猫ちゃんが元気に長生きするためには健康であることが第一です。

しかし、人間と同じように猫ちゃんも老化が原因で病気にかかりやすくなってしまいます。

 

そこで、老猫ちゃんには猫ちゃん用のサプリメントを活用してみましょう!

 

用途に応じて必要な栄養素を補えるのがサプリメントの利点です。

 

老猫ちゃんの怪我や病気の予防に猫用サプリメントを活用してみましょう!

 

1.サプリメントが必要な猫ちゃんとは?

猫用サプリメントは、キャットフードだけでは不足しがちな栄養素を
補ってくれる役割があります。

 

医薬品ではないので、即効性はありませんが続けることで効果が出てきます。

副作用が少ないのも魅力の1つであり、健康維持に役立てることができます。

 

猫用サプリメントの必要性は?

サプリメントの役割はキャットフードだけでは不足しがちな栄養素を補うことです。

 

しかし、すでにドライタイプのキャットフードには
猫ちゃんが必要としている栄養素がきちんと考えられて配合されています。

 

体に疾患もなく健康で元気な猫ちゃんには、基本的にサプリメントは必要ありません。
キャットフードの栄養素のみで、十分に健康維持が出来るからです。

 

サプリメントを必要としてするのは疾患があったり
便秘、軟便といった気になる症状のある猫ちゃんです。

 

とくに老化や猫エイズといった病気などで免疫力が落ちている猫ちゃんは
キャットフードだけでは栄養を補えていない可能性があります。

 

このような場合、免疫力を上げるサポート役に
サプリメントを取り入れることは効果的と言えます。

 

猫用サプリメントの注意点

猫ちゃんにサプリメントを与えようと思っている飼い主さんは
まず初めに注意点を頭に入れておきましょう。

 

①猫ちゃんには猫用サプリメントを与える

「人間用のサプリメントを与えてもいいのか?」
という疑問を持つ方もいるかと思いますが、絶対にやめて下さい。

人間には無害な成分が、猫ちゃんには害のある成分である可能性があります。

 

もし、同じ成分が入っているサプリメントだとしても
人間用と猫用のサプリメントでは、含まれている量や濃度に差があります。

 

猫ちゃんの体は小さく、許容できる量も限られているため
よかれと思って人間用のサプリメントを与えてしまうと
思わぬ健康被害に遭う可能性があります。

 

猫ちゃんには猫用、もしくはペット用と記載されているサプリメントを与えましょう。

 

②添加物に注意する

サプリメントの中には添加物が含まれている場合があります。

 

添加物には、もちろんメリットもありますが
デメリットが大きいものもあります。

 

添加物の中には、発がん性があると言われているようなものもあります。

病気の元になるような添加物が含まれているサプリメントを与えると
猫ちゃんの寿命を縮めてしまうことになります。

 

さらに、添加物が含まれている食品を食べ続けると
アレルギーになる可能性が高まります。

 

できるだけ添加物の少ないものか
添加物が入っていない無添加のサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

③サプリメントは用法容量を守って与える

サプリメントは医薬品ではなく、食品です。
病気が治るものではないですし、即効性もありません。

また、与えれば与えるだけ効果が出るものでもありません。

 

サプリメントの量を増やしたり与える時間の間隔を短くしたりしても
効果は変わらないのです。

 

効果がないから、と言って与える量を増やしたりすると
過剰摂取になってしまい、体調を崩す原因になってしまいます。

 

あくまでも、猫ちゃんの健康をサポートする役目なので
必要なときに、適切な量を与えることが重要です。

 

④猫ちゃんの様子をよく観察・記録する

サプリメントを与え始めたら猫ちゃんの様子を
こまめにチェックし、記録するようにしましょう。

 

万が一、サプリメントが猫ちゃんの体に合っていなくても

記録をつけることで、
いつから拒絶反応が出ているのか等を知る手掛かりになります。

 

食欲や、行動、排泄の様子など、
猫ちゃんについて気が付いたことを記録してみましょう。

サプリメントが猫ちゃんの体にあっているのか、効果は出ているのか、などなど。

 

観察の記録を付けてあげると、猫ちゃんの変化やサプリメントの効果
そして猫ちゃんについても詳しく知ることができますよ♪

 

2.猫ちゃんの老化のサインに気付いてる?

おれ耳猫

サプリメントは、老化の症状が出ている猫ちゃんにも効果的です。

 

猫ちゃんの寿命は人間に比べるとはるかに短く
歳を取るスピードもとても早いです。

 

歳を取ると必然的に病気になるリスクも上がってしまいます。

そんな猫ちゃんの老化のサインに気が付いていますか?

