アディクション キャットフードは、ニュージーランド産のキャットフードです。猫ちゃんの健康やアレルギー対策に良いキャットフードとして知られています。

そこで気になるのはその口コミや評判、そして本当の効果やその他の特徴ですよね^^

 

本当にいろんな猫ちゃんにとって良いキャットフードなのか、アディクション キャットフードの原材料やその他の特徴、口コミなどを調べてみました。

 

原材料の品質やフードとしての安全性、期待できる効果など、購入する前に知っておきたい情報を分かりやすくまとめています(*^^*)

この記事を読めばアディクション キャットフードがどのようなキャットフードなのか、そして自分や愛猫にとって理想的なキャットフードなのかが分かるはずです☆彡

※この記事では「アディクション キャットフード サーモンブルー キャット(サーモン)」を中心に紹介しています!

安全性
グレインフリー
無添加
コスパ(1日あたり181円)
フンの臭い改善
対応ライフステージ 子猫・成猫・老猫
総合ランク A
総合点数 96点
アディクション キャットフード について
アディクション キャットフードは総合ランク付けしました^^
評価のポイントとなったのは以下の5点です。

◎アレルギーに配慮した原材料構成
◎グレインフリーである
◎無添加である
◎最高品質のたんぱく質源のみを使用している
◎コスパがやや高め

コスパがもう少し良ければ100点に届いていたのかな、という感じです(;_;)
ただ上3つの特徴を見て分かるように、猫ちゃんの健康やアレルギーに配慮した内容は、愛猫の健康を第一に考える飼い主にとっては(猫ちゃんにとってもですが)大きなメリット・魅力と言えるのではないでしょうか(`・ω・´)

多少コストがかかっても極力アレルギー対策がしたい、という飼い主にはすごく適したキャットフードだと思います!

アディクション キャットフードの原材料・成分から安全性を徹底解説!

原材料一覧
ドライサーモン、ポテト、タピオカ、鶏脂肪(鶏たん白質除去)、全粒エンドウ豆、天然香料、ドライケルプ、ドライクランベリー、ドライブルーベリー、ドライほうれん草、ビール酵母、塩化ナトリウム、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、硝酸チアミン、リボフラビン、塩酸ピリドキシン、ビオチン、ビタミンB12、ビタミンD3、葉酸、タウリン、塩化コリン、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、硫酸第一鉄、炭酸カルシウム、硫酸銅、硫酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム、酸化防止剤(緑茶エキス、ローズマリーエキス、スペアミントエキス、ミックストコフェロール)
成分一覧
たんぱく質30%以上、脂質15%以上、粗繊維4%以下、水分10%以下、灰分11%以下、代謝カロリー370.0kcal/100g

アディクション キャットフードの原材料の品質について

アディクション キャットフード(サーモンブルー キャット)の品質に影響する原材料をいくつかピックアップしました。

※対象はアディクション キャットフード(サーモンブルー キャット)

ドライサーモン
オメガ3脂肪酸(EPA、DHA)を豊富に含む太平洋で獲れたサーモンを使っています。オメガ3脂肪酸はコレステロール値を下げたり炎症を予防したりと、猫ちゃんの健康維持に役立つ特徴を持っています。
またこのオメガ3脂肪酸は猫が自分の体内で生成できないものなので、毎日取っておきたい材料・成分と言えます。
クランベリー
クランベリーはツツジ科の蔓性植物です。膀胱炎や尿路結石などの予防効果が期待できる材料として知られています。
主原料であるドライサーモンは、健康維持に役立つオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいるだけでなく、チキン、牛肉、ラム肉などのアレルギー対策にもバッチリ
ちなみにもう1つの種類であるビバ・ラ・ベニソン キャットのほうは、主原料にニュージーランド産の鹿肉を使っています。高品質であり、かつ他の肉類よりコレステロールと脂肪分がとても少なめと、こちらも猫ちゃんの健康や体重管理に気遣った主原料となっています。
また粗悪と言える原材料も使われていないので、原材料の品質は非常に高めと言えます^^
AAFCO(全米飼料検査官協会)の定めるオールステージの総合栄養食基準もクリアしているので、1つのドッグフードとしても信頼のおける商品と思います^^

アディクション キャットフードのグレインフリーと添加物について

アディクション キャットフードは、サーモンブルー キャット、ビバ・ラ・ベニソン キャットの2種類ともにグレインフリーのキャットフードです。穀物は一切使用されていません。添加物も不使用です。

ただ、原材料としてエンドウ豆(全粒エンドウ豆)が使われています。

 

エンドウ豆を穀物とみなすかどうかは国によって認識が異なりますが、世界的には「豆類は穀物に含まれない」という見方がされているようです。
豆類の中には大豆のようなアレルゲンになりやすいものもありますが、エンドウ豆に関しては低アレルゲンで、かつ豊富なたんぱく質を含んでいるので、安全性を下げたり損ねたりする心配はいらないでしょう。

逆に言うと、これまで豆類、特にエンドウ豆にアレルギー反応を起こしたことがある猫ちゃんには適していないので、これらの原材料を使っていないキャットフードを使用することをおすすめします(`・ω・´)

アディクション キャットフードのコスパは良い?

