「愛猫には、いつまでも健康で、そして長生きでいて欲しい」

こう考える飼い主さんは多いはず。
愛しいペットの健康を考えるなら、毎日の食事こそ見直すことをおすすめします!

なぜなら、フードは彼らの健康に直結するからです。

あなたはフードの選び方にこだわりを持っていますか?

cat-1058095_640

健康を損ねてしまう前に、今一度フードの見直しを行ってみませんか(^^)?

今回は2018年現在人気のキャットフードをランキング形式でご紹介します。

【2018年版】おすすめのキャットフードを比較するための基準は? 

food-1898194_640

2018年おすすめのキャットフードをリサーチする前に、何をもって「おすすめ」と確定するのか?

まずは、その基準や指標の確認から考えていきましょう!

■5大栄養素は含まれているのか?

 

ペットフードに含まれている栄養素は、メーカーによって差がありますが「これだけは外せない!」という栄養素があります。

それが5大栄養素!!

おすすめのキャットフードの確定には、この5大栄養素のバランスが非常に重要となってきます。

ちなみに、5大栄養素の内容は以下の通りです。

タンパク質

猫は完全肉食の動物です。現在ではキャットフードを主食とするペットも多いのですが、もともとは肉や魚のタンパク質からエネルギーを得ていました。現代でもその生体は変わらず、そのため摂取する栄養素の多くはタンパク質でまかなうことが理想的です。

炭水化物

猫はもともと肉や魚が主食の完全肉食動物。

ですから、本来であれば炭水化物は摂取せずともくらしていけます。

炭水化物の消化吸収に向いているとは言い難い彼らですが、エネルギーやグリコーゲンとして体内に貯蔵することは可能です。

脂肪

良質な肉や魚から摂取する脂肪(脂質)は彼らにとって重要なエネルギーとなります。

しかし、過度な摂取を行えば人間と同様肥満の原因となります。老化による運動不足が気になりだしたら、脂肪分の摂取に配慮しましょう。

ミネラル

人間同様、猫にもミネラルは必要な栄養素です。

脳を活性化、組織生成に必要なリンや、神経伝達や筋肉収縮に必要なナトリウムなど猫に必須と考えられるミネラルは12種類です。

不足すると骨や爪がもろくなり、被毛のツヤが失われてしまいます。

★必須ミネラル
(カルシウム・リン・カリウム・ナトリウム・マグネシウム・塩化物)

★微量必須ミネラル
(鉄・銅・マンガン・亜鉛・ヨウ素・セレン)

ビタミン

ビタミンは、水溶性ビタミン(ビタミンB,C)と脂溶性ビタミン(ビタミンA,D,E,K)との2つに分けることが可能で、体の調子を整えるために必要な栄養素です。

■安全性は保たれているか?

checklist-2077018_640キャットフードの安全性を確認する際は、先に紹介した5大栄養素の配合は大前提となります。

では、他にどのようなポイントを見極めれば安全でおすすめなキャットフードと言えるのでしょうか?

  • 動物性タンパク質源が主原材料
  • 原材料の表記が明確
  • 穀物由来の食材配合の有無
  • 人工添加物使用の有無

市販のキャットフードを購入する際にチェックした方がよいポイントは上記4つです。

その他は、ペットの年齢や健康状態に合わせて選べば、安全性の高いフードを選ぶことができるはず!

【2018年版】おすすめのキャットフード・安全ランキング!

早速ではありますが、2018年おすすめのキャットフード・安全ランキングを発表です\(^o^)/

このランキングを元に、安全性・栄養価共に高いキャットフードをリサーチです♪

■1位:キャットフード・カナガン

カナガン キャットフード

厳選、こだわりの原材料を使用するカナガンが2018年おすすめのキャットフードです!

ヒューマングレードの高品質なキャットフードは、原産国であるイギリスから直輸入というこだわりぶり。

配合されている原材料は、チキンやサツマイモ、海藻やマリーゴールドなどタンパク質やミネラルの配合バランスに富んでいます。

また、カナガンの安全性やこだわりには獣医師が推薦するほど!