 

猫ちゃんが歳を取ると起こりやすい老化のサインを6つにまとめてみました。

 

  1. 一日中ほとんど寝て過ごすようになる。
  2. 物音に対する反応が鈍くなる。
  3. 毛の色が薄くなり、ハリ・コシやツヤのない毛並みになる。
  4. セルフグリーミング(毛づくろい)の回数が減る。
  5. 体力が低下し、高い場所に昇り降りしなくなる。
  6. 白内障や腎臓病、尿路疾患などにかかりやくなる。

 

猫ちゃんの老化は7歳ごろから始まると言われています。

 

「うちの子はすでに老化のサインが出ているよ」というお家の猫ちゃん…

飼い主さんが猫ちゃんの為を想ってしている行動が
猫ちゃんの老化を早めているかもしれません…!

 

老化の進行を早めてしまう原因を確認しましょう。

 

  1. 必要以上に猫ちゃんを起こし、動かす。
  2. ゲージの中に閉じ込めっぱなしにしている。
  3. 猫ちゃんのトイレやベッドを何度も移動させる。
  4. 添加物の多いキャットフードを与えている。
  5. 猫ちゃんの体質に合わないキャットフードを与えている。

 

猫ちゃんが一日中寝ているからといって
無理に起こしたりはしていませんか?

また逆に、一日中寝ているからといって
ゲージの中に閉じ込めっぱなしにはしていませんか?

 

リラックスしているところを何度も起こされてしまっては、
ストレスになってしまいますし、

ゲージの中に閉じ込めっぱなしになっていては
思うように運動もできないことがストレスになってしまいます。

 

お部屋を可愛くしよう、使いやすくしよう、と思って
猫ちゃんのトイレやベッドの場所を何度も移動させてしまうと

猫ちゃんがパニックになり、これもストレスになります。

 

ストレスは猫ちゃんの老化を早めてしまう原因になります。

 

添加物の多いキャットフードや
猫ちゃんの体質に合わないキャットフードを与えていると

消化不良やアレルギー、栄養不足になってしまい
代謝が落ちて老化を進行させてしまいます。

 

猫ちゃんの老化の進行を遅らせるためには5つの対策があります。

 

①防音や目隠し対策をしてゆっくり休める場所を作ってあげる

一日中寝ているように見える猫ちゃんでも
やはり物音や気配には敏感です。

起き上がらなくても
耳を動かしたり目をちらっと向けたりして様子を伺っています。

 

ゆっくり眠って心地よく休めるような場所を作ってあげましょう。

 

②毎日、数回は遊ぶ・運動する時間を作る。

いくらお年寄りだからといって、全く運動しなくなるのはNG!
運動しないと筋力が弱まって余計に老化を早めてしまいます。

 

運動不足は肥満の元にもなってしまうので
一日に20~30分の運動をさせましょう。

 

一度にまとめて長時間の運動をさせるのは
老猫ちゃんの体に負担をかけてしまうので

1回に5~10分の運動に分けて休憩をはさみながら運動させてあげましょう。

 

③キャットフードの質を見直し、猫ちゃんに合っているものを選ぶ。

猫ちゃんの健康は基本的にキャットフードの質で決まると思っても良いでしょう。

 

粗悪なキャットフードを食べ続ければ、
それだけ老化は早まりますし健康面も不安が残ります。

 

良質なタンパク質や食物繊維などを
うまく摂取できるキャットフードを選ぶ必要があります。

 

④減塩や無添加のキャットフードを選ぶ。

老猫ちゃんは若い頃に比べると内臓機能が低下しています。

 

塩分が多いキャットフードや消化に悪いキャットフードは
消化器官に大きな負担を与えるため
エネルギーを多く使い老化を早める原因になります。

 

添加物だけでなく、塩分にも気を付けてキャットフードを選びましょう。

 

↓こちらではさらに詳しく老猫ちゃんのキャットフードについて紹介しています。↓

 

⑤足りない栄養素をサプリメントで補うようにする。

キャットフードや普段の食事で補い切れないなと感じる栄養素を
サプリメントでカバーしましょう。

 

猫ちゃんの体内で作り出すことが難しい成分
例えば、タウリンや乳酸菌などをサプリメントで補いましょう。

 

サプリメントには、用途に応じて様々な種類があります。

関節ケアや毛並みケア、目や心臓の健康をサポートするものなど
たくさんの種類があります。

 

猫ちゃんに不足している、必要な栄養素が何かしっかり見極めて
サプリメントを選んであげましょう。

 

3.老猫ちゃんにおすすめのサプリメント!

