猫の健康

市販・通販で購入できる猫用おすすめシャンプー人気ランキング!猫にとって安全安心のシャンプーで清潔な身体をつくる!

猫_タオル

更新日:2019/02/21
この記事は約8分で読めます!

 

❝きれい好きで知られる猫だけど、シャンプーで使ってよりきれいな状態を保ちたい!

でも…猫にとって良いシャンプーってどんなシャンプー?
基本的な選び方や正しいシャンプーの仕方ってあるの?❝

浴槽_猫

これらの疑問にすべてお答えします!!

この記事を読めば、

●猫にとって良いシャンプーの条件
●おすすめのシャンプー製品
●正しいシャンプーの仕方

などが分かりますよ☆彡

 

飼い猫の体を常にきれいに健康に保つためにも、ぜひ最後まで読んでくださいね╭(๑•̀ㅂ•́)و
市販と通販、どちらで購入できるかという情報も比較表のところで紹介しています!

キャットフード総合ランキングを見てみる

猫へのシャンプーについて

「猫はきれい好き。犬と違って体も臭わないし、自分で手入れもしているからシャンプーをする必要は無い」

ということをよく耳にしますが……

本当に猫にシャンプーをする必要は無いのでしょうか。

悩む女性

答えという答えはありませんが、シャンプーをすることで得られるメリットがいくつもあるというのは事実です!!

実際、獣医師の方もこのようなことを言っています。

猫は日々のグルーミングで自分の体を綺麗にするため、シャンプーやお風呂が必ず必要なわけではありません。

しかし、抜け毛対策やダニやノミ予防、臭いや汚れを落とすために、シャンプーをしたりお風呂に入ったほうがいいこともあります。特に飼い主さんが猫アレルギーの場合はシャンプーの必要性も高まります

引用元:【獣医師監修】猫のシャンプーの正しい方法や頻度、必要性について

猫アレルギーを持っている方はぜひともやっておきたいところですね(`・ω・´)ゞ

シャンプーをすることで得られるメリット
◎抜け毛対策になる
◎ダニやノミなどの害虫を除去できる
◎一緒に暮らす人が猫アレルギーを持っている場合、アレルギー対策になる
◎皮膚病予防ができる
◎避妊手術を受けていない猫のスプレー行為(体におしっこをかけてしまう行為)による体の汚れ・においを落とすことができる

猫用シャンプーを選ぶときの3つのポイント

スマホフリック_女性

ペットショップやホームセンターに行くと、たくさんの数の猫用シャンプーが並んでいます。

では、❝猫にとって良いシャンプー❝とは具体的にどのようなシャンプーなのでしょうか。

 

優れた猫用シャンプー選びにおける3つのポイントをお教えします!

ポイント①猫専用のシャンプーである

大前提として、使用するシャンプーは猫用のものにしましょう。

犬用シャンプーや人用のシャンプーの使用を検討する方もいますが、どちらも猫の皮膚に合うように作られていないため、使用はNGです。

 

猫と犬の両方が使えるタイプでも全然問題無いですが、犬と猫は皮膚のつくりが異なりますし(犬=アルカリ性 猫=弱酸性)、また犬用シャンプーは猫の嫌う香り(香料)が使われていることが多い傾向にあります。

 

これらのことから、1番無難なのは猫の身体に合わせて作られた猫専用のシャンプー、ということが言えます(`・ω・´)ゞ

ポイント②低刺激である

猫の皮膚は非常に繊細で、刺激の強いシャンプーを使ったのがきっかけで炎症が……なんてことも十分考えられます。

低刺激のシャンプーを使えばそのようなリスクを侵すことなく安全に皮膚や被毛を洗えます。

 

植物由来成分でつくられた無添加のもオーガニック性のシャンプーなどは低刺激で安全性が高く、安心して使えますよo(・ω・。)