カナガン 獣医師

カナガンは、すべてのライフステージの猫ちゃんに推薦できると思います。

タンパク質の含有量が高いので、成長期の猫ちゃんや、高齢で食が細くなった猫ちゃんにも安心して与えることができます。高タンパク質・穀物不使用のカナガンは、生物学的にみても、猫に最適な栄養バランスになっています。

引用:https://www.canagancatfood.co.jp/info/canagancatfood/recommend.html

キャットフード名 カナガンキャットフード 通常販売価格:3,960円(税抜)
内容量 1.5kg
賞味期間 常温未開封で製造日より18ヶ月
原産国名 イギリス
キャットフード特長
  • イギリス産の新鮮な平飼いチキンを60%以上使用
  • 穀物不使用(グレインフリー)
  • 高タンパク・低炭水化物
  • 野菜やハーブを独自配合
  • ライフステージ別対応
  • 人工添加物不使用
  • 欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)安全基準を満たす工場内で生産
  • 産地であるイギリスから直輸入

原材料名

乾燥チキン35.5%、骨抜きチキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂4.2%、乾燥全卵4%、チキングレイビー2.3%、サーモンオイル1.2%、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

成分 粗タンパク質:37.00%
脂質:20.00%
粗繊維:1.50%
粗灰分:8.50%
水分:7.00%
オメガ6脂肪酸:2.99%
オメガ3脂肪酸:0.82%
リン:1.40%
マグネシウム:0.09%
ナトリウム:0.80%
カルシウム:1.58%
カリウム:0.70%
※エネルギー(100gあたり)約390kcal
供給目安量(1日あたり) 【成猫】

  • 2.5kg以下  25~35g
  • 2.5~3.5kg 35~45g
  • 3.5~4.5kg   45~60g
  • 4.5kg以上     60g~

【子猫】

  • 2ヶ月以下    20~30g
  • 2~4ヶ月      30~55g
  • 4~6ヶ月      55~75g
  • 6~12ヶ月    75g~

参考:https://www.canagancatfood.co.jp/cart/

■2位:キャットフード・モグニャン

モグニャン キャットフード

引用:https://www.mognyancatfood.co.jp/cart

惜しくも第二位にランクインしたのがモグニャンキャットフードです!

高品質、製品へのこだわり、第一位のカナガンにも劣らない内容でした。

個人的に感銘を受けたのが、愛猫家とのレシピ作りです。

イギリスのフード生産工場の専門家+愛猫家で何度も打ち合わせを行い、粒の固さやサイズ香りに至るまでとことんこだわっています。

何よりも、2018年おすすめキャットフードランクイン第一位に輝いた、カナガンキャットフードのスタッフが開発したフードなので、安心と安全に信頼がおけます。

モグニャン レシピ

 

キャットフード名 モグニャンキャットフード 通常販売価格:3,960円(税抜)
内容量 1.5kg
賞味期間
原産国名 イギリス
キャットフード特長
  • 着色料・香料不使用
  • サツマイモ由来の炭水化物配合
  • 穀物不使用(グレインフリー)
  • 白身魚を主原料に選び香りがよい
  • 野菜やハーブを独自配合
  • オールステージ対応フード
  • 粒サイズ7mmと小粒仕様
  • 欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)安全基準を満たす工場内で生産
  • ジッパー付きで開封・密封自由自在
  • 継続希望93.9%
  • 生産日、原材料のロット、製造番号が袋に記載

原材料名

白身魚63% サツマイモ エンドウ豆 サーモンオイル ひよこ豆 レンズ豆 ヒマワリオイル フィッシュスープ ミネラル類 ビタミン類 ビール酵母 オリーブオイル アマニ アルファルファ バナナ リンゴ クランベリー カボチャ セイヨウタンポポ

成分 粗タンパク質:30%
脂質:16%
粗繊維:3.5%
粗灰分:8%
水分:7%
オメガ6脂肪酸:1%
オメガ3脂肪酸:2.1%
※エネルギー(100gあたり)約365kcal
供給目安量(1日あたり) 【成猫】

  • 2.5kg            35~45g
  • 2.5~3.5kg    45~55g
  • 3.5~5kg          55~70g
  • 5~6.5kg以上    70~85g
  • 6.5~8kg           85~110g
  • 8~10kg            110~130g

【子猫】

  • ~2ヶ月    35~50g
  • 2~3ヶ月   50~60g
  • 3~4ヶ月     60~70g
  • 4~6ヶ月    70~80g
  • 6~10ヶ月 80~90g
  • 10~12ヶ月 90~100g

参考:https://www.mognyancatfood.co.jp/cart

■3位:キャットフード・シンプリー

シンプリー キャットフード

引用:https://www.symplycatfood.jp/cart

堂々の3位に輝いたのがシンプリーキャットフード!!