それでは老猫ちゃんにおすすめの猫用サプリメントを紹介します。

 

毎日爽快

 

○毎日爽快の特徴○

 

毎日爽快は1粒に
消化酵素が5種類、生きたまま腸までたどり着く乳酸菌が500万個
配合されています。

 

保存料・香料・着色料・化学調味料などの添加物が含まれていない
安心できる国産のサプリメントです。

 

全猫種が食べれるように錠剤タイプでカツオ風味になっています。

 

腸内環境をサポートする成分が濃縮されており
消化酵素の働きで栄養吸収、乳酸菌の働きで整腸作用を促します。

 

○こんな猫ちゃんにおすすめ○

  • 免疫力が下がって病気しがちな猫ちゃん
  • 血便・下痢など、お腹の調子が良くない猫ちゃん
  • 水を飲む回数が増えた猫ちゃん
  • 口臭や体臭が気になる猫ちゃん
  • 痩せてきた・元気のない猫ちゃん
  • 食欲のない猫ちゃん
  • 粗悪なキャットフードばかりを食べている猫ちゃん
  • 毛並みやツヤが悪い猫ちゃん
  • ストレスが多い猫ちゃん

 

○価格○

毎日爽快は一袋60粒入りの約30日分が通常価格、税込2,776円。

 

1ヶ月間しっかりお試しできるように
一袋、1,388円で初回限定購入できるようです。

 

 

キングアガリクス100ペット用

 

○キングアガリスク100の特徴○

 

キングアガリスク100の原材料はアガリクス、というきのこです。

 

なかでも、栄養素やミネラルを豊富に含んだ
ブラジル産の自然栽培(自然露地栽培)の
アガリクス=キングアガリスクにこだわって作られています。

 

元々は人間用のサプリメントとして販売していたものを
ペット用にリニューアルしたサプリメントになっており
品質の管理体制もしっかりしています。

 

原料はブラジル産ですが、
加工は日本でしている日本産のサプリメントです。

 

添加物やかさ増し剤など、余分な成分は一切入っていない為、
猫ちゃんと一緒に飼い主さんも飲むことができる高品質なサプリメントです。

 

○こんな猫ちゃんにおすすめ○

  • 食欲のない猫ちゃん
  • 歳を取って足腰が弱ってきた猫ちゃん
  • 排泄がちゃんとできない猫ちゃん
  • 病気になりやすい猫ちゃん
  • 疲れやすく元気がない、鼻が乾く猫ちゃん
  • あくびが増えた猫ちゃん
  • 皮膚、毛並みのケアをしたい猫ちゃん

 

○価格○

 

キングアガリスク100は
一粒300mgが、一袋30粒入りの約30日分が

通常価格、税込6,480円となっています。

 

初回購入のときには、味見用のサンプルが2粒、付いて来るそうです。

猫ちゃんがサプリメントを飲めるか試すことができます。

 

ブロリコ・ペット

 

○ブロリコ・ペットの特徴○

 

ブロリコとは、ブロッコリーに含まれる希少な成分のことです。

普通にブロッコリーを食べるだけでは吸収できない成分で
免疫力や抵抗力のサポートが期待できます。

 

製造に使う水は富士山の雪解け水、

100%国産のブロッコリーを収穫し
2日以内にブロリコ成分を抽出しています。

 

ブロリコ成分の抽出や品質管理も日本でしているので
完全国産のサプリメントになっています。

 

元は人間用のサプリメントだったのですが
猫ちゃんが食べやすいように小型化し、チキン風味に味を付けています。

 

添加物を使用していないので安心して与えることができます。

 

 

○こんな猫ちゃんにおすすめ○

  • 下痢やおう吐をする猫ちゃん
  • 元気のない猫ちゃん
  • 寝ている時間の長い猫ちゃん
  • 毛並みや毛のツヤが悪い猫ちゃん
  • 口臭や体臭、便臭がきつい猫ちゃん

 

○価格○

 

ブロリコ・ペットは一本300mgが90粒入っていて 通常価格 税込4,730円です。

 

定期購入に申し込めば
最初の1本目を半額で購入することができるそうで
その後の2本目以降も10%OFFの価格で購入することができます。

 

4.目的別に選ぶ必要な成分とは?