ポイント③無香料である

ポイント①のほうでも軽く触れましたが、猫は自分の体のにおい以外のにおいを嫌うという性質があります。
なので、シャンプーをする際も無香料のものか、もしくは微香性のものを選びましょう。

香りの強いものを使うと、猫にとってそれがストレスになる可能性があります。

以上、3つのポイントでした。
この3つのポイントを備えているシャンプーが猫にとっての❝良いシャンプー❝です。

商品選びを行う際はこれらのポイントを意識してくださいね(`・ω・´)ゞ

 

ちなみにこれらのポイントをクリアしている商品というのは、良く言えば「良いシャンプー」、別の言い方をすれば「無難なシャンプー」です。

 

もし

敏感肌の猫でも安心して使えるシャンプーが欲しい」

水が苦手だから水を使わないタイプのものが欲しい」

といった考えがある場合は、その内容に見合った商品を選ぶようにしましょう。

猫用シャンプーおすすめランキング&目的別おすすめ商品

ノートPC_女性

猫にとって良いシャンプーの中から、特に人気があるおすすめ3商品をピックアップしました。

またそれとは別に、「敏感肌の猫」「水が苦手な猫」に適した商品をそれぞれ厳選しました(`・ω・´)ゞ

猫用シャンプーおすすめランキング

クイック&リッチ トリートメントインシャンプー 愛猫用 ノンフレグランス 200ml
なめらかな手触りと輝く毛艶を演出してくれる、大人気のシャンプーです。
猫の肌に合った弱酸性で、洗浄成分の100%が植物由来の低刺激性
水に濡れることを嫌がる猫でも、速乾性に長けた「速乾サラつやトリートメント」が乾燥スピードを大きく後押ししてくれます。

犬用は香料が使われていますが、こちらの猫用はノンフレグランス仕様。
トリートメント入りなのでこれ1つできれいな体に仕上がります。

クイック&リッチ トリートメントインシャンプー 愛猫用 ノンフレグランス 200ml/ライオン商事

価格 593円(Amazon価格)
容量 250ml

猫専用
低刺激
無香料

ゾイック キャッツシャンプー 300ml

紫色の目立つ見た目が特徴のゾイック キャッツシャンプー。
低刺激のアミノ酸系ベースの泡が、皮膚や被毛を優しくきれいにしてくれます。

「洗い終わった後は被毛がすごくフワフワになる」「毛ヅヤが良くなった」など、口コミ評価も上々です。

香料が使われてはいますが、フローラルの微香性で香りの強さも弱めです。

ゾイック キャッツシャンプー 300ml/株式会社ハートランド

価格 1,620円(Amazon価格)
容量 300ml

猫専用
低刺激
無香料

薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー 200g
犬や猫におすすめのシャンプーとして、多くのランキングサイトや口コミサイトで紹介されている商品です。

動物病院で処方に用いられている消毒剤・クロルヘキシジンが配合されており、猫の皮膚や被毛の殺菌消臭に高い効果を発揮してくれます。

1位・2位で紹介したシャンプーに見劣りしないほどのおすすめシャンプーですが、犬猫兼用であること、そして2商品に比べて価格がやや高めという点でこちらに位置づけましたm(__)m

薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー 200g/フジタ製薬

価格 1,177円(Amazon価格)
容量 200ml

犬猫兼用
低刺激
微香性

目的別おすすめ猫用シャンプー

①敏感肌の猫におすすめ

ヒノケア フォープロフェッショナルズ/バイエル

ヒノケア_フォー

敏感肌の猫(犬)のことを考えて作られたシャンプーです。
泡タイプのシャンプーなので、ポンプから出した泡の保湿成分を直接的に肌に密着・浸透させられます。

アトピー肌を持つ猫でも問題なく使用できます。

ヒノケア フォープロフェッショナルズ/バイエル

価格 3,121円(Amazon価格)
容量 200ml

犬猫兼用
低刺激
無香料
※シャンプー中や後に「若干ヒノキの香りがする」という口コミ多め

購入はこちら

②水が苦手な猫におすすめ

ジョイペット/ジョンソントレーディング株式会社
ジョイペット
ジョイペットは水を必要としない、泡タイプのシャンプーです。 
適量を手に取り、猫の被毛全体に馴染ませたら、後はタオルで拭き取って完了です。

