猫の健康

猫の便秘は食べ物の見直しを!解消法と予防を知ってスッキリ解消!

猫 便秘

 

 

ここ数日便が出ていない…
いきんでいて苦しそう…
そんな猫ちゃんの姿、見てて心苦しいですよね(´;ω;`)
でも、病院へ行くべきなのか、しばらく様子をみるべきなのか
どうすれば良いかわからないという飼い主さんも多いハズ。
猫ちゃんの便秘は、その度合いをしっかり見極めて対策することが大切なんです!

そこで今回は、便秘の症状をもとにした解消法とともに、便秘の原因や具体的な予防法をお伝えします。
この記事を読んで、大切な猫ちゃんを便秘から解放させてあげましょう!

これって重度?猫の便秘症状チェック

基本的に、便秘の日数は丸2日間出ていないときで、3日以上出ていないと危険です。
次の項目に1つでも当てはまれば、重度の便秘になっている可能性があります。

猫の便秘チェック[重度の場合]
  • いきんでいるが便が出ない
  • 水っぽい下痢をする
  • 普段と比べて便が臭う
  • お腹を触ると硬く張った感じがする
  • 嘔吐する
  • 普段と比べて食欲がない
  • いつもより元気がなくぐったりしている

「便秘で下痢になるの?」と疑問に思うかもしれませんが、水っぽい下痢は、奇異性下痢といわれる便秘の症状の1つで、腸内の水分や粘液が、カチカチになった便の隙間を通って外に出ます。
肝心の便は出ないため、便秘が治ったと勘違いしないよう注意が必要です。

重度の便秘を放っておくと、巨大結腸症などの病気になる危険もあるため、早めに動物病院で受診しましょう。

薬を使った治療法

People in Front of Macbook Pro

便秘が重度の場合、「下剤」か「浣腸」で解消します。
下剤には、余分な水分を吸収するタイプや腸を直接刺激するタイプなど、色々な作用の下剤があります。
どれを使用するのか、便秘の症状や猫ちゃんの状態によって変わるため、必ず獣医さんの診断を受けましょう。

また、浣腸に関しても自己判断で行うのは危険です。
人間用のものを使用するのも猫ちゃんには大変負担となります。
専門の知識と技術を持っている獣医さんのもとで、安心して薬を使いましょう。

軽度の場合の症状については、後で詳しく解説します。
では、そもそも猫ちゃんはなにが原因で便秘になってしまうのでしょうか。

猫が便秘になる原因

猫ちゃんが便秘になった原因が、すぐに思い当たる人もいればそうでない人もいるハズ。
猫が便秘になる原因は、主に4つがありますが、まずは猫の体質について理解しましょう。

便秘の原因は遺伝性なの?

しっぽが短いマンクスのような猫は、骨の形によって排便する力が弱く、体が健康であっても便秘になりやすいと言われています。

しかし、猫種に関係なく、猫はもともと便秘になりやすい動物です。水分を多くとらないことと、腸の通り道である骨盤の穴が狭く、便が詰まりやすい作りになっているからです。
何もしないままでは便秘になりやすいので、サポートが大切になってきますね。

猫が便秘になる主な原因とは?

Orange Tabby Cat on Brown Surface

猫は水分を多くとらない、便が詰まりやすい体の構造になっているということから便秘になりやすい動物だということをお伝えしましたが、その他に病気、食生活、運動不足、ストレスが原因になります。

食生活

人間と同じで、普段食べているフードの栄養バランスが偏っていたり、水分が不足していたりすると便が硬くなってしまいます。

病気

排便をブロックする腫瘍が腸内にあるため、便秘になっていることが考えられます。
腫瘍は機能障害だけでなく、他の臓器へ転移してしまうこともあるため早期発見が大切です。

運動不足

運動不足や肥満だと、たまった脂肪が腸を圧迫したり、腸の動きを弱らせ便秘の原因になってしまいます。
また、運動不足で腹筋が弱いと便を押し出す力も弱くなりスムーズに排便しづらくなります。

ストレス

何かしらの生活環境にストレスを感じて排便できない状態です。
特に猫はトイレには敏感で、安心できるトイレでないと我慢し、我慢が繰り替えされると便意を感じづらくなってしまうことがあります。

トイレの数は猫の数+1個が理想と言われています。猫が好みのトイレを選べますし、複数あればトイレ掃除ができないときでも片方のキレイなトイレを選んで使えるためです。

ストレスの原因を突き止め、思い当たることがない場合はまずトイレの数を増やしてみましょう。

軽度の便秘の解消法

次の症状の場合、便秘は軽度だと考えられます。

猫の便秘チェック[軽度の場合]
  • 1日4回以上トイレへ行く
  • 便が細長い
  • 便がコロコロと硬い
  • 水分が少なくすぐ乾く
  • お腹を触るのをイヤがる
  • 普段よりトイレハイが激しい

成猫の排便の回数は1日1~2回が一般的です。
ただし、排便の回数には個人差があるため、いつも以上にトイレへ行く場合は便秘を疑ってみましょう。

食べ物を見直す

Photography of Two Cats

フードを変えて便秘になった場合は、体調が良かったころのフードに戻して、様子を見てみましょう。
フードを変えていないのに便秘になった場合は、腸の運動能力が弱って便秘になっていることがあります。消化の良いフードへ変えましょう。
では、具体的にどのようなフードを選べば良いのでしょうか。

