が心配でしたが、うんちの様子も大丈夫そうで、今のところ続ける予定です。

 

2.人気のキャットフードが評価されているのはここ!

 

人気のキャットフードが評価されているところは…

  • 安全性
  • 効果面
  • コスパ

主にこの3つです!

 

【安全性】

  • 主原料が動物性のタンパク質
  • 穀物は入っていないか、少ない
  • 危険な原材料が使用されていない
  • 無添加
  • タンパク質・脂質の量が最低限を満たしている

【効果面】

  • 食いつき
  • 毛並みなど、見た目の変化
  • うんちなど、体調面の変化

【コスパ】

  • コストパフォーマンスが高いか
  • 続けやすい価格か

などなど…。

 

猫ちゃんの健康維持にはキャットフードの質が関係してます。

粗悪な原材料をつかったキャットフードを食べても健康になることはないですし
場合によっては、健康を害してしまう恐れもあり心配ですよね。

 

紹介した人気のキャットフードは
栄養素のバランスやその配合量などがきちんと考えられており
猫ちゃんの健康にしっかり寄り添えるようにこだわって作られたものばかりです!

 

猫ちゃんの嗜好性に合わせた材料選びをして
お肉やお魚などの動物性タンパク質を主原料としているのがほとんどです。

香料などで香り付けをしなくても猫ちゃんが食べたくなるように
動物性のタンパク質を豊富に使用していることで自然と食いつく香りになります。

 

添加物などは使用せず、
保存料なども天然のもので代用しているのが人気があるキャットフードの特徴です。

 

着色料や防腐剤などの中には、危険な成分の物もいくつかあり
長期にわたって摂取し続けていると健康に害を及ぼす可能性が出てきます。

 

このような、猫ちゃんの健康を害する危険性をひとつひとつできる限り取り除いて
猫ちゃんが理想とする肉食動物本来の食事に近づけたキャットフードが
今回紹介した、人気のキャットフードです。

 

猫ちゃんに必要なものをたっぷり配合し、不要なものを取り除いているから
安心して与えることができ、人気が出るんですね♪

餌を食べる猫

ドライタイプのキャットフードが選ばれる理由

人気のキャットフードはドライタイプのものが多いですよね。

ウェットタイプのキャットフードの方が猫ちゃんの食いつきはいいのですが
なぜ、ドライタイプのキャットフードが人気なのでしょうか…?

 

理由は管理のしやすさや猫ちゃんへの影響に関係しています!

 

【ドライタイプのキャットフードが選ばれる理由】

  • 扱いやすく長期間の保存もしやすい
  • 噛むことで脳の刺激になる
  • 噛むことで顎の強化に繋がる
  • 歯周病の予防や歯石除去の効果がある
  • 栄養価のバランスがいい

 

ウェットタイプのキャットフードは水分量が多く
食感が生肉に近いため猫ちゃんの食いつきがいいとされていますが

ウェットタイプは長期保存に向いていません。

中には長期保存を可能にするため添加物を使っている場合もあります。

 

もちろんウェットタイプにも無添加のものはありますが、やはり長期保存には向いていません…。

 

また、栄養の面においてもウェットタイプよりドライタイプのキャットフードの方が
猫ちゃんに必要な栄養素がバランス良く含まれています。

 

飼い主さんは、猫ちゃんに必要な栄養素を知っておきましょう!

【猫ちゃんに必要な栄養素】

  • 動物性タンパク質
    成長や活動に必要なエネルギー源
  • 脂質
    成長や活動に必要なエネルギー源。摂取しすぎると肥満の元になる
  • ビタミン
    体の調子を整える。
  • ミネラル
    成長に必要な栄養素。
  • 炭水化物
    摂取しすぎると肥満の元になる。

 

ビタミンとミネラルはバランスよく摂取しないといけません。

どちらかのバランスが崩れるとお互いが上手く効果を発揮できなくなってしまうのです。

 

さらに炭水化物は摂取量に注意が必要です。

穀物などの炭水化物は大量に摂取すると消化に大きな負担がかかり
猫ちゃんの身体に悪影響を及ぼす場合があります。

適切な摂取量を守っていれば悪影響にはなりませんし、
食物繊維なども含まれているので便通の改善に役立ったりもします。

 

 

この、猫ちゃんに必要な栄養素がバランスよく含まれており
1日に摂取すべきカロリーを与えやすいのは
栄養や配合のバランスがいいドライタイプのキャットフード
飼い主さんにとってもドライタイプのキャットフードは扱いやすいです。

 

一食分のコスパを考えても、ウェットタイプより
ドライタイプのキャットフードの方が安く済ますことができるなど

様々な点からドライタイプのキャットフードが多くの飼い主さんに選ばれているのです!