食品成分100%なので泡やシャンプー後の被毛を猫が舐めても問題なし。

水が苦手な猫や寝たきりで思うように体を動かせないシニア猫などにおすすめの商品です。

ジョイペット/ジョンソントレーディング株式会社

価格 454円(Amazon価格)
容量 200ml

猫専用
低刺激
無香料

購入はこちら

 

ハッピーペット シャンプータオル 猫用25枚入
ハッピーペットシートタイプのシャンプーです。
使い勝手が良いので、一箇所の汚れを落としたい場合や、外出先で飼い猫の体をきれいにしたい場合におすすめです。

ジョイペット同様、舐めても危険性の無い成分が使われています。

ハッピーペット シャンプータオル 猫用25枚入

価格 330円(Amazon価格)
容量 25枚(30×20cm)

猫専用
低刺激
無香料

購入はこちら

おすすめシャンプー 商品比較表

猫用シャンプーおすすめランキングで紹介した3商品の基本情報を表形式にまとめてみました。

商品の特徴比較をする際の参考材料にしてくださいね。

クイック&リッチ トリートメントインシャンプー 愛猫用 ノンフレグランス 200ml ゾイック キャッツシャンプー 300ml 薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー 200g
価格(税込/Amazon価格)
593円 1,620円 1,177円
形状
液体→泡立てて使用 液体→泡立てて使用 液体→泡立てて使用
※泡少なめ
その他の特徴
◎猫専用
◎低刺激
◎無香料
◎猫専用
◎低刺激
◎無香料
○犬猫兼用
◎低刺激
○微香性
販売場所
・一部のドラッグストアやホームセンター
・Amazon
・楽天
など
・公式サイト
・Amazon
・楽天など
・公式サイト
・Amazon
・楽天など
購入はこちら
購入はこちら 購入はこちら 購入はこちら

正しいシャンプーの仕方

飼い猫にシャンプーをするときに必要なものや具体的なやり方、シャンプーを行う頻度などの情報を分かりやすくまとめました。

必要なもの

  • シャンプー本体
  • ペット用スポンジorブラシ
  • たらい
  • バスタオル
  • ドライヤー

やり方

  1. シャンプー前に軽くブラッシングをする
    ブラッシングをすることでシャンプー時に抜ける被毛が大きく減ります!
    これにより猫の毛が絡まりにくくなり、排水口の詰まりも予防できます(=^・^=)
  2. たらいにお湯を入れる(たらいが無ければ浴室内でOK)
  3. たらいの中でスポンジを使って体を洗う
    洗う順番は「胴体・手足→しっぽ・肛門周辺→顔」!
  4. シャンプーを洗い流す
  5. タオルで被毛を乾かす
  6. ドライヤーをかけながらブラッシングをして完了!

参考:【獣医師監修】猫のシャンプーの正しい方法や頻度、必要性について

 

こちらの動画を見れば大体の流れややり方が掴めますよo(・ω・。)

シャンプーの頻度

猫にシャンプーをする頻度はこのようになっています(`・ω・´)ゞ

短毛種…半年に一度
長毛種…1ヶ月に一度
これはもちろん目安ですが、頻繁にシャンプーを使って洗うと、被毛の油分が失われて毛がパサついたり、シャンプーの成分による刺激で皮膚病を発症させたりする恐れがあります。
自分の飼っている猫が長毛種と短毛種のどちらなのかは、猫種について詳しく紹介しているサイトで確認できます。
それぞれの代表猫種をいくつか挙げてみたので、ぜひ参考にしてくださいね。
  • 短毛種の代表猫種…ロシアンブルー、シャム、アビシニアン
  • 長毛種の代表猫種…ペルシャ、ラグドール、スコティッシュフォールドロングヘア

