猫の健康

猫のくしゃみはアレルギーが原因?飼い主がしておきたい予防策とは

pexels-photo-1183434 (1)

更新日:2019/02/22
この記事は5分で読めます。

くしゅん!と猫ちゃんがくしゃみをすると、「あらかわいい」と微笑ましくなるもの。とくに何もなければ放置する飼い主さんもいるのではないでしょうか。しかしそのくしゃみにも、危険な病気が隠されている場合があります。

この記事を読めば、

 

  • 駄目なくしゃみといいくしゃみの違い
  • くしゃみの予防策
  • 予防接種・健康診断の必要性

 

など、タメになる情報を知ることができます(/・ω・)/

猫は病気をつい隠してしまう水臭い動物です。猫ちゃんが出す病気のサインを見逃さないためにも、くしゃみについての知識をぜひつけてください。

猫のくしゃみは2種類ある

CAT9V9A9572_TP_V4

ひとくちにくしゃみといっても、生理現象でおこるくしゃみ病気でおこるくしゃみの2パターンがあります。
あなたの猫ちゃんのくしゃみはどのタイプですか?

病気のサインを見逃さないために、2パターンのくしゃみの特徴を紹介します。

生理現象でおこるくしゃみ

生理現象で起こるくしゃみにはこんな特徴があります。

  • クビを高速(左右に)でひねりながらするくしゃみ
  • くしゃみはするが数回で治まるくしゃみ

ほこりや異物が鼻の中に侵入すると、それを外に出そうとくしゃみが出ます。これが生理現象でおこる一般的なくしゃみです。

数回で収まるなら、病気の心配はありません(/・ω・)/

病気でおこるくしゃみ

病気でおこるくしゃみには、くしゃみ以外にもこのような症状がみられます。

●症状●
  • 涙や目めにが出ており、食欲も低下している
  • 1日中くしゃみを連発している
  • 何日も止まらない
  • くしゃみと同時に鼻水が出る
  • 鼻から黄色や白色など膿っぽいものが出る
  • 鼻血が出る

⇩⇩⇩

考えられる病気●
  • 猫エイズウイルス感染症
  • 副鼻腔炎
  • 猫クラミジア感染症
  • 猫ウイルス性鼻気管支炎

くしゃみが連続で出る、食欲が明らかに低下している、鼻水の色がおかしいなどの異変は病気の可能性大!

だるそうにしていたら、早めに病院を受診してください。

そのくしゃみアレルギーが原因かも?

HIRA7121_akubineko_TP_V4

猫ちゃんのくしゃみには生理現象と病気の2種類あることを紹介しました。しかし、アレルギーが原因で出るくしゃみもありますのでまだ油断はできません。

ノミ・ダニ

ノミやダニといったアレルゲンが原因で、鼻水混じりのくしゃみが出ます。
さらに鼻腔の粘膜が刺激され、炎症を引き起こすことも。放置すると重篤化する可能性があります。
大丈夫だろうと放置せず対策するなりして悪化を防いでください。

nomi

ハウスダスト

人の皮膚や動物の毛、カビ、ダニなどの細菌など、アレルギーの原因になるアレルゲンを多く含んでいるのがハウスダストです。
猫の鼻腔の粘膜に刺激を与え、くしゃみを誘発する厄介な存在です”(-“”-)”
鼻水が混じっている場合は、ティッシュで優しく拭き取ってあげてください。

room_living_dirty

食物

キャットフードに含まれるタンパク質で、くしゃみや鼻水が出ることもあります。
症状が進行すると、やがて皮膚にも症状が現れます。

新しいキャットフードに切り替えたとたん、くしゃみをするようになった場合は、食物アレルギーが原因かもしれません。

food_eiyou3_tanpakushitsu

このようなものがアレルゲンとなり、猫の体質に合わずアレルギー症状としてくしゃみが出ている可能性も考えられます。

アレルギーが原因のくしゃみは対策できる!

cat-691175_640

アレルギーが原因のくしゃみは、飼い主自身で対策することができます(/・ω・)/

さっそくみていきましょう!

部屋をこまめに掃除する

アレルギーが原因でくしゃみが出ているなら、猫ちゃんの飼育場所のお掃除はとっても重要です。部屋のお掃除に役立つちょっとしたコツを知って、さっそく今日から始めてみてください!

■ポイント1・・・掃除機は使わず、コロコロで掃除すべし!
⇒猫ちゃんの毛はちょっとした風でふわっと浮遊します。たとえ掃除機で吸い取っても掃除機から出る風で再び舞ってしまうので、掃除をした意味がありません( ;∀;)
猫ちゃんの毛を確実にキャッチするには、フローリングやカーペット専用のコロコロを使って掃除するのがイチバンです。

■ポイント2・・・カーペットは軍手で掃除すべし!
⇒コロコロを使って掃除するのもアリですが、もっと取りたいなら軍手がオススメです。手のひらの部分に滑り止めがついているものだとなお良しです◎
猫ちゃんの毛と一緒にノミダニの死骸、卵も除去しちゃいましょう(/・ω・)/

猫ちゃんにももちろん効果的ですし、飼い主さん自身のアレルギー予防にもなります!