フードを選ぶポイント

便秘の猫ちゃんに効果的なフードを選ぶときは、
食物繊維、タンパク質、脂質
をポイントに、栄養バランスのとれたフードを選びましょう。

食物繊維
食物繊維は便秘解消に効果があるとよく耳にしますが、元々猫は食物繊維をとる習慣がなく、量が多すぎると体内に長くとどまり逆に便秘になることもあります。そのため、繊維量3%を目安に選びましょう。
タンパク質
猫は、タンパク質の窒素を多く必要とする性質があり、食べ物を消化するときに1番スムーズに吸収される成分です。
高タンパク質のキャットフードを選ぶことで、腸の環境が食べ物を消化・吸収しやすく便がたまりにくい腸をつくることができます。タンパク質の割合が30%以上のものを選びましょう。
脂質
脂質と聞くと猫ちゃんが太りすぎてしまうのではないか…と心配になりますが、脂質は便を柔らかくする効果があるので、適度にあげると便秘の解消になります。脂質の量は15~20%がベスト。
もし、猫ちゃんの肥満が気になるなら、運動する回数や量を増やして消費しましょう。

便秘の猫におすすめフード3選

食物繊維・たんぱく質・脂質に注目した、便秘の猫ちゃんにおすすめのフードを3つ紹介します。

オリジン レジオナルレッドキャット

オリジンキャットフードレジオナルレッドキャット
6,300円[1.8kg]
 
粗繊維  :3%以下
タンパク質:40%以上
脂質   :20%以上
 
地元で牧草飼育された牛、豚、ヤギなどの新鮮な肉を90%配合している高タンパク質のキャットフード。
豊富な肉と高タンパク質という組み合わとたっぷりの食物繊維で、便秘を予防したいグルメな猫ちゃんにピッタリです。
 
 
 

カナガンキャットフード

 
カナガンキャットフード
 
3,960円[1.5kg]
 
粗繊維  :1.5%
タンパク質:37%
脂質   :20%
 
食物繊維が豊富なサツマイモ、タンパク質とビタミン豊富なチキンを使用したキャットフード。サツマイモは、時間をかけて吸収されるので、消化が良く体への負担を減らします。
さらに腸内環境を整えるオリゴ糖も使われており、腸へのやさしさを徹底したキャットフードです。
 
 
 
 

ロイヤルカナン フィーラインヘルス ニュートリション

ロイヤルカナンセンシブル
3,575円[2kg]
 
粗繊維  :2.5%以下
タンパク質:31%以上
脂質   :20%以上
 
胃腸が敏感な猫専用に作られたキャットフード。消化率90%以上のタンパク質が消化をサポートします。
また、高エネルギー密度で胃腸へかかる負担を減らしつつ、食事量の減少も目指せます。食事の量が気になる肥満気味な猫ちゃんにもオススメです。
 
 

口コミを見る 楽天 

普段から取り入れたい3つの便秘予防法

便秘に効果的なキャットフードに変えたあと、普段から取り入れられる3つの予防法で便秘を予防しましょう。

①こまめな水分補給

Cat Drinking from Bowl

水を飲むことが少ない猫ちゃんにとって、こまめな水分補給は欠かせません。猫ちゃんにとって水が飲みやすい環境にするためには、器と水を工夫してみましょう。

器はヒゲがあたらない面積の大きいものを使い、猫ちゃんのお気に入りの場所へあらかじめ置いておくのも効果的です。器に触れる機会を増やしましょう。

水に関しては、水のカルキ臭を消したり新鮮な水を用意することが大切です。
猫はカルキ臭が苦手なため、1度お湯を沸かしてカルキ臭を消したり、鳥肉や魚のゆで汁を水に足して風味付けをしましょう。
また、猫は新鮮な水を好むためできる限りこまめに水を変え、特に水を飲みやすい就寝前は、新しい水に取り換えましょう。

②トイレを清潔に保つ

White and Gray Cat in Brown Woven Basket

猫にとってトイレは静かで落ち着ける場所。排泄したら毎回取り除きましょう。
また、月に1度、トイレボックスの洗浄と砂の取り換えも忘れずに行ないましょう。

③定期的な運動

Two Brown Tabby Cats

定期的な運動はストレス解消にもなります。おもちゃなどを使って運動不足を解消し、腸の動きを活発にさせましょう。
理想は1日1回、少なくとも2日に1回を目安に、積極的に飼い主さんから遊んであげてください。

猫ちゃんの便秘を解消していつまでも元気な体へ!

Person Holding Kitten

猫ちゃんの便秘の解消・予防法を中心に紹介してきましたが、いかがでしたか?
記事のポイントをまとめると次の通りです。

 
  • 丸2日排便していないなら便秘です。
    重度の場合は早めに動物病院へ受診してください。
  • 軽度の場合は、食物繊維・タンパク質・脂質入りのフードに変えましょう。
    それでも効果が見られないときは病院へ獣医さんの判断に任せましょう。
  • 便秘に効果的なフードに変えた後は、
    こまめな水分補給
    トイレを清潔に保つ
    定期的な運動
    の3つをポイントに猫ちゃんの環境を整えましょう。

さらに、便秘対策をより徹底したい人は便の状態や頻度をこまめに確認し記録をとりましょう。
定期的に動物病院へ受診することも、便秘やその他の健康状態を知ることができますね。

大切な猫ちゃんを便秘から解放して、いつまでも元気な体をつくってあげてくださいね。

総合ランキングを見てみる