シンプリーキャットフードのこだわり、それは猫にとって負担の多く小麦や穀物を排除した原料にあります。

猫が本来が必要とするタンパク質を主成分として、独自の黄金バランス栄養素で構成されています。

生サーモンをベースに旨みたっぷりなお魚が濃縮されたシンプリーキャットフード、人間の私からしても美味しそうです(*^^*)

高タンパクで栄養豊富なシンプリーキャットフードは、猫にとって理想的な食事と言えるでしょう。オリゴ糖や食物繊維など、胃腸の働きを活発にしてくれる成分や、リフレッシュ効果のあるカモミール・ペパーミントなどのハーブが含まれている点も高く評価できます。また濃厚なサーモンの風味は「匂い」に敏感なネコの食欲をそそり、我が家の13歳の猫は偏食気味なのですが、袋を開けた瞬間から嬉しそうに近づいてきて、久々にトッピングなしでドライフードを食べてくれました。皆様にお勧めできる商品です。 

獣医推薦 シンプリー

引用:https://www.symplycatfood.jp/cart

 

キャットフード名 シンプリーキャットフード 通常販売価格:3,960円(税抜)
内容量 1.5kg
賞味期間
原産国名 イギリス
キャットフード特長
  • 高品質タンパク質73%配合
  • 穀物不使用(グレインフリー)
  • 高タンパク・低炭水化物
  • 全猫種・全年齢対応
  • 徹底した品質管理下のもと生産
  • 保存料はミックストコフェロール(ビタミンE)のみ
  • 動物栄養学者との共同開発キャットフード
  • 英国王室表彰のクオリティー

原材料名

骨抜き生サーモン(31%)、サツマイモ、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、ジャガイモ、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)、ミネラル類(硫酸亜鉛一水和物、硫酸第一鉄水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、アルファルファ、クランベリー、タウリン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ

成分 粗タンパク質37.00%、脂質20.00%、粗繊維1.50%、粗灰分9.50%、水分7.00%、オメガ6脂肪酸1.33%、オメガ3脂肪酸3.89%、カルシウム1.89%、リン1.32%、カリウム0.60%、マグネシウム0.13%、ナトリウム0.80%、
※エネルギー(100gあたり)約380kcal
供給目安量(1日あたり) 【成猫】

  • 2.5kg未満  25~35g
  • 2.5~3.5kg 35~45g
  • 3.5~4.5kg   45~60g
  • 4.5kg以上     60g~

【子猫】

  • 2ヵ月未満   20~30g
  • 2~4ヶ月      30~55g
  • 4~6ヶ月      55~75g
  • 6~12ヶ月    75g~

引用:https://www.symplycatfood.jp/cart

【2018年版】おすすめのキャットフード・コスパランキング!

2018年おすすめのキャットフードランキング、つづいてはコスパ!

高品質なキャットフードを与えたい、だけど可能な限り出費を抑えたい(><)

毎日与えるものだから良質かつお得であって欲しいですよね?そこでコスパの良いキャットフードをリサーチしてみました!

■コスパを比較!どのキャットフードがお得なの?

【第一位】

カナガン キャットフード 価格

  • カナガン キャットフード(1.5kg)
  • 通常販売価格:3,960円(税抜)
    →特別優待価格【10%OFF】 1個:3,564円(税抜)

【第ニ位】

モグニャン 価格表

  • モグニャンキャットフード(1.5kg)
  • 通常販売価格:3,960円(税抜)
    →特別優待価格【10%OFF】 1個:3,564円(税抜)

【第三位】

シンプリー 価格表

  • シンプリー キャットフード(1.5kg)
  • 通常販売価格:3,960円(税抜)
    →特別優待価格【10%OFF】 1個:3,564円(税抜)

【番外編】

ねこはぐ 価格

  • ねこはぐ(トクトク便)(1.5kg)
  • 通常販売価格:6,980円(税抜)
    →特別優待価格【10%OFF】 1個:3,980円
    →クレジット決済【500円%OFF】 1個:3,480円

実はコスパの良さに大差がなかった…しかし!

コスパランキング第一位~第三位までは、定期便があり通常価格や優待価格に差がありませんでした。

また、金額ごとの割引率に関しても同じです。

そのため、コスパの良さでキャットフードを選ぶよりも栄養素や安全性を重視して選ぶことをおすすめします!

また、猫ちゃんの好みもあると思うので、食べ比べてもらい食いつきが良い方を与えてみましょう。

まとめ

cat-1151519_640

今回紹介した2018年おすすめキャットフードランキングはいかがだったでしょうか?

どのキャットフードも、原料や製法に関してとことんこだわっていましたね!

キャットフードのおすすめを知るには、猫に必要な栄養素をしっかりと把握しておくことが大事です。

今回紹介したキャットフードを参考に購入し、猫ちゃんの健康と成長の促進をサポートしてあげましょう♪

おすすめの記事