これだけで、お部屋のホコリもすっかりキレイになり、体の健康にも繋がるので普段のそうじプラスでコロコロ・軍手を使いましょう。

ブラッシングをする

アレルギーによるくしゃみから猫ちゃんを守るためには、日頃のお手入れが重要。

シャンプーをして体に付着した汚れを除去するのが一般的ですが、実はNG行為なんです。理由は毛を濡らすと汚れ同士が密着し、体から落ちにくくなるからです( ・´ー・`)

毛のお手入れには、抜け毛対策専用の「スリッカーブラシ」を使ってみてください。

●おすすめのスリッカーブラシ●
Pecute(ペキュート)両面用ブラシ 価格:1,399円(Amazonより)

sirikonburasi

高級感のある豚毛のブラシシリコンのマッサージが一体となったブラシ。毛並みを整えるだけではなく、皮膚病を見つけたり、ノミ・ダニを防ぐことができます。ムダ毛だけを取り除き健康な毛を残します。

Amazonで確認する

ブラシの角を猫の被毛に軽くあてて、サッ!サッ!と毛を逆立てるようにするのが正しい使い方です(/・ω・)/

強くやりすぎると肌に当たって猫ちゃんが痛い思いをするので、被毛にだけかかるように優しくブラッシングしてあげてくださいね。

スリッカーブラシは、もつれた毛をほぐしたり、毛玉を取ったり、汚れを落としたりするためのオプション的なアイテムなので、1ヶ月に2.3回を目安に使いましょう。

空気清浄機を活用する

部屋に細菌などがたくさんいるので空気清浄機を使って、空気中のアレルゲンを吸い取りキレイな空気に変えます。

kuuki_seijyouki

空気清浄機の機能の「アレルゲン除去」に設定し、湿度を50%以下に保つようにしましょう。

くしゃみは病気の前触れ!予防が大事

猫と獣医

くしゃみは何か体の異常のサインです。ただのくしゃみだとは思わず何かできる事があれば予防をしましょう。

予防接種を受ける

猫の予防接種はこんな種類があります。

wakutin

出典:猫を感染症から守るワクチン接種。種類、費用、副作用のリスクは?

  • 3種混合ワクチン(費用:3,000~5,000円)
    空気を介してしまう病気なので室内飼いの猫も打った方が良いワクチン。

  • 4~7種混合ワクチン(費用:7種で5,000円~7,500円)
    外出する猫は打った方が良いワクチン。

室内飼いの猫ちゃんだとしても脱走したり、飼い主さん自身がウィルスを室内に持ち込んでしまうことが考えられるので、最低でも3種混合のワクチンを打っておきましょう。

年に1回健康診断を受ける

くしゃみに関わらず愛猫が元気よく長生きしてもらうためには、1年に1回は獣医さんに異常がないかどうか診てもらうのは大切なことです。

健康診断にはこのような項目があります。

●猫の健康診断内容(1日ドッグ)●
・通常健診内容
体重測定、触診、聴診、目・耳・口腔内チェック、尿検査、糞便検査、血液検査
・オプションでつける項目
レントゲン検査、超音波エコー検査、心電図検査、眼科検査、歯科検診
→平均費用:15,304円

健康診断をしていくうえで何か見つかった場合はその症状に応じて、獣医さんと相談して「オプション」を追加し、必要な検査をして早期発見を心がけてください。

特に猫ちゃんは「病気を隠す動物」なので本当に苦しくなった時にしか、飼い主さんが気づいてあげられない事もあります。最低でも1年に1回は健康診断を受けてください。

室内飼いを徹底する

IMG_5992o_TP_V4

予防接種を受けているのなら外に出しても大丈夫ですが、予防接種による副作用が可哀想、費用面に問題がある場合は、徹底的に室内で飼うことをしてください。

感染させないように外に出さないのは大きなストレスです。猫にとってもストレスは病気の素になってしまいます。

●室内飼い猫に必要なもの●
  • トイレ
  • 爪とぎ、おもちゃ
  • キャットタワー・キャットウォーク
  • 寝る場所
  • エサ・水入れ

ストレスが溜まらないように、最低限上記のものを揃えてあげて快適に過ごせるようにしてください。

くしゃみはカワイイだけで済まされない!

猫がくしゃみをした時にカワイイと思って見逃していたら後々重大な病気に発展してしまう可能性もあります。

●猫のくしゃみについてまとめ●
  • 病気で起こるくしゃみは、目・鼻水、食欲にも症状がでる
  • アレルギーによるくしゃみは飼い主さんでも対策ができる
  • くしゃみを悪化させないためにも予防が大事
  • くしゃみだからと甘くみないこと

くしゃみは大切な猫ちゃんからのサインです。それを見逃さないようにすることが飼い主さんだからこそできることです。些細なことでも大きな病気にならないように、しっかりと観察・予防を怠らないようにしましょう。

猫ちゃんの訴えも気づいてあげて、これからも幸せな生活を送っていきましょう。

cat-1333926_640