アディクション キャットフードのコスパはやや高めです。

例えばアディクション キャットフード1.8㎏の価格は4,536円(税込み/アマゾン価格)なのですが、これを大まかに計算すると1日あたりのコストが181円、1カ月あたりのコストが5,460円となります。

このコスパは、他のキャットフードと比較するとやや高めと言えます。

ただ健康やアレルゲンに気遣った原材料の構成であることを考えると、個人的には妥当な額なのかなというところです。

 

とは言え決してコスパが良いキャットフードとは言えないため、コスパ◎のキャットフードを探している方は別の商品もチェックしたほうがいいかもしれません。

アディクション キャットフードでフンの臭いが改善される?

アディクション キャットフードには高品質な魚(ドライサーモン)が主原料として使われており、かつグレインフリーでもあるため、フンの臭い改善には高い期待が持てると思って良いと思います。

 

食物繊維を豊富に含む野菜類や、腸内環境を整える効果を持つ乳酸菌などの使用が若干少なめですが、上記の特徴や添加物不使用である点を考えると、フンの臭い改善にはそれなりに高い効果を発揮してくれるはずです。

アレルギー対策としても、そしてフンの臭い改善をしたい猫ちゃん・飼い主にとっても良いドッグフードと言えるでしょう^^

アディクション キャットフードの食い付きはどうなの?

アディクション キャットフードの食いつきの良さは、種類によって差が出るかと思います。

サーモンのほうは猫ちゃんの大好物の魚を使っているため、どの猫ちゃんも好んで食べてくれると思いますが、ビバ・ラ・ベニソン キャットのほうは鹿肉を主原料としているため、他の肉や魚類を主原料としたキャットフードからこれに変えた場合は最初のほうは食いつきが悪いかもしれません

またグレインフリーであるため、添加物を使っているキャットフードから鞍替えした場合においても、最初のほうは食いつきが悪くなる可能性があります。

 

ただ口コミを見る限り「食いつきが悪く……」といった内容のものはほとんど見られないので、そこまで強い懸念は持たなくて良いと思います。

アディクション キャットフードはこんな猫ちゃんにおすすめ!

猫_しゃがみ

アディクション キャットフードの魅力的な特徴を過剰書きにしてまとめてみました。

  • 健康やアレルゲンに配慮している
  • 添加物を一切使っていない
  • 主原料に高品質の肉や魚を使っている

アディクション キャットフードはややコストの高いキャットフードなので、「愛猫の健康のためならコスパのことは気にしない!」という方に適しています^^

上記の項目に1つでも当てはまるという方は、購入を検討してみてくださいね。

アディクション キャットフードをおすすめできない猫ちゃんの特徴

アディクション キャットフードの特徴の中から、飼い主にとってはちょっと気になるかもしれない……と言えるものを並べてみました。

  • 粒が小さい
  • 無添加なので食いつきが悪い可能性がある

最初のほうに挙げていますが、アディクション キャットフードの粒はかなり小さめです。サイズの大きな猫ちゃんは食べにくくするかもしれません。

逆に、今あげているキャットフードが大粒で、猫ちゃんが食べづらそうにしているのであれば、アディクション キャットフードを試してみるのも良いかもしれません^^

アディクション キャットフードの口コミ評判

アディクション キャットフードの口コミ評判を調べてみました。

実際に購入した方は、どのような感想を持ったのでしょうか。

TwitterやインスタグラムなどのSNSを中心にアディクション キャットフードの口コミ評判を調べてみたのですが、悪い口コミは特に見当たりませんでした

良い口コミがすごく多かった……というわけではありませんが、このキャットフードについての口コミは上で紹介した投稿文のようにそのほとんどが良い内容のものでした

 

2つめの口コミにありますが、やはり猫ちゃんの健康を強く意識している方はアディクション キャットフードが健康面に配慮したキャットフードだということを分かっているようですね^^

キャットフードの判断材料として口コミ評判を利用する方にとっても、かなり評価の高い部類の商品あたると思います。

アディクション キャットフードの価格!最安値は公式・Amazon・楽天市場?

スマホ_悩み中

アディクション キャットフードをお得に購入できるのはどこか、公式サイト・Amazon・楽天市場の3サイトで調べてみました。

公式サイト Amazon 楽天市場
Amazon_キャプチャ キャプチャ_楽天
初回価格
定期価格
通常価格

450g 1,674円

1.8㎏ 4,536円

450g 1,674円

1.8㎏ 4,536円

送料

 

2,000円以上無料

店舗により異なる

アディクション キャットフードは公式サイトでは販売されていませんでした。

Amazonと楽天市場の両サイトでは同価格で販売していました。
ただ送料やポイントの付与などに違いがあるため、自分に都合の良いところを利用するなどの工夫をすると良いでしょう^^