猫ちゃんの症状に合わせてサプリメントを選びたい時に
必要な成分が何か知っておきたいですね。

 

猫用サプリメントにもたくさんの種類があるので
成分の役割を知っておくのは
サプリメント選びにも重要なことになってきます。

 

①免疫力をアップさせたい

猫ちゃんの健康を考えた時、一番重要になって来るのは免疫力です。

 

免疫力が下がる原因を4つ紹介します。

  • 老化
    老化による免疫低下はどうしても起きてしまう事ですが
    少しでも元気でいられるように免疫力を上げるのは大切なことです。

  • ストレスや紫外線の浴びすぎ
    ストレスなどで活性酸素が過剰に増えてしまいます。
    活性酸素は細菌やウイルスなどを倒す役割を担っているのですが
    増えすぎてしまうと正常な免疫細胞まで攻撃してしまいます。

  • 胃腸内環境の乱れ
    腸には免疫細胞が集中していて
    腸内環境が荒れると免疫細胞に大きな影響が出てしまいます。

  • 免疫が下がる病気
    猫エイズと言われている猫免疫不全ウイルス、という感染症があります。
    免疫不全になると様々な感染症や病気を引き起こします。

 

免疫力を元気に保つためには
活性酸素を抑える効果のある抗酸化作用のある成分、
β-カロテンやリコピンなどを含んだサプリメントを選びましょう。

 

胃腸内環境が乱れている場合には
乳酸菌や酵素を含んだサプリメントを選ぶと良いでしょう。

 

猫免疫不全ウイルスに感染し発症してしまった猫ちゃんは
サプリメントや飼い主さんの力だけではどうすることも出来ません。

症状の分かりにくい病気なので
感染には気付かないことがほとんどです。

動物病院で定期検診を受けるようにし
発症していることが分かったら獣医さんと相談しましょう。

 

②毛並みや毛質を若々しく保ってあげたい

毛並みや毛質に関係している成分はタンパク質です。

 

筋肉や骨をつくり、エネルギーとなる栄養素ですが
猫ちゃんの大事な毛や皮膚にも関係しています。

 

タンパク質や、タンパク質の元となる
アミノ酸を補給できるサプリメントを選ぶと良いでしょう。

 

また、ビタミンは皮膚のターンオーバーに、

DHAやオメガ系の不飽和脂肪酸は
皮膚の炎症や毛質に効果的です。

 

③関節痛や関節炎を和らげてあげたい

運動を嫌がったり、猫ちゃんの動作や関節の動きがおかしい、
足を痛がっている様子がある場合、
軟骨がすり減っていたり、炎症が起きている可能性があります。

 

関節痛や関節炎には

グルコサミンやコンドロイチンなど
軟骨の再生や水分を保つ役割のある成分や
ビタミンやコラーゲンなどの
骨密度に関係のある成分を含んでいるサプリメントを選ぶと良いでしょう。

 

④腎臓病を予防したい

猫ちゃんの体は腎臓に大きな負担がかかってしまう作りになっています。

そのため腎不全などの腎臓の病気になりやすく、
予防するのもなかなか難しいものなのです。

 

腎臓病を予防するには
オメガ3系の不飽和脂肪酸と
乳酸菌を含んでいるサプリメントを選ぶと良いでしょう。

 

オメガ3系の不飽和脂肪酸には
血液の循環を良くする働きがあり
毒素のろ過処理がスムーズになります。

腎臓に集中する血液の量を保つことができるので
予防や抑制に効果的と言われています。

 

そして、乳酸菌は腸内をキレイにする働きがあります。

乳酸菌には腸内に溜まった悪玉菌などの毒素を外へ排出する役割りがあるので
毒素が体に吸収されるのを防ぐことができます。

 

乳酸菌を摂取することで腸内環境が整うと
毒素を分解する働きをしている腎臓への負担が減ることに繋がります。

 

良く聞くあの成分ってどんな効果があるの?

よく耳にする「あの成分」
…いったいどんな効果があるのでしょうか?

 

①タウリン

タウリンは目・心臓・肝臓の健康を保つ効果や
成長・繁殖に必要な成分になっています。

 

タウリンが不足すると目の障害や心筋症を起こしてしまうのです。

タウリンは猫ちゃんの体内で作り出すことのできない成分なので
食事やサプリメントから摂取する必要があります。

②クランベリー

おしっこのpHがアルカリ性に傾くことによって起きる
ストルバイト結石という膀胱や尿路に石ができる
オス猫ちゃんが引き起こしやすい病気があります。

 

クランベリーはビタミンCが豊富で
おしっこのpHを酸性に保つ効果があります。

おしっこを酸性に戻して中和させる効果があるので
ストルバイト結石の猫ちゃんには効果的です。

 

5.まとめ

ジャンプする猫

 

猫ちゃんのサプリメントは必要に応じて選ぶことができ
病気の予防や健康維持のサポートとして与えることも出来ます。

 

ですが、何事もやりすぎは禁物です。

心配だからと必要以上にサプリメントを与えてしまうのは
かえって逆効果で、害になってしまう可能性があります。

扱い方には注意が必要です。

 

サプリメントに頼り切るのではなく猫ちゃんの健康を日々考えて、
サプリメントを上手に活用していけたらいいですね♪

 

 

おすすめの記事