シャンプーを嫌がる・怖がる場合の対処法

シャンプーや水が体に触れるのを嫌がったり怖がったりする場合は、水を使わないタイプのシャンプーを使うのがおすすめです。

 

そもそも猫は本能的に水に濡れるのを嫌がる動物です。
飼い猫がどうしても嫌がるという場合は、水を使わないタイプのシャンプーや、シャンプーシートなどを使いましょう。

シャンプーの必要性が高い猫

  • 長毛種
    長毛種は被毛1本1本が長いため、猫自身が行うグルーミングが行き届かないことが多いです。
  • シニア猫
  • 病気で動けない猫
    病気で動けない猫やシニア猫は、自分の力でグルーミングができないことも多いです。
    飼い主がシャンプーをすることで被毛や皮膚を清潔に保たせることができます。
  • 避妊手術/去勢をしていない猫
    避妊手術や去勢をしていない猫は、繁殖期にスプレーという行為を始めます。この行為により、肛門付近に尿が付き、体が汚れたり周囲に臭いにおいを放ったりするようになります。

    ピンポイントで体を拭けるシャンプーシートなどを使えば、そのような状況でも効果的に対処できます。

おすすめ人気シャンプーのSNSでの評判

スマホ_SNS

おすすめ度の高いシャンプー・クイック&リッチ トリートメントインシャンプー 愛猫用 ノンフレグランスのSNSでの評判を調べてみました。

 

どの方もこの商品に好印象を持っているようですねo(・ω・。)

 

最後の書き込みにある「香りが嫌~~」という文面を見ると、やはり猫の多くは自分の体に香りが付くのは嫌な模様。

それを考えると、やはりクイック&リッチ トリートメントインシャンプー 愛猫用 ノンフレグランスのような無香料のシャンプーは猫にとって良いシャンプーと言えます(`・ω・´)ゞ

あわせておすすめしたい商品

猫にシャンプーをするときに役立つアイテムを2点ご紹介します。

1つは体を洗うときに使用するスポンジ、もう1つはシャンプー後に体を吹くためのタオルです(`・ω・´)ゞ

 

① ペット用 泡たてスポンジ
泡たてスポンジ
泡立ちが良く、吸水性・保水性に優れたペット用のスポンジです。
1,000円以下のお手頃価格なのも魅力的。

ペット用シャンプー 泡立てスポンジ/アイオン
658円(Amazon価格)

 

②ペット用 ボディータオル
ボディータオル
高品質なマイクロファイバー素材で作られた、吸水性・速乾性に優れた体拭き用タオルです。
裏面の2隅に手を入れられるポケットが付いているので、楽に猫の体を吹くことができます。
カラーは4色(レッド・グレー・ブルー・ピンク)用意されています。

ペット用タオル 犬 猫 ボディータオル マイクロファイバー 吸水 速乾 犬体拭き用タオル 大判/Winthome
1,259円(Amazon価格)

まとめ

この記事のまとめ
◎猫にシャンプーをすることは、抜け毛対策や害虫の除去、皮膚病予防につながる!飼い主が猫アレルギーの場合はアレルギー対策にも。

◎猫にとって良いシャンプーの条件「猫専用」「低刺激」「無香料」の3つ!

◎飼い猫の「長毛種or短毛種」や水への抵抗などを見極めて、効果的なシャンプーを意識しよう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
適切な頻度と正しいやり方を覚え、❝猫にとって良いシャンプー❝を使って体を洗えば、飼い猫の体はきっと常にきれいな状態を維持できます。
この記事を参考に、ぜひ今日からシャンプーを使ってみてくださいね。
あなたの飼い猫がより清潔になることを祈っています!
猫_タオル

キャットフード総合ランキングを見てみる