アディクション キャットフード全種類の特徴

アディクション キャットフードには、「Dry Food Cat Menu」と「Canned Food Cat Menu」の2種類があります。

各種類の製品の名称や特徴を簡単にまとめてみました。

Dry Food Cat Menu

粒状のドライフード2製品です。

この記事で中心的に紹介している「サーモンブルー キャット」もこの中の1つです。

商品名 特徴
サーモンブルー キャット(サーモン) コレステロール低下炎症予防に効果的な太平洋のサーモンや抗酸化作用や泌尿器系ケアに良いクランベリーを含んでいます。
チキンや牛肉をアレルギーとしている猫ちゃんにおすすめです。
ビバ・ラ・ベニソン キャット(鹿肉) 高品質な鹿肉を主原料としています。
鹿肉は他の肉類よりコレステロールや脂肪分が低いため、体重過多の予防や対策に適しています。

サーモンブルー キャットは主原料にサーモンをビバ・ラ・ベニソン キャットのほうは鹿肉を使用していますね^^

どちらもアレルギー対策には適しているので、原材料としての効果や猫ちゃんの好みを考慮して選んでも良いと思います。

Canned Food Cat Menu

缶詰タイプのウェットフードです。

主原料の異なる4つの種類があります。

商品名 特徴
キャット ウナギ&シーウィード(海藻)缶詰 ウナギを主原料としている、珍しいタイプのウェットフードです。
ウナギはオメガ3脂肪酸やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるため、コレステロールの低下炎症予防に期待が持てます。
キャット キングサーモン&ポテト缶詰 キングサーモンを主原料としているウェットフードです。
ウェットフード4製品の中では最も低カロリーです。
キャット ニュージーランドブラッシュテイル&ベジタブル 缶詰 ブラッシュテイルはカンガルーと同じ有袋類で、その肉は低コレステロール、オメガ3脂肪酸が豊富と栄養価の高い内容となっています。
また主原料ではありませんが、鹿肉も使われています。
キャット ニュージーランドベニソン&アップル 缶詰 文字通り鹿肉とリンゴを主原料としているウェットフードです。
リンゴには健康体の維持に効果的なポリフェノールをはじめ、身体の調子を整えるペクチン、痛風の予防や症状の改善に良いクエン酸などの良い成分をいくつも含んでいます。

ウェットフードは水分含有量が多く、またドライタイプよりも魚やお肉の香りが強いので、普段水をあまり飲まない猫ちゃんやドライタイプのキャットフードへの食いつきが悪い猫ちゃんにおすすめです。

種類が豊富なのも特徴の1つですね^^

 

ウェットフードのほうもドライフード同様、アレルギー対策の取られたキャットフードに作られています。また、無添加である点や最高品質の食材が使われているという点も共通しています。

アディクション キャットフードそのものに興味のある方は、どちらも試していいと思います^^

口コミ評判でよく見るアディクション キャットフードのQ&A

アディクション キャットフードに関しての質問をまとめました。

尿路結石の予防にいいとききました。療法食ですか?
アディクション キャットフードは療法食ではありません。
総合栄養食です。
疾患がある場合は、かかりつけの獣医師さんの指示に従ってキャットフードを選んであげましょう。
軟便気味にアディクション キャットフードを与えても大丈夫でしょうか?
アレルギーなども考慮しながら作られていますし消化にも優しいといえるフードです。
猫ちゃんの個体差によって体質に合う合わないはあるとおもうので、まずは与えてみて、様子を見てみるといいと思います。

アディクション キャットフードの基本情報

アディクション キャットフードの内容量、価格、原産国などの基本情報を簡単にまとめてみました。

キャットフードとしての基本情報をサクッと知りたい方はぜひ参考にしてくださいね。

 

アディクション キャットフード サーモンブルー キャットの基本情報

キャットフードの種類 ドライフード
対応猫種 全年齢対応
内容量 450g、1.8㎏、9㎏
初回価格 -
定期価格 -
通常価格 450g 1,674円

1.8㎏ 4,536円

Amazon・楽天市場参考

原産国 ニュージーランド
保存方法 直射日光を避け、涼しく乾燥した場所で保管してください。
また、開封後はなるべく早めに使用してください。
販売会社 Y.K.エンタープライズ株式会社
公式サイト http://www.ykenterprise.co.jp/index.html

アディクション キャットフード まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
アディクション キャットフードの特徴や魅力が伝わったでしょうか^^

アディクション キャットフード ポイントまとめ
◎アレルギーや病気の予防改善に最大限配慮した原材料構成
◎無添加&グレインフリー
◎コストはやや高め

アディクション キャットフードの最大の特徴は、やはり猫ちゃんがアレルギーや病気にならないよう配慮している、というところです。アレルゲンとなる原材料を極力使わないようにし、最高品質の主原料の使用、そして無添加&グレインフリーと、猫ちゃんの健康のことを考えた内容になっています。

コストこそやや高めですが、猫ちゃんの健康面やアレルギーの対策を第一に考えている方にとっては安心のおけるキャットフードだと思います^^

 

もちろん、この記事で紹介したアディクション キャットフード以外にも猫ちゃんの健康やアレルギー対策に力を入れているキャットフードはあります。

特徴やコスト面などから、あなたや猫ちゃんにとって一番のキャットフードを選んでくださいね☆彡

おすすめの記事