 

ウェットタイプのキャットフードについて

健康的な猫ちゃんの常食としてはあまりおすすめできませんが
子猫やシニア猫、食欲の落ちた猫ちゃんは
ウェットタイプのキャットフードの方が食べやすいでしょう。

 

ウェットタイプのキャットフードのメリットは
柔らかく水分量が多いことや嗜好性が高いことです。

 

なのでウェットタイプのキャットフードは、

  • キャットフードを食べ始めた子猫の離乳食
  • 噛む力の衰えたシニア猫ちゃんのご飯
  • 病気や怪我で食欲の落ちた猫ちゃんの一時的なご飯
  • 健康な猫ちゃんのおやつ

として与えられることが多いと思います。

 

ウェットタイプのキャットフードもドライタイプのキャットフードも
猫ちゃんの様子を見ながらうまく使い分けて与えるのが良いですね♪

3.ポイント別!キャットフードの選び方!

チェックリスト

人気のキャットフードにも様々な種類があります。

選ぶのに悩んでしまう飼い主さんは、選び方のポイントを押さえていきましょう。

 

【選び方のポイント】

  • 原産国に注目

海外産が多いですが、国産のキャットフードもあります。
ペット先進国と言われる欧州のキャットフードに人気があります。

ペット先進国では、ペットに関する法律や規則がしっかりと定まっています。
ペットフードに関しても粗悪な原料は使われていないので安心できます♪

 

  • 主原料に注目

動物性のタンパク質がメインのキャットフードを選びましょう。
穀物が大量に使われていたり
出所のわからないミール系の素材を使用しているキャットフードは少し不安が残ります…。

できるだけ、新鮮な生肉が主原料のキャットフードを選ぶようにしましょう。

 

  • 猫ちゃんの体型に合わせて選ぶ

猫ちゃんによって体型やカロリー吸収の違いがあるため
キャットフードを選ぶ時には猫ちゃんの運動量や食事量を考える必要があります。

肥満な子には低カロリーで高タンパクなキャットフードを選んであげるなど工夫が必要です。
肥満な子は病気になるリスクが上がるので気を付けましょう。

 

  • 猫ちゃんの体質に合わせて選ぶ

猫ちゃんそれぞれに個体差があり、
すべての猫ちゃんに同じキャットフードを与えることができるとは限りません。

アレルギーをもっている子には
アレルゲン(アレルギーの原因)が含まれていないキャットフードを選ぶ、
長毛な子には毛玉ケアに向いているキャットフード選んであげるなど工夫が必要です。

 

  • 猫ちゃんの年齢に合わせて選ぶ

全年齢対応のキャットフードが人気ですが、子猫用・成猫用・シニア用(老猫用)など、
年齢の段階別にキャットフードを選んであげるのもいいですよ♪

全年齢対応のドライタイプのキャットフードを与えている子猫やシニア猫には
キャットフードをふやかして与えると食べやすくなります。

 

  • 猫種に合わせて選ぶ

猫ちゃんの種類、例えば折れ耳が特徴のスコティッシュフォールドなど
猫種に合わせたキャットフード選びをするのもおすすめです!

猫種は純血に近ければ近いほど、遺伝的な病気にかかりやすくなります。

スコティッシュフォールドは耳の病気になりやすいです。
栄養価の高いキャットフードで病気予防をするなど工夫が必要です。

 

  • コスパ

あまりにも安くで販売されているキャットフードなどは注意が必要です。

かさ増しのために穀物を大量に使用し
嗜好性を上げるために香料などの添加物を配合している場合があります。

原材料や素材に注目し、猫ちゃんの健康を守ってあげましょう。

 

4.人気のキャットフードはどこでかえるの?

今回紹介した8つのキャットフードはどこで購入できるのか調べてみました!

 

市販 Amazon 楽天 公式サイト
カナガン
モグニャン
シンプリー
ファインペッツ
ジャガー
ねこはぐ
日本のみのり
シェフキャット

どのキャットフードも、市販での販売はありませんでした。

 

キャットフードの品質を自分たちの手で管理し、
できるだけ新鮮な状態でキャットフードを届けたいから市販の販売はしていないようです。

意外と重たいキャットフードをなるべく新鮮な状態で家まで届けてくれるなら楽ちんですね♪

 

公式サイト以外での販売も見られるようでしたが
転売の可能性や品質の管理の面において、不安が大きいため公式サイト以外での購入はおすすめしません。

 

猫ちゃんの栄養になるものですから、安心できる公式サイトで購入しましょう。

なにか不安点があっても対応してくれますし
通販サイトで購入するよりお得に購入できますよ♪

 

公式サイトには割引やお得な購入方法についての情報がたくさんのっていましたよ!

定期購入すると〇%OFF!などの割引は公式サイト以外では見られませんでした。

 

まずは公式サイトをのぞいて見て、お気に入りのキャットフードを見つけてみましょう。

キャンペーンでサンプルを出しているキャットフードもあるので要注目です!!

 

5.まとめ

猫 ぺろん

いかがだったでしょうか。

人気のキャットフードについて紹介しました。

 

主原料や素材、栄養バランスや栄養価など、
様々な面で評価されているからこそ、人気が出ているんですね。

 

猫ちゃんの健康を守りたい飼い主さんは
猫ちゃんに合わせた選び方で、人気のキャットフードを試